読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

FUJIWARAフジモンの優しさ

今回は、2008年に放送されたナインティナインのオールナイトニッポンから、岡村隆史のフリートークをご紹介させて下さい。
トーク内容は、休みの日に笑福亭鶴瓶のライブを見て、その後、吉本の芸人仲間と一緒に食事に行ったという、特に変わった出来事があったわけではありません。でもこの時のトークを今でも覚えているのは、完全プライベートで岡村隆史と内村光良が遭遇したり、FUJIWARAフジモンの優しさに触れて感動したりしたからでした。

FUJIWARA [DVD]

FUJIWARA [DVD]

鶴瓶噺の楽屋で岡村隆史と内村光良が遭遇

2008年4月放送の「ナイナイのANN」。

オープニングトークにて。

岡村「こないだ日曜日に、え〜、鶴瓶さんの『鶴瓶噺』を」
矢部「はいはいはい」
岡村「見に行って、で、神田Dと、元神田ディレクターと一緒に見に行ってきたんですけども」
矢部「あっ、そうか、神田さんアレ入ってたね」
岡村「そうなんですよ、ほんで見に行って、まぁ〜、面白かったな〜、2時間ひとりでしゃべって」
矢部「うん」
岡村「で、いつも楽屋に行くねんけど、でまあ、一応もう大人やから、差し入れも持ってかなアカンと思って、行く前に『差し入れ買ってかなアカンから〜』って言うたら、『あの、差し入れ買うの?』って言うて、メールが来て、神田Dから」
矢部「うっふっふっ」
岡村「『いやいや、なんか持っていかへんの?』って言うたら、『僕は持って行かなくていいと思う』っていうメールが来て」
矢部「ほぉ」
岡村「なんちゅう大人やな〜、思って」
矢部「ふふふっ」
岡村「しゃあないから自分、シャンパン買って持っていたんですけど」

ニッポン放送を辞めて、フジテレビに移った神田D。ナイナイANNのディレクターを辞めてしばらく経つのですが、相変わらずのイジられキャラ。

岡村「で、見て、終わって楽屋に挨拶に行ったら、笑瓶さん居てはって、で〜、もう着替えてはったんけど」
矢部「うん」
岡村「『おぉ、どうやった?』言うて、いつもあの、なんちゅうの?ちょっと大先輩やねんけど、僕軽くダメ出しすんねん、『あそこ噛んでましたね〜』とか言うて」
矢部「あ〜」
岡村「言うと、なんか『お前、なんで今人が気持ち良くライブ終わってんのに、お前なんでそんなこと言うねん!』」
矢部「へっへっへっへっ」
岡村「っていう、ちょっとミニコントがあんねんけど、で、俺言おうと思ってたら」
矢部「うん」
岡村「内村さんとかが、『お疲れした〜』って来はって」
矢部「なるほど」
岡村「で、芸能人がいっぱい来たから、もう萎縮して何も言われへんかって、『もう帰りますわ』言うて」
矢部「はっはっはっはっ」
岡村「何も言わんと、ふふっ、帰ってきたんですけど」
矢部「コント出来ず」
岡村「コント出来ず、言いたいことはもう考えて、これ言おう思っててんけど、それも言えず、ほんで〜、まあまあしゃあないな〜思って」

ウッチャンと岡村さん、どちらも自ら進んで声を掛ける姿がどうにも想像できません。^^;

フットワークの軽い小島よしお

岡村「で、その後、今田さんとフジモンとかと一緒にご飯食べに行って、吉本の若手の子も居たんですけど」
矢部「うん」
岡村「なぜか小島よしおもそこにおって」
矢部「ふっふっふっふっ」
岡村「吉本の中にひとりだけ、サンミュージックが入ってたんですけども」
矢部「フットワーク軽いからね、小島よしおは」
岡村「フットワーク軽いから、うん、ただやっぱりその〜、吉本のノリにやっぱなかなかついて行けないみたいで」
矢部「はっはっはっはっ」
岡村「結構黙ってこう、静かに飲んでたんですけど」
矢部「う〜ん」

小島よしおがブレイクしたのが2007年。なので、まだまだ出てきたばかりの芸人という位置付けだったのでしょうか。

中目黒で南海キャンディーズしずちゃんと遭遇

岡村「でまあ、ご飯食べて、その後『もう1件行こうか〜』言うて、ちょっとバー、中目黒やってん、中目黒でご飯食べてて」
矢部「はい」
岡村「で、『中目黒のバー、ちょっと行こうか』って、ふわ〜と歩いてたんですよ」
矢部「うん」
岡村「ほんだら〜、もう閉店間際のブックオフですよ、中目黒の」
矢部「ほぉほぉ」
岡村「ふわ!っとなんか、ものすごいデカイ、ハンチング帽かぶった女の人が出てきたんですよ」
矢部「うん」
岡村「よ〜く顔見たら、ハンチング帽深めにかぶって、ふわ〜と出てきたんですよ、明らかにデカイ!」
矢部「う〜ん」
岡村「誰かが『しずちゃんちゃうか?』って」
矢部「へっへっへっへっ」
岡村「南海キャンディーズの」
矢部「かなりおっきいね」
岡村「デカイねや〜、ほんで『ええ!』言うて、1回戻って顔確認しに行ったら、ホンマにしずちゃんやってん」
矢部「はっはっはっはっ、ひとりで」
岡村「もう閉店ギリギリ、しずちゃんがもう最後のお客さんで、もう閉まるときやって」
矢部「ほぉ〜」

しずちゃんは変装しても、体の大きさですぐにバレちゃうんでしょうね。で、芸能人で食事の話になったら大体、中目黒。

岡村「『何してんの〜?』言うたら、『いや、ちょっと今友達と・・・、あの〜、DVD買ってたんです』言うて」
矢部「うん」
岡村「『あ〜、そう〜』言うて、しずちゃんビックリしてもう、芸人さんいっぱいおるから」
矢部「いっぱいやから、うん」
岡村「うわ〜ってなってて、で、なんやろな?なんかオモロかったからちょっと、みんなで写メ出して、しずちゃん、ブックオフから出てきたしずちゃんを写メで撮っててんけど」
矢部「ふっふっふっふっ」
岡村「で、『何買ったん?』言うたら、『いや、もう恥ずかしいからいいです〜』って言うから、でも『なんのCD買ったん?』って」
矢部「うん」
岡村「『DVD買ったんです』って言うから、『なんのDVDやねんな〜、ちょっと見せて〜』って見たら」
矢部「うん」
岡村「『あしたのジョー』全巻と、『ミリオンダラー・ベイビー』やってん」
(矢部と作家小西さん爆笑)
岡村「ボクシングの、どっちもボクシングで」
矢部「くっふっふっふっ」
岡村「『しずちゃん、これ、どこに向かってんの』言うて、女の子ですよ、女の子がどっちも『あしたのジョー』全巻と『ミリオンダラー・ベイビー』ですよ、どっちもボクシング」
矢部「な、なんやろな〜、なんかあったんかな〜、ふふっ」
岡村「なんかあったんちゃうかな〜、モヤモヤしてんちゃうかな〜」
矢部「きゃっはっはっはっ」
岡村「近々、山ちゃんどつかれんで」
矢部「はっはっはっはっ」

しずちゃんのこの謎のチョイスは、その後のリスナーからのメールで理由が明らかになります。

岡村「なんか多分、しずちゃんも溜まってんねやと思う、もうほんでパッと顔見たら、かわいそうやけどブツブツいっぱい出来てたもん」
矢部「へっへっへっへっ」
岡村「多分ストレスやと思う、しずちゃん」
矢部「バランスね、ホルモンバランス」
岡村「ホルモンバランスがちょっとおかしなって、出んねんと思うねんな」
矢部「ほんでボクシングやからな〜」

バーに入店したお笑い芸人御一行様。

あしたのジョー 全12巻セット (講談社漫画文庫)

あしたのジョー 全12巻セット (講談社漫画文庫)

FUJIWARA藤本敏史という人間

岡村「そやねん、ほんで、でも偉いねんけどこう、『写メ撮らせて下さい〜』ってちょっとボケて、『あっ、こっちもちょっといただけますか〜』言うて、写メとか撮っててんけど」
矢部「うん」
岡村「それを後でみんなで見ててんけど、フジモンが」
矢部「うん」
岡村「『しずちゃん、かわいそうやったわ〜、顔・・・、あのすごいなんかボコッと、できもん出来てて』って言うて」
矢部「う〜ん」
岡村「で〜、帽子取ってん、しずちゃんが、なんか失礼やと思って」
矢部「なるほど」
岡村「先輩ばっかりやから」
矢部「そやな」
岡村「『写メ撮らせて』って言うたら帽子取ってんけど、なんかフジモンが・・・、フジモンそういうとこ紳士や、優しいねん」
矢部「うんうん」
岡村「顔にブツブツ出来てるから、『かぶっとき』って言うて」
矢部「お〜」
岡村「フジモンがあの、帽子取ってんねんけど、フジモンがこう優しさで帽子かぶせてん」
矢部「お〜」
岡村「それを後からフジモンが言うてて、『顔にな〜、できもん出来てたからな〜、俺』」
矢部「ふっふっふっふっ」
岡村「『帽子取って写真撮って偉いな〜と思っててんけど、かわいそうやったから、そんな写真みんなで撮ってんの、だから帽子かぶりぃ!って言ってあげてん』って言って」
矢部「うん」
岡村「『うわっ、フジモン優しいな〜』言って、俺らそんなん関係なしでバンバン写真撮ってたから〜」
矢部「まあ、女の子やからな〜」
岡村「やっぱ女の子やから、その〜なんか『できもん出来てんのとか、見せたくないんちゃうか』って言うて、フジモンが後で言うててんけど」
矢部「う〜ん、まあそりゃそうやろうな」

トーク後のCM明け、リスナーからメールが届きます。しずちゃんは、今度NHKでボクシングのドラマをやるといった内容。それ故、あのチョイスだったことが判明。

岡村「そうなんや〜、てっきりなんかもう・・・、ストレスやと思ってたら」
矢部「へっへっへっ」
岡村「ドラマやってんな〜」
矢部「ちゃんと仕事で」
岡村「すごいな〜、ちゃんと」
矢部「う〜ん」
岡村「でも〜、アレやな、すごいな〜、お笑いでありながらこうやって女優の道も、しずちゃん」
矢部「そうやね」
岡村「な〜」

私の中での勝手な定義に従えば、フジモンは正真正銘のなんの疑いも無いイケメンだな〜と。
この話が頭にあったので、木下優樹菜さんと交際発覚、そして結婚、というニュースを聞いても驚きは無く(岡村さんの「えー理論」を持ち出してくることも無く)、「良い人つかまえたね、ユッキーナ!」的な感想を自然と持ったのです。
なもんで、こんなことを言ってはアレですが、もし離婚なんてことになったら、ねるとん紅鯨団で岡村さんが益子直美さんにフラれたときの名言「なんでやー!」と、私も叫んでしまうことでしょう。^^;

ミリオンダラー・ベイビー [DVD]

ミリオンダラー・ベイビー [DVD]