読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

「笑う犬の冒険」新レギュラーにビビる大木を指名したウッチャン

ウッチャンナンチャン 有吉弘行 ロンドンハーツ よんぱち 内村さまぁ〜ず

こないだのロンドンハーツを見て、「売れる芸人と売れない芸人の違いはナンだ!?」と、あれこれ考え込んでしまいました。

フルーツポンチ村上の野心

2011年7月12日放送の「ロンドンハーツ」。

企画は「勝手にノミネート!マジメ芸人GP」。芸人のプライベート姿を隠し撮りし、普段はどれだけマジメなのかを赤裸々に暴く、というロンハーらしいドッキリ企画。
飲みの席でマジメに野心を語るフルーツポンチ村上の姿が、特に印象に残りました。仕掛け人は、ジャングルポケット太田とジューシーズ松橋。

松橋「村健のさ、ビジョンってあるの?」
村上「元々はありましたよ」
松橋「最終的にはでもさあ、フルポンで冠(番組)持ちたいとか思う?」
村上「そりゃ持ちたいでしょ、それの野心なくしたらさあ、そこ目指してないヤツが、他の所で頑張れる?って思っちゃう
(以下スタジオの反応)
ザキヤマ「(意外に感じたのか)あら、ちょっと・・・」
スザンヌ「格好いい」
ロンブー淳「(関心するように)へぇ〜」
(VTRの自分の姿に苦笑いする村上)

今もテレビで活躍している理由は、この熱い気持ちがあるからこそなのかもしれません。しかし、ポン村上さん格好よかった。^^;

人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~

人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~


ポン村上さんの野心に触れたことで、売れる芸人は常に向上心を持っている、と吉田正樹さんが話していたことを思い出しました。ちなみに、吉田さんは「夢で逢えたら」、「殿様のフェロモン」、「笑う犬」など数々のヒット番組を生み出してきた元フジテレビプロデューサーさん。ウッチャンナンチャンとの縁も深い方です。

売れる芸人は常に向上心を持っている

2010年8月6日放送のTOKYO FM「よんぱち 48hours」。

ゲストに吉田正樹。パーソナリティは鈴木おさむ、柴田幸子。中盤あたりで、売れる芸人と売れない芸人の違いについて尋ねる鈴木おさむさん。

鈴木「売れる芸人と、売れない芸人というか、なんて言うのかな?吉田さんって今まで、いろんな芸人さんをピックアップしてきてるわけじゃないですか」
吉田「え〜と、鈴木おさむさんに構成を頼む芸人は売れます」
鈴木「はっはっはっはっ、よく言いますよ〜」
柴田「ふっふっふっふっ」
吉田「それはね、やっぱ自分が向上したいと思ってる芸人さんね」
鈴木「へぇ〜」
柴田「はぁ〜」
吉田「僕はこれでいいんだって、自分を今の段階で肯定している人はそれ以上売れないです」
鈴木「うん、うん」

まさにフルーツポンチ村上さんが熱く語っていたことと、ぴったり一致するんじゃないでしょうか。売れる芸人の条件がさらに続きます。

努力したからって売れるわけではない

吉田「あとはやっぱ、これはもうかわいそうだけど、オーラとか、持って生まれた輝き
鈴木「う〜ん」
吉田「あの〜、やっぱり、努力をしてというモノでもないんですよ、売れる売れないはね」
鈴木「うん」
吉田「上手いって人と売れてる人って違うじゃない?なんかその、そういう魅力的なものを感じる・・・、だから売れる人はなんらかの方法で、例えばこういう鈴木おさむさんみたいなヒットメーカーに出会うわけ、それも運だと思うんですね、だから運を大事にしたほうがいいよ」
鈴木「そうですね」

芸人さんが苦悩するのはここではないかと。いくら努力をしても手に入れられないモノがある。努力の量に比例して売れていくわけではない。さらに運が大事。
しかし、売れる芸人はその運を引き寄せることが出来る、と吉田さんは言います。

チャンスは準備が出来ている人のところにやってくる

吉田「だから僕、よく聞かれるのね、パスツールだったかな?チャンスはね、準備がちゃんと出来ている人のところにやってくる
鈴木「(唸るように)はぁ〜」
柴田「はい」
吉田「みんなチャンスがあるんだよね」
柴田「ええ」
吉田「同じものを見てても、これが良い出会いだってことをみんな見過ごすんです」
鈴木「うん」
吉田「だけど準備が出来てて、『ああ、アレが欲しいな』と思っている人は『あっ、来た!』、今日鈴木おさむさんと会った、『ごめん、ちょっとなんかコレやりましょうよ』って、新しい仕事に繋がるわけ」
柴田「(深く感心しながら)はぁ〜」
吉田「会ってても、『ちわっす!』って去っていく芸人さんいっぱい居るでしょ?」
鈴木「いっぱい居ますね」
柴田「はぁ〜、見過ごさないだけのちゃんと準備が」
吉田「それはちゃんと準備してないと分からない、『あっ、俺にとってのチャンスだな』って」

ここでちょっと脱線。

1つ1つの仕事を大切にする

有吉弘行さんがアメトーークの活躍で2度目のブレイク後、

内村さまぁ〜ず(第42回MCへの道トークパラダイス)に出演。

そこで「僕が今やるべき事は?」という質問をぶつけたときに、ウッチャンはこうアドバイスしました。

内村「あの、有吉さんは今、キテると思いますから、1個1個大事にしていくんです、仕留めていきましょう」
有吉「1個1個」
内村「1個1個の仕事を仕留めていく」
有吉「(これまでの自分のMCっぷりを振り返り)今日のようなことがないように」
(内村笑)
内村「仕留めていくことです、確実に」
有吉「(真剣な顔で)分かりました・・・」

ちゃんと準備をして、確実に目の前の仕事を仕留めていく。それを積み重ねていくことで、出川哲朗の座右の銘「人は一生懸命頑張ってれば、必ず誰かが見ててくれる」のように、大きなチャンスが訪れるし、それを見逃すことも無い。お笑い道にショートカット無しですね。

内村さまぁ~ず vol.13 [DVD]

内村さまぁ~ず vol.13 [DVD]


話はふたたび「よんぱち」へ。

ビビる大木は売れない頃からオーラがあった

数多くのお笑い芸人を見てきた吉田正樹さんに、売れてない頃からオーラがあったのは誰かを尋ねる鈴木おさむさん。

鈴木「あの、吉田さんって、ずっと若手時代からいろんな芸人さんを見てるじゃないですか、もちろん売れない頃からも」
吉田「うん」
鈴木「でも売れない頃から見てきた芸人さんで、さっきオーラって言いましたけど、確かにオーラある人って昔からあったりするじゃないですか」
吉田「うん」
鈴木「雰囲気」
吉田「可愛さね」
鈴木「可愛さ、それって誰ですか?売れない頃からコイツ、オーラあったなっていう」
吉田「だからね、このあと来るけど(ビビる)大木くんって、なんか知らないけど、全然テレビ出てないよ」
鈴木「はい」
吉田「ウチに飯食いに来て、『こんばんみ!』とか言ってるわけ、『あざ〜っす!』っていうのもアイツが本当に」
鈴木「ああ、一番最初にね」
吉田「本当はね、のちに別の人で有名になっちゃったけど、ふふっ」
鈴木「ふっふっふっ、はい」
吉田「ただ、あのグループの中で『あざ〜っす!』ってアイツが最初に言った、で、それはね、芸人という存在が好きで好きでたまらない」
鈴木「うん」
吉田「ウッチャンもそのことが好きで、あの〜、ちょっと本にも書きましたけど」
鈴木「ええ」
吉田「『笑う犬の冒険』になったときに、ナンチャンと誰入れるか?ってなったときに、(ウッチャン)『大木を入れてあげたい』と」
鈴木「うん」
吉田「なぜかと言うと、芸人っていう風になりたかった、売れたいんじゃないんです、芸人が好きなんですね、そういう可愛らしさがありましたね」

ビビる大木さんの話を聞いて、あとひとつ、売れるために絶対に必要な条件とは「お笑いが好きだ!」という気持ちでしょう。当たり前だけど。^^;

天才ではない君たちは「ひらめき」に頼るな、「論理」を手に進め。

天才ではない君たちは「ひらめき」に頼るな、「論理」を手に進め。