読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

2月が28日までしかない理由

ウッチャンナンチャン お笑い以外

フジテレビで深夜放送していたウッチャン司会の「理由ある太郎」をなんとなく見返していました。
ある疑問に対する理由を知りたければ、パネラーは1000円払う。そうすれば説明VTRを見ることができる。支払われたお金はプレゼンターのギャラに加算されるので、パネラーが知りたいと思うようプレゼンターは頑張ってプレゼンする。そんな企画の番組でした。パネラーは5人で全員を説得したとしても5000円です。あとからオンエアを見れば理由を説明したVTRを視聴できます。故にその決まりのユルユル感は否めませんでしたが、あくまでおまけ。メインは疑問の内容とそれに対する理由にありました。

一度観ているはずなのに、ほとんど忘れていることに気付きます。人間は忘れる生き物だと再認識。聞けば「ああ、そうだった!」と記憶が蘇ってきます。今回は、私が一番感心してしまった理由を紹介させて下さい。それは「2月が28日までしかない理由」です。

暦と時間の歴史 (サイエンス・パレット)

暦と時間の歴史 (サイエンス・パレット)

古代ローマの暦に由来

2008年5月2日放送の「理由ある太郎」。

プレゼンターは村上三奈さん。大阪でブレイクしているアイドルと紹介されてました。
村上さんが必死にプレゼンをしなくてもパネラー全員が「知りたい」を選択。するとスタジオが暗くなり、セット脇からノグチくん(中身はアップダウンの竹森?)が登場して、踊りながらのおひねりタイムに突入。そんな余興も済んだ所で、いよいよ理由のVTRへ。

2月が28日までしかない理由は、古代ローマ時代の暦(こよみ)の中で、1年の最後が2月だった事に由来します。

と先生は言います。

1年の暦の始まりは農作業が始まる3月

その後、番組でお馴染みのおばあちゃんによる理由語りへ。

現代の暦の元になっているのは古代ローマの英雄、ジュリアス・シーザーが作った「ユリウス暦」と呼ばれる暦なんじゃ。
もともと古代ローマでは、1年の暦の始まりは農作業が始まる頃、つまり、現在の3月から始まっていたのじゃが、ユリウス暦になった際、1年365日を12ヶ月に割り振るとき、全て31日では多すぎる。

3月 4月 5月 6月 7月 8月
31 31 31 31 31 31
9月 10月 11月 12月 1月 2月
31 31 31 31 31 31

365日 < 372日(31×12)

かと言って、全て30日では少なすぎる。

3月 4月 5月 6月 7月 8月
30 30 30 30 30 30
9月 10月 11月 12月 1月 2月
30 30 30 30 30 30

365日 > 360日(30×12)

奇数月を31日、偶数月を30日、余った29日を2月に

ので、奇数の月は31日、偶数の月は30日と交互に並べていき、古代ローマの古い慣習で、最後の月とされていた2月に余った29日が割り当てられたんじゃ。

3月 4月 5月 6月 7月 8月
31 30 31 30 31 30
9月 10月 11月 12月 1月 2月
31 30 31 30 31 29

「え〜!そういうこと」とワイプで驚きの表情を見せるブラマヨ小杉。これで万事OKとはならず、2月が29日から1日減って、28日になる理由がこれから語られていきます。

皇帝の威厳が暦に影響を与える

その後、ローマの政治家が月の名前を正式に決めたとき、
7月は、ジュリアス・シーザー(Julius Caesar)にちなんで、ジュライ(July)
8月は、初代皇帝アウグストゥス(Augustus)にちなんで、オウガスト(August)
と名付けられたんじゃが、このとき同じ偉大な人物なのに、アウグストゥスの月がシーザーの月より短いのは問題じゃ。

7月 8月
31 30
1月 2月
31 29

8月が31日になったことによる影響

ということになり、8月を1日増やすため、2月は29日からさらに1日減らされて、28日になってしまったのじゃと。

3月 4月 5月 6月 7月 8月
31 30 31 30 31 31(+1)
9月 10月 11月 12月 1月 2月
31 30 31 30 31 28(−1)

ちなみに、8月が31日になったことに伴い、9月〜12月までも30日と31日が逆になってしまったんじゃと。

3月 4月 5月 6月 7月 8月
31 30 31 30 31 31
9月 10月 11月 12月 1月 2月
30 31 30 31 31 28

「深いね、深いね」と感心するパネラーのおぎやはぎ。

2月が28日までしかない理由の結論

というわけで、「2月が28日までしかない理由」は、
古代ローマ時代、1年の最後の月が2月だった事と、8月の日数が少ないと皇帝の威厳に係わるのではないか
と考えたからだそうなんじゃ。

VTRが終わると、スタジオから拍手が起こります。
「これはいい」と絶賛するおぎやはぎ。「1000円じゃ安い」と言うウッチャンに対して「安い、安い」と頷く西川史子さん。そして、うるう年による調整も1年の終わりが2月なので、そこで日数が調整されると補足する村上三奈さん。さらに「太陰暦だと13ヶ月で収まるようになってるんですけども」と付け加える鈴木史朗さんを、「こっちの人はそんなに喋らなくてもいいんですよ」と断ち切る西川さん。バラエティ慣れしています。
最後の9月〜12月が逆になった事がちょっとピンと来ないんですが、試験勉強で言えば「これはこういうもんだと思ってとにかく覚えろ」的なところなんでしょうかね。^^;

「理由ある太郎」は半年間の放送で幕を閉じました。この番組でブラックマヨネーズとウッチャンの絡みが見れました。後期はロケに飛び出して、ザブングルとの距離がグンッと近づいたのを感じました。最終回のラストも妙に凝ってました。期間は短かったですけど印象深い番組です。