読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

YNN

DVDが1万枚売れなければ吉本解雇という負荷を引き受けたグランジ

単独ライブのDVDが半年間で1万枚売れなければ、グランジは吉本から解雇されることが発表されました。 お笑いナタリー - グランジ、半年で1万枚DVD売れなければ吉本解雇に グランジは、五明拓弥(ごめいたくや)・遠山大輔(とおやまだいすけ)・佐藤大(さと…

「三宅裕司のいかすバンド天国」は第2のサザンを探していた?

「やっと逢えたね」。 2月9日深夜3時、辻仁成が中山美穂と出会ったときに囁いたとされる名言で始まった「ダイノジ大谷ノブ彦のオールナイトニッポンR」。私は録音しておいたのを後日聞くつもりでした。 が、翌日ツイッターを見たら、放送の中でこのブログの…

第2のダウンタウンは生まれるのか

よしもと芸人が日替わりで登場するライブ配信番組「よしログ」。このインターネット番組に月1回登場するのが、ダイノジ。 私は「ヨシモト∞」や「よしもとオンライン」の頃からダイノジを追いかけているのですが、この「よしログ」でもダイノジらしさは全開で…

内村光良がポケビを熱唱した夜

ポケビ、ブラビの復活をあきらめることが出来ません! 急に叫んでしまい、ごめんなさい。^^; でも、叫ばずにはいられませんでした。なぜなら「爆笑レッドシアター」を見返してしまったから。風になりたいアーティスト: レッドシアターズ出版社/メーカー: …

ダイノジ大谷を変えたタカ(タカアンドトシ)の言葉

「人との出会い」について考えることがたまにあります。 そのときは必ずダイノジがしていた話を思い出すんです。 人生は勉強より「世渡り力」だ! 2009年1月配信の「ダイノジのよしもとオンライン」。 番組の後半、お互いの社交性について話題が及んだとき、…

売れている人たちは笑われることを引き受けている

8月30日配信のよしもとオンライン、ダイノジの「勝手にバースデイ・パーティ!」スペシャルを見ました。「嵐」のライブに行った後だったためか、今回も「嵐」について熱く語る場面が多く、時間が全然足りない様子でした。本人達も最後に吼えていましたが、ほ…

時代が求める批評型アイドル

昨日のダイノジのよしもとオンラインを見ました。 NON STYLEの代わりに急遽出演でしたが、「音楽裏ノジ」と題して、ジャニーズの嵐がどんなに素晴らしいかを熱く語るダイノジ。そこからPerfumeやSMAP等のJ-POP、さらにはアニメやプロレス、お笑い論にまで発…