お笑い芸人のちょっとヒヒ話

お笑い芸人が出演したバラエティ番組やラジオ番組を書き留めています

恩田陸「夜のピクニック」に出てくる歩行祭を実際にやっていたバイきんぐ小峠

今年の「アメトーーク」で一番好きな企画を選べ、と言われたら、私はウォーキング芸人の回を選びます。

普段散歩しているので「アメトーーク」ウォーキング芸人は前のめりで視聴

2013年9月19日放送の「アメトーーク」。ウォーキング芸人。

メンバーは土田晃之、ピース又吉、シャンプーハット小出水、オードリー若林、どきどきキャンプ佐藤、パンクブーブー黒瀬、エリートヤンキー橘、そして、うしろシティ金子。
土田さんのリーダーとしての安定感、若林さんとサトミツの仲良しっぷり、さらに、初登場で結果を残した金子さんなど、この企画が好きな理由はいくつもあります。

「体幹」ウォーキング

「体幹」ウォーキング

ウォーキングを始めたきっかけを語る金子さん。

金子「僕は、やっぱり若手なので、お金がなくて歩き始めたんですよ、きっかけは」
蛍原「電車賃がないから、とか?」
金子「そうです、あの~先輩とかとご飯に行ったら、先輩ってなんでか分かんないんですけど、ちょうど終電がなくなったぐらいのタイミングで、タクシーで帰ったりするじゃないですか」
(スタジオ笑)
土田「あはははっ!誰それ?松竹の」
金子「あの~、(よゐこ)濱口さんとかなんですけど」
土田「あ~」

で、最近引っ越した金子さんは、ウォーキング中の楽しみを見つけたと言います。

金子「最近引っ越しまして、割と高級住宅地が近くにあって、このマンションは芸能人何人住んでんだろう?っていう」
蛍原「あ~」
金子「ここは1人は住んでるよな、ここはもしかしたら3人ぐらい住んでるんじゃないか、とか」
蛍原「うんうん」
金子「で、こないだ、ここは100人ぐらい住んでるんじゃないか!?ってとこ見つけて」
土田「(体を金子のほうに向けて)え~!」
蛍原「そんなとこあるの?」
金子「ここは芸能人100人住んでるんじゃないかってとこ見つけて、それはもうものすごいテンション上がりました」
蛍原「はははっ、なんやねん」

この話を受けて、宮迫さん。

続きを読む

小さな実績を積み重ねないとやりがいのある仕事は回ってこない

マイナビ新書から発売された『「自己啓発」は私を啓発しない』を読みました。

f:id:notei:20130524182134j:plain

これを読んだのは、著者の齊藤正明さんと常見陽平さんの対談記事がきっかけでした。

目の前の仕事をしっかりこなすことが大事

【連載】齊藤正明氏&常見陽平氏に聞くビジネスサバイバル術 (2) 出世する人・しない人の違い | キャリア | マイナビニュース

「出世するためには、どうしたらいいでしょうか?」という質問に対して、

齊藤氏「目の前の仕事をしっかりこなすことが、じつは近道なのかもしれません。いまはたとえ、会社で飼っている魚のエサやりなどの雑用しか与えられなかったとしても、それをしっかりこなすことが大事。
エサのやり方を工夫したり、エサそのものを見直したりして、上司に言われたことに対し、100%以上の成果を出すことを目指します。そうすれば信頼度が増しますし、必ず次のステップに進めるようになりますから」


常見氏「与えられたことに対し、少しでもいいから成果を上乗せできるといいですよね。やり方を変えてみたり、新しいトライができるか考えてみたり。目の前の課題から仕事を創造できるといいと思います」


齊藤氏「出世するには、自分からのし上がるというイメージを抱く方もいるかもしれませんが、地道にコツコツやることに尽きると思います。山を下から築くようなイメージですね。どんなことでもコツコツとこなしていけば、『こいつ、便利だな』と思われて引き上げてもらいやすくなります」

この記事を見つける数日前、

というエントリーをブログに書きました。その中でさまぁ〜ずの大竹さんが言っていた内容と、対談記事から引用した部分が繋がったのです。私の中で。ここで一気に興味が沸きました。
さらに、「アメトーーク」や「ロンドンハーツ」などのプロデューサーをしている加地倫三さんの著書「たくらむ技術」。この本の中で、加地さんは次のように書いています。

続きを読む

お笑い芸人が運をつかむために必要なこと

「良い人じゃないと残れない」。ナインティナインの岡村さんが、「オールナイトニッポン」で何度かしていた発言です。
だいぶ前の放送を記憶から引っ張ってきたので、言い回しは微妙に違うかもしれませんが。で、バラエティ番組を見ていると、岡村さんと同じような発言をしている人が結構いるんです。なので、今回はそれらをまとめて紹介させて下さい。

クイック・ジャパン79 (Vol.79)

クイック・ジャパン79 (Vol.79)

  • 作者: アメトーーク,雨上がり決死隊,デトロイト・メタル・シティ,ダイナマイト関西,吉高由里子,みうらじゅん,北乃きい,ドアラ,竹内義和,関根勤
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2008/08/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 6人 クリック: 47回
  • この商品を含むブログ (44件) を見る

「アメトーーク」での雨上がり決死隊宮迫博之

2012年9月27日放送の「アメトーーク」。テーマは元・今が旬芸人。

メンバーはオードリー、はるな愛、アンガールズ、スリムクラブ、Wコロンねづっち、そして、小島よしお。司会は雨上がり決死隊。ゲストに、まさに今が旬のスギちゃん。
「年が変わると急に仕事が減るのは、なぜ?」とワイルドキャラを忘れて、真剣に相談するスギちゃん。

スギちゃん「視聴者の方がもう本当に要らないと言っているのか、スタッフさんが『もういいんじゃない?』と言っているのか」
若林「多分、スタッフさんだと思うんですよ、結構、芸人の間で『1周目』っていう言い方して」
(メンバーうなずく)
若林「おしゃれイズムとか、なんかその、『今までどうでしたか?』って聞く番組を回ったら・・・もう2回目ってないじゃないですか?」
蛍原「まあ、そうやね」
若林「その番組のスタッフさんは聞いたから」
蛍原「うんうん」
若林「で、それが終わって、年末年始出たら、それ(旬)が終わるんじゃないかなと思うんすよ」
蛍原「ホンマや」
若林「だから1周目で仲良くしてくれ・・・ちょっとマジな話になっちゃってますけど、ふふふっ」
(スタジオ笑)

夜中の居酒屋でする話だと言って照れながら、旬のときに抱えていた悩みを打ち明ける若林さん。

続きを読む