読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

月亭八方との初絡みで見えたウンナンの強み

ウッチャンナンチャン いろもん

お笑い第3世代がどんぴしゃな私。とりわけウッチャンナンチャンに魅了されたわけですが、その気持ちは2012年でも変わらないでしょう。
よく聞かれるのが、「とんねるず、ダウンタウンじゃなくて、なぜウッチャンナンチャンなの?」
とんねるず、ダウンタウンももちろん大好きですが、ウンナンだけがなぜ特別な存在になったのか?私もよく分からないのです。気が付いたらそうなっていた・・・みたいな。その理由を見つけるために、「ウンナンの強み」について考えたりもするんですが、そうすると「いろもん」での月亭八方さんの言葉が真っ先に浮かんできます。

クイック・ジャパン88

クイック・ジャパン88

  • 作者: ウッチャンナンチャン,出川哲朗,勝俣州和,高須光聖,鈴木おさむ,マツコ・デラックス,ドラえもん,爆笑問題,仲里依紗,長尾謙一郎,西島大介
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2010/02/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 11人 クリック: 115回
  • この商品を含むブログ (36件) を見る

内海桂子・好江に何回かお世話してもらった月亭八方

1997年12月24日放送の「いろもん」。ゲストに月亭八方。

ほとんど笑福亭鶴瓶さんが質問して、月亭八方さんが答えていく展開。
初絡みのためか、八方さんとウンナンの会話のキャッチボールはほぼ無いまま、番組終盤へ。いくらウンナンはゲストの話をちゃんと聞く姿勢とは言え、「もしかしてウンナンのことを八方さんは嫌いなのかも?」と不安になり始めたところで、鶴瓶さんが両者を結んでくれます。

鶴瓶「ウッチャンは、ほとんど(月亭八方と)会うのも初めてやろ?」
内村「ほとんど」
南原「僕はちっちゃいときに見てました」
鶴瓶「そうやろ」
南原「学生時代、ちっちゃいと言っても中学生ぐらい」
鶴瓶「お兄さんはウンナン、よう知ってまんのやろ?よう見てまんの?」
八方「僕はね、彼らの師匠にはね、大阪で何回かお世話になってる」
鶴瓶「あっ、そうそうそう、(内海)桂子・好江師匠ね」
(深くおじぎをする南原が映る)
鶴瓶「まあ繋がりで、師匠ということになって、ほんで僕らも『ウンナンよろしく』とかって言われるもんね

なんて優しいんでしょうか、鶴瓶さんは。

ウンナンには安心感があると語る月亭八方

そして、八方さんからウンナンについての印象を。

八方「だから、やっぱ師匠というのは・・・なんかそういう存在感があって、僕はもちろん彼ら(ウンナン)とは初めてやけども」
鶴瓶「うん」
八方「なんか、あの〜、桂子・好江師匠のお弟子さんやな・・・っていうのが、どっかに安心感がある
鶴瓶「なるほど、なるほど」
八方「これ初めてやけど、彼らが、まあゴッホとミレーやったら」
(スタジオ笑)
内村「なんでですか」
南原「また、えらい例え」
鶴瓶「ゴッホとミレーがなんで、『いろもん』すんねん!」
八方「いやだから」
鶴瓶「例えほかにあるやろ!」
(スタジオ笑)
八方「例えば、ゴッホとミレーやったらもっと緊張するわけやんか」
鶴瓶「ああ、そうか、うん」

ウンナン嫌い疑惑は解消されてスッキリ。師匠という存在の大きさをかみ締める。お笑い第3世代、そしてそれ以降、師匠と弟子という関係を持っている芸人さんは、とても少なくなりました。
日本映画学校の生徒と講師から始まった関係でちょっと異質な部分はありますが、内海桂子・好江とウッチャンナンチャンは、師匠と弟子という関係。それが他の芸人さんにはあまりない「ウンナンの強み」なのかもしれない、と月亭八方さんの言葉によって実感できましたね。

桂子八十歳の腹づつみ

桂子八十歳の腹づつみ