お笑い芸人のちょっとヒヒ話

お笑い芸人が出演したバラエティ番組やラジオ番組を書き留めています

音楽プロデューサー蔦谷好位置が渋谷のスクランブル交差点を泣きながら渡った日

最近のお笑い芸人が「売れたきっかけ」としてよく挙げる番組はなんでしょうか?

一番多いのは賞レース系の番組でしょう。その効果に疑問を持たれるようになってきていますが、今でも突出した存在なのは間違いありません。
オードリーやサンドウィッチマンは「M-1グランプリ」。バイきんぐは「キングオブコント」。そして、ウーマンラッシュアワーは去年の「THE MANZAI」優勝をきっかけに、テレビの出演本数が急増しています。

通常のバラエティ番組に限ってみると、その筆頭はやっぱり「アメトーーク」だと思います。

にけつッ!!21 [DVD]

にけつッ!!21 [DVD]

千原ジュニアとタケトと斉藤和義と蔦谷好位置の4人で飲んだ

2012年11月21日放送の「にけつッ!!」。

千原ジュニアとケンドーコバヤシによるフリートーク番組。渋谷のヨシモト∞ホールで収録を行っています。
後輩芸人のBコース・タケトさん(現在は解散してピン芸人)と、自宅で飲んでいたときの話をするジュニアさん。

ジュニア「タケトと飲んでて、ほんでまあ、あの~、連絡が来て」
ケンコバ「うん」
ジュニア「蔦谷好位置(つたやこういち)さんっていう音楽プロデューサーがいるんです、この人ってエレファントカシマシさんとか、Superflyさんとか、数々の方をプロデュースしてる、音楽プロデューサーなんです」
ケンコバ「うん」
ジュニア「連絡があって、『何してるんですか?』みたいな、『今、家で飲んでます』、『え~、行っていいですか?』、『家でよければどうぞ』つって、あの~、『行きます』言うて」
ケンコバ「うん」
ジュニア「たまたま斉藤和義さんと飲んではったらしくて」
ケンコバ「うんうん」
ジュニア「斉藤和義さんと2人で来はった」

なんという豪華な飲み会。
そもそもタケトさんとジュニアさんが一緒に飲んでいたのは、翌日に収録がある「アメトーーク」のためでした。

続きを読む

恩田陸「夜のピクニック」に出てくる歩行祭を実際にやっていたバイきんぐ小峠

今年の「アメトーーク」で一番好きな企画を選べ、と言われたら、私はウォーキング芸人の回を選びます。

普段散歩しているので「アメトーーク」ウォーキング芸人は前のめりで視聴

2013年9月19日放送の「アメトーーク」。ウォーキング芸人。

メンバーは土田晃之、ピース又吉、シャンプーハット小出水、オードリー若林、どきどきキャンプ佐藤、パンクブーブー黒瀬、エリートヤンキー橘、そして、うしろシティ金子。
土田さんのリーダーとしての安定感、若林さんとサトミツの仲良しっぷり、さらに、初登場で結果を残した金子さんなど、この企画が好きな理由はいくつもあります。

「体幹」ウォーキング

「体幹」ウォーキング

ウォーキングを始めたきっかけを語る金子さん。

金子「僕は、やっぱり若手なので、お金がなくて歩き始めたんですよ、きっかけは」
蛍原「電車賃がないから、とか?」
金子「そうです、あの~先輩とかとご飯に行ったら、先輩ってなんでか分かんないんですけど、ちょうど終電がなくなったぐらいのタイミングで、タクシーで帰ったりするじゃないですか」
(スタジオ笑)
土田「あはははっ!誰それ?松竹の」
金子「あの~、(よゐこ)濱口さんとかなんですけど」
土田「あ~」

で、最近引っ越した金子さんは、ウォーキング中の楽しみを見つけたと言います。

金子「最近引っ越しまして、割と高級住宅地が近くにあって、このマンションは芸能人何人住んでんだろう?っていう」
蛍原「あ~」
金子「ここは1人は住んでるよな、ここはもしかしたら3人ぐらい住んでるんじゃないか、とか」
蛍原「うんうん」
金子「で、こないだ、ここは100人ぐらい住んでるんじゃないか!?ってとこ見つけて」
土田「(体を金子のほうに向けて)え~!」
蛍原「そんなとこあるの?」
金子「ここは芸能人100人住んでるんじゃないかってとこ見つけて、それはもうものすごいテンション上がりました」
蛍原「はははっ、なんやねん」

この話を受けて、宮迫さん。

続きを読む

小さな実績を積み重ねないとやりがいのある仕事は回ってこない

マイナビ新書から発売された『「自己啓発」は私を啓発しない』を読みました。

f:id:notei:20130524182134j:plain

これを読んだのは、著者の齊藤正明さんと常見陽平さんの対談記事がきっかけでした。

目の前の仕事をしっかりこなすことが大事

【連載】齊藤正明氏&常見陽平氏に聞くビジネスサバイバル術 (2) 出世する人・しない人の違い | キャリア | マイナビニュース

「出世するためには、どうしたらいいでしょうか?」という質問に対して、

齊藤氏「目の前の仕事をしっかりこなすことが、じつは近道なのかもしれません。いまはたとえ、会社で飼っている魚のエサやりなどの雑用しか与えられなかったとしても、それをしっかりこなすことが大事。
エサのやり方を工夫したり、エサそのものを見直したりして、上司に言われたことに対し、100%以上の成果を出すことを目指します。そうすれば信頼度が増しますし、必ず次のステップに進めるようになりますから」


常見氏「与えられたことに対し、少しでもいいから成果を上乗せできるといいですよね。やり方を変えてみたり、新しいトライができるか考えてみたり。目の前の課題から仕事を創造できるといいと思います」


齊藤氏「出世するには、自分からのし上がるというイメージを抱く方もいるかもしれませんが、地道にコツコツやることに尽きると思います。山を下から築くようなイメージですね。どんなことでもコツコツとこなしていけば、『こいつ、便利だな』と思われて引き上げてもらいやすくなります」

この記事を見つける数日前、

というエントリーをブログに書きました。その中でさまぁ〜ずの大竹さんが言っていた内容と、対談記事から引用した部分が繋がったのです。私の中で。ここで一気に興味が沸きました。
さらに、「アメトーーク」や「ロンドンハーツ」などのプロデューサーをしている加地倫三さんの著書「たくらむ技術」。この本の中で、加地さんは次のように書いています。

続きを読む