読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

近藤芳正は東京サンシャインボーイズ出身ではなく、元ダチョウ倶楽部のメンバー

「バンダラコンチャ」の舞台「HUG!〜ステレオサウンズ」が、2012年5月26日から6月2日までの間、東京の紀伊国屋ホールで公演が行われます。
「バンダラコンチャ」とは、俳優の近藤芳正(こんどうよしまさ)が立ち上げた演劇ソロユニットのことで、3回目(サードアルバム公演)となる今回の舞台には、ウッチャンナンチャンの南原清隆も出演します。

ハゲレット ~Hagelet~ [DVD]

ハゲレット ~Hagelet~ [DVD]

この公演の約1ヶ月前、TOKYO FM「よんぱち」のゲストに、近藤芳正さんが登場。このとき、近藤さんとナンチャンを結ぶ意外な縁が明らかに・・・

近藤芳正はダチョウ倶楽部の前身であるキムチ倶楽部に在籍していた

2012年4月13日放送のTOKYO FM「よんぱち 48hours」。

パーソナリティは放送作家の鈴木おさむ、柴田幸子。ゲストに近藤芳正。

鈴木「さあ、『TOKYO FMよんぱち』、この時間のゲストは俳優の近藤芳正さんです、よろしくお願いします」
近藤「よろしくお願いします」
柴田「お願いします」
鈴木「え〜、近藤さんと言えば、舞台のプロデュースを手掛けながら役者としてね、テレビ、ドラマにたくさん出られてますけども」
柴田「はい」
鈴木「あの、今日までちょっと勘違いしてたことがありまして、三谷幸喜さんの劇団『東京サンシャインボーイズ』という劇団があったんですけど、その舞台、すごく名作・・・西村雅彦さんと2人でやった『笑の大学(わらいのだいがく)』とかもそうなんですけど」
柴田「はい」
鈴木「すごくたくさん出られてるんで、劇団員、サンシャインボーイズ出身なのだろうと思っていたら、そうではない」
近藤「はっはっはっ、そうではないんです、客演なんです」
鈴木「客演なんですね?」
近藤「はい」
鈴木「客演にしては多いですよね、ふっふっふっ」
柴田「うふっ」
近藤「多いです、後半の3年間は、客演という状態でずっと出てました、劇団員にはなれなかった、ふふっ」
鈴木「はっはっはっはっ」

ここで意外なお笑いコンビの名前が。

鈴木「ウソかホントか分かりませんけども、ダチョウ倶楽部の前身の、キムチ倶楽部・・・」
近藤「そうなんです」
鈴木「あっ」
近藤「ホントなんです」
柴田「あっ、そうなんですか〜」
鈴木「それ、ホントなんですか?キムチ倶楽部に在籍って」
近藤「はい」
鈴木「誰がいたんですか?キムチ倶楽部には」
近藤「あの、昔いらっしゃった南部さん(電撃ネットワークの南部虎弾)とか」
鈴木「南部さん、あとダチョウの3人」
近藤「ダチョウの3人と、あともう2、3人いました、男7、8人ぐらいでクラブでコントしたりとか」
鈴木「へぇ〜!」
近藤「やってましたね〜」
鈴木「まったく芸風が・・・」
近藤「ふっふっふっふっ」

ダチョウ倶楽部は元々4人組で、そこに電撃ネットワークの南部さんが居たのは有名な話で、私も知っていました。まさかその前もあって、近藤さんが在籍していたとは驚きです。

鈴木「たまにお会いしたり、テレビでお会いしたりしたことあります?」
近藤「前になんか・・・僕の関連で出ていただいたことありましたね」
鈴木「はい」
近藤「肥後ちゃんとはかなり、僕あの〜、渡辺正行さんのお芝居でずっとお世話になっていましたので」
鈴木「はいはい」
近藤「それで肥後ちゃんとか一緒によく芝居してましたので、肥後ちゃんは仲良いんですけども、あとの2人はそんなには、ふふっ」
鈴木「はっはっはっはっ」
柴田「うふふふっ」

話題は、近藤さんが一人で立ち上げたユニット「バンダラコンチャ」のことに。

「バンダラコンチャ」ってナンだ!?

鈴木「近藤さん、今度、え〜お芝居たくさんやられてますけど、南原さんと・・・」
近藤「そうなんですよ」
鈴木「やられるということなんですけども」
近藤「はい」
鈴木「近藤さんのソロユニットなんですね」
近藤「そうなんですよ、僕がプロデュースをやってまして、で、『ダンダンブエノ』って昔、あの〜やってまして」
鈴木「はいはい」
近藤「酒井敏也(さかいとしや)さんと山西惇(やまにしあつし)さんの協力を得てやってたんですけど、『バンダラコンチャ』ってのを今度やり始めまして」
鈴木「はい」
近藤「へっへっへっ」
鈴木「『バンダラコンチャ』ってどういう意味ですか?」
近藤「あの〜、『バンダ』っていうのがスペイン語でバンドのことなんですよ、で、『ラコンチャ』が貝殻って意味なんですけど」
鈴木「はい」
近藤「ま、近ちゃん(コンチャン)の愛称と似ているってことで」
鈴木「はい、ふっふっふっ」
近藤「組み合わして、コンチャンバンドってことで」

今回の舞台に、ナンチャンが出演することになった経緯について聞きます。

ナンチャンは「ラ・ママ新人コント大会」のときからの知り合い

鈴木「サードアルバム公演、アルバムと名付けてるんですね」
近藤「そうなんです」
鈴木「なんで南原さんとやることになったんですか?」
近藤「ナンチャンは、昔にその、僕がキムチ倶楽部に居た頃とかに」
鈴木「あ〜!」
近藤「結構、コミュニケーションありまして」
鈴木「あの頃から!」
近藤「はい、なんとなくしゃべったりなんかしてまして、それで、ナンチャンは狂言とか書かれたりしてるんですよね」
鈴木「はいはいはい」
近藤「それであの〜、今回こういう企画をナンチャンと一緒にやりたいんだけれども、と言ったら、『あ、喜んで』ということで」
鈴木「(深く納得するように)う〜ん」
近藤「ナンチャン作、していただいて、僕が演出をするという、はい」
鈴木「へぇ〜」

もうウンナンがデビューした頃からの知り合いなんですね。

鈴木「南原さんと舞台やられるのは初めてですか?」
近藤「初めてです」
鈴木「どんな感じですか?顔合わせ終わって、もうそろそろ稽古が」
近藤「もう、本も書いていただきまして、えっと〜、『あきらめた僕たち』っていうひとつの題名があるんですけど、いくつかのオムニバスの中で」
鈴木「はい」
近藤「50(歳)になるといろいろと、これまであきらめたモノっていろいろと出てくるじゃないですか?」
鈴木「はいはい」
近藤「昔は野球選手になりたかったりとか、ギター弾き始めたんだけど、すぐあきらめたりだとか、陶芸をやろうと思ったんだけど上手くいかなかったりだとか」
鈴木「ええ」
近藤「あきらめたモノが自分の分身としてドンドン出てきて、自分自身を責めていくっていうのがあるんですけど」
鈴木「へぇ〜!」
近藤「ちょっと哲学的な部分もありながら、それがコメディになってて面白いんですよ、ナンチャンすごいな!と思って

この話を受けて、ウンナンが初期の頃に、舞台でしかやらなかったコントについて語り出す鈴木おさむさん。

ウンナンが舞台でしかやらなかった名作コント

鈴木「ウッチャンナンチャンさんのコントって、テレビでやってたコントもありますけど、ライブでやってたコントで、けっこう切なく終わったりするのって、昔あったんですよ
近藤「あ、そうなんですか〜」
鈴木「はい、その昔、けっこう名作だって言われたのがあってですね、ライブだけでやったと思うんですけど、内村さんが婚約をしていて、いきなりその家に(嫁の)お兄さんである南原さんが訪ねてくるんですけど」
近藤「ええ」
鈴木「南原さんがミカン・・・えっと、愛媛?向こうのほうですよね、確か」
近藤「そうですそうです、香川」
鈴木「香川ですよね、でなんか、ミカンのむき方を教えるみたいな、ただただ内村さんにミカンのむき方を、ミカン農家だから教えるみたいな、もうずっとそれで、ノリのコントですよね」
近藤「はい」
鈴木「南原さんの動きが面白いみたいなコント、で、(内村)『お兄さん、よろしくお願いします』みたいなね、結婚するから」
柴田「はい」
鈴木「内村さんのお兄さんになるわけだよね」
柴田「ええ」
鈴木「っていう話なんですけど、最終的にパッと南原さんがいなくなって、(内村の嫁から)電話がかかってくると、『実は今、お兄ちゃんが事故で死んだの』っていう」
柴田「ええ・・・」
鈴木「最後に、その、なんか死ぬ直前に、そこに亡霊として出てきて、なんかメッセージを伝えていった・・・みたいな!」
(近藤と柴田唸る)
鈴木「そこまで大爆笑なのに、そこでシュッと終わるのが、ウンナンさんのなんかそういう・・・」
柴田「へぇ〜」
鈴木「だから、今の聞いて、ちょっとこう南原さんの書くモノって、ドキッとする感じもありますよね?」
近藤「あります、結構ね、いろいろ何回も打ち合わせ重ねたんですけど、もっと笑いがなく哲学的なモノもあったりして」
鈴木「へぇ〜」
近藤「こちらがビックリさせられるぐらいなんですけども」

私はウッチャンナンチャンのファンを長くやっていますが、このコントの話は初耳でした。そう言えば、この前の内村光良一人舞台「東京オリンピック生まれの男」にも、後半にそんな要素が入ってたな〜としみじみ。

舞台「HUG!〜ステレオサウンズ」の地方公演決定

「バンダラコンチャ」のサードアルバム公演「HUG!〜ステレオサウンズ」は、6月2日(土)が最終公演なのです・・・が!地方公演が決定しております!
6月9日に佐賀公演(佐賀市文化会館 中ホール)、6月16日に山口公演(山口情報芸術センター スタジオA)。近くにお住まいの方で興味があるならば、観劇してみてはいかがでしょうか?

僕の「日本人の笑い」再発見 狂言でござる ボケとツッコミには600年の歴史があった

僕の「日本人の笑い」再発見 狂言でござる ボケとツッコミには600年の歴史があった