読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

夏になると帰ってくる野沢直子の出演番組で注目してしまうこと

もはや夏の風物詩となっている「野沢直子の出稼ぎ帰国」。

今年も、夏を間近に控えた6月にアメリカから帰ってきた野沢さん。これからバラエティ番組で見かける機会が増えるでしょう。野沢さんがゲストの番組を観るときに、私なりの楽しみ方がひとつあります。それは、ウッチャンの私服のダサさをイジる「伝統芸」がいつ飛び出すか確かめることです。

2011年は「ヒルナンデス!」でした。

2011年「ヒルナンデス!」で内村光良の私服をイジる野沢直子

2011年6月17日放送の「ヒルナンデス!」。

司会は南原清隆。ゲストに野沢直子。会話の参加者として有吉弘行・いとうあさこ。
ナンチャンと野沢さんが揃ったということで、やっぱり「夢で逢えたら」の話になります。「夢で逢えたら」(1988年~1991年)は深夜に放送していたフジテレビのコント番組です。ダウンタウン・ウッチャンナンチャン・清水ミチコ・野沢直子の6人がメンバーでした。
当時、楽屋ではウッチャンの話題でよく盛り上がっていたと言います。

野沢「いっつもなんかね、ナンチャンがいつも『内村の私服、見てみろよ』とか言ってね」
南原「あはははっ」
いとう「どうだったんですか?」
野沢「ウッチャンの私服ヒドかったんだよね」
南原「ヒドいのよ」
有吉「へぇ~」
南原「トレーナー裏返しにして『オシャレだろ?』とか言ってみたりして」
(スタジオ笑)
有吉「もう~」
南原「俺ら、影でブランド殺しって言ってたもん」
野沢「何を着たってローファー履いてんだから
南原「ははははっ」
野沢「で、私がいまだに覚えているのが、すっごい変なチェックのシャツで、うしろにゾウの刺繍が入ってるの
(スタジオ笑)
野沢「まさかのダサさだよね!」

野沢さんは、他にもたくさん思い出を語ってくれました。ナンチャンとの熱愛をスクープされた事件とか(もちろんガセネタ)、今でも番組スタッフで集まって同窓会をしている話とか。でも一番活き活きしていたのは、ウッチャンの私服をイジっているときでした。

野沢「だからこういう公開番組とかやっても、お客さんとかが『見て、ウッチャンのベルト、ダサッ!』
(スタジオ笑)
有吉「内村さん、すごいな~」
野沢「もうヒドかったんだよね~、いっつも楽屋でね、毎回会うたびにね、今日の笑いどころを」
南原「ははははっ、今日のファッションチェック」
いとう「あっ、内村さんの」
野沢「ウッチャンのファッションチェック、もうヒドかったもん~」

ウッチャンに対する印象が「夢で逢えたら」の頃からあまり変わっていないように見える野沢さん。そういった更新されてない部分を持っているからテレビで重宝されているのかもしれません。

2012年は、TOKYO FMのラジオで「伝統芸」が出ました。

ゴールデン☆ベスト 野沢直子

ゴールデン☆ベスト 野沢直子

  • アーティスト: 野沢直子,野沢直子&清水ミチコ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/09/16
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

2012年「よんぱち 48hours」で内村光良の私服をイジる野沢直子

2012年6月29日放送のTOKYO FM「よんぱち 48hours」。

パーソナリティは放送作家の鈴木おさむ。アシスタントは柴田幸子。ゲストに野沢直子。
野沢さんは、この番組に必ずゲスト出演します。日本にいない間に起きた芸能界の出来事を鈴木おさむさんに教わって、テレビ収録で浦島太郎状態にならないようにするためです。

鈴木「野沢さん、あれから一年が経ちますけども、日本で一週間テレビ観てて、スギちゃんという人がよく出てませんか?」
野沢「もうね、ふふっ、スギちゃん出てますね、っていうかコッチにちょっと来る前に、やっぱほらヤフーニュースとかね、見るじゃないですか」
鈴木「あ~、なるほど」
野沢「それで、『あっ、今年はスギちゃんなんだな』と思って、そしたら、えっと2本目ぐらいの収録で、一緒になっちゃったんですよ」
鈴木「スギちゃんと早くも」

スギちゃん以外にもブレイクしている芸能人がいると鈴木おさむさんは言います。

鈴木「ローラは会いました?」
野沢「あっ、もうローラちゃんは去年一緒にやらせてもらって」
鈴木「でも去年よりか今年はもう一個、今、ローラ大ブームですから」
野沢「あの~、そうなんですよね、YouTubeでなんかいろいろ観て」
鈴木「今は本当にどの番組も来て欲しいっていうのが、スギちゃんとローラですから」
野沢「ハッ!その日、両方いましたよ」
柴田「へぇ~」
鈴木「やっぱり」
野沢「両方いましたよ、いきなり」

塩谷瞬さんの騒動にも触れたりして芸能界の流れを追っていくなかに、ウッチャンの名前が。

鈴木「私あの~、去年小説を出したんですけど、それがあのウッチャン」
野沢「はいはい」
鈴木「ウッチャンが監督して、映画化になるんですよ、今度」
野沢「ええ!映画化?」
鈴木「内村さん撮って、クランクアップしましたよ」
野沢「ウッチャンが監督なんですか?」
鈴木「ウッチャンが監督したんですよ、僕の小説で」
野沢「私服がダサいくせに!
(スタジオ笑)
鈴木「それ昔の話でしょ、ふふふっ」
野沢「え~、今どうなんですか?今の私服は!なんにでもローファー合わせて!
鈴木「あはははっ」
野沢「今はオシャレになったんですか?」
鈴木「もう結婚もしてますからね」
野沢「え~、どうだろ?」

そして、去年は「そうだ旅(どっか)に行こう」。ウッチャンが見ているところで野沢さんの「伝統芸」が炸裂しました。

M girl 2014 SS ([テキスト])

M girl 2014 SS ([テキスト])

2013年「そうだ旅(どっか)に行こう」で内村光良の私服をイジる野沢直子

2013年9月17日放送の「そうだ旅(どっか)に行こう」。

司会(旅先案内人)は内村光良。アシスタントは相内優香アナ。レギュラー(旅の見届け人)は土田晃之・大島麻衣。
今回の旅のメンバーは、清水ミチコ・野沢直子・小川菜摘(ダウンタウン浜田雅功の妻)の仲良し3人組。
旅のプランを話し合った結果、大阪に行くことになってタクシーで東京駅に向かいます。その車中での会話。

清水「ちょっと買ってみ?(新幹線の)チケット、1回」
小川「アンタやってみな」
清水「見てるから」
野沢「え~!無理無理」
清水「できるって~」
小川「私はしょっちゅう買ってますもん」
野沢「え~、面倒くさそう~」
小川「なんでさ!みどりの窓口行ったら出てるから、電光掲示板に」

「みどりの窓口」と聞いて、「夢で逢えたら」のコントキャラが降りてくる清水さんと野沢さん。
姉の伊集院みどり(清水)と妹のきみどり(野沢)、みどりの彼氏みつお(内村)の3人が演じる人気コントがあったのです。

清水「行きなさいよ、『きみどり』なんだから」
野沢「わ~、懐かしい!」
小川「懐かしい~、『みどり』と『きみどり』」
清水「ははははっ」
野沢「(カメラ目線で)ねっ、ウッチャンね」
(スタジオの内村笑)
野沢「私服がね・・・」
(たしなめるように野沢のヒザを叩く清水と小川)
野沢「あはははっ!」
(スタジオの内村苦笑)
野沢「(清水に向かって)ヒドかったんだもんね」
清水「ヒドいよね~、背中にゾウの刺繍ってさ
小川「ははははっ」
野沢「何を着ててもローファー履くってさ

「またローファーだよ」と、笑いながらツッコむウッチャン。

野沢「今はどうなんだろうね?」
清水「ああいうのは、治らないんじゃないの?」
野沢「治んないよ、多分・・・」
清水「言い方、ふふっ」
(聞き取れないぐらいの小声で何か会話している3人)
清水「ヒソヒソヒソヒソ、それが傷つくっていうの」
(内村笑)

今年も「伝統芸」が見たいです。できたら本人の目の前で。可能性があるとしたら「内村とザワつく夜」でしょうか。少し前にヒロミさんが登場して、ウッチャンをイジり倒していました。それがとても面白かったので、野沢直子さんにも是非ゲスト出演して欲しいですね。

野沢さんとヒロミさんを見ていて気付きました。ウッチャンがイジられている姿が私は大好きなんだ、と。じゃあ「ウッチャンを一番上手くイジれる人って誰だろう?」と考えてみたのですが、相方のナンチャンしか浮かびませんでした。