笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

爆笑問題・太田光が絶賛した川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』

川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』。

私がこの小説に出会ったのは爆笑問題の太田さんがきっかけでした。それから3年が経ち、今度はオードリーの若林さんがきっかけで文庫版を読み直しました。そこで気付いたのは、やっぱりこの物語が好きだということです。

オードリー若林「オススメの10冊」に川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』

2015年6月18日放送「アメトーーク」(テレビ朝日)

司会は雨上がり決死隊(宮迫博之・蛍原徹)。
テーマは読書芸人。
読書芸人はオードリー若林正恭、ピース又吉直樹、オアシズ光浦靖子。

今回はスタジオを飛びだして、本にまつわる場所を巡るオールロケを敢行。まずは紀伊國屋書店(新宿本店)へ行き、ゲストの市川紗椰さんと共に「書店の歩き方」を学びます。でもその前に、「これまで読んできた本の中でオススメの10冊」を読書芸人に紹介してもらいます。若林さんが悩み抜いて選んだ10冊は、以下のとおり。

  1. 中村文則『教団X』
  2. 平野啓一郎『私とは何か』
  3. 岡本太郎『強く生きる言葉』
  4. 朝井リョウ『何者』
  5. 川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』
  6. 司馬遼太郎『燃えよ剣』
  7. 村上龍『村上龍映画小説集』
  8. 綿矢りさ『夢を与える』
  9. プチ鹿島『教養としてのプロレス』
  10. 西加奈子『サラバ!』

ここでは『すべて真夜中の恋人たち』についての言及はありませんでしたが、光浦さんの何気ない一言によってスポットライトを浴びる場面があとで出てきます。

続きを読む

音楽プロデューサー蔦谷好位置が渋谷のスクランブル交差点を泣きながら渡った日

最近のお笑い芸人が「売れたきっかけ」としてよく挙げる番組はなんでしょうか?

一番多いのは賞レース系の番組でしょう。その効果に疑問を持たれるようになってきていますが、今でも突出した存在なのは間違いありません。オードリーやサンドウィッチマンは「M-1グランプリ」、バイきんぐは「キングオブコント」、ウーマンラッシュアワーは去年の「THE MANZAI」優勝をきっかけにして、テレビの出演本数が急増しています。

通常のバラエティ番組に限ってみると、その筆頭はやっぱり「アメトーーク」でしょう。

千原ジュニアとタケトと斉藤和義と蔦谷好位置の4人で飲んだ

2012年11月21日放送「にけつッ!!」(日本テレビ)

レギュラーは千原ジュニア、ケンドーコバヤシ。

渋谷のヨシモト∞ホールで収録を行っているトーク番組です。

後輩芸人のBコース・タケトさん(現在は解散してピン芸人)と、自宅で飲んでいたときの話をするジュニアさん。

ジュニア「タケトと飲んでて、ほんでまあ、あの~、連絡が来て」
ケンコバ「うん」
ジュニア「蔦谷好位置(つたやこういち)さんっていう音楽プロデューサーがいるんです、この人ってエレファントカシマシさんとか、Superflyさんとか、数々の方をプロデュースしてる、音楽プロデューサーなんです」
ケンコバ「うん」
ジュニア「連絡があって、『何してるんですか?』みたいな、『今、家で飲んでます』、『え~、行っていいですか?』、『家でよければどうぞ』つって、あの~、『行きます』言うて」
ケンコバ「うん」
ジュニア「たまたま斉藤和義さんと飲んではったらしくて」
ケンコバ「うんうん」
ジュニア「斉藤和義さんと2人で来はった」

なんという豪華な飲み会。

そもそもタケトさんとジュニアさんが一緒に飲んでいたのは、翌日に収録がある「アメトーーク」のためでした。

続きを読む

恩田陸『夜のピクニック』に出てくる歩行祭を実際にやっていたバイきんぐ小峠

「今年の『アメトーーク』で一番好きな企画を選べ」と言われたら、ウォーキング芸人の回を私は選びます。

なぜなら私の趣味がウォーキングだからです。完全に個人的な事情に基づいています。

普段散歩しているので「アメトーーク」ウォーキング芸人は前のめりで視聴

2013年9月19日放送「アメトーーク」(テレビ朝日)

司会は雨上がり決死隊(宮迫博之・蛍原徹)。
テーマはウォーキング芸人。
ウォーキング芸人は土田晃之、ピース又吉、シャンプーハット小出水、オードリー若林、どきどきキャンプ佐藤、パンクブーブー黒瀬、エリートヤンキー橘、うしろシティ金子。

土田さんのリーダーとしての安定感、若林さんとサトミツの仲良しっぷり、さらに初登場で結果を残した金子さんなど、この企画が好きな理由はいくつもあります。

金子「僕はやっぱり若手なので、お金がなくて歩き始めたんですよ、きっかけは」
蛍原「電車賃がないから、とか?」
金子「そうです、あの~先輩とかとご飯に行ったら、先輩ってなんでか分かんないんですけど、ちょうど終電がなくなったぐらいのタイミングで、タクシーで帰ったりするじゃないですか」
(スタジオ笑)
土田「あはははっ! 誰それ? 松竹の」
金子「あの~、(よゐこ)濱口さんとかなんですけど」
土田「あ~」

最近引っ越した金子さんはウォーキング中に、ある楽しみを見つけたと言います。

続きを読む

小さな実績を積み重ねないとやりがいのある仕事は回ってこない

マイナビ新書から発売された『「自己啓発」は私を啓発しない』を読みました。

これを読んだのは、著者の齊藤正明さんと常見陽平さんの対談記事がきっかけでした。

目の前の仕事をしっかりこなすことが大事

齊藤正明氏&常見陽平氏に聞くビジネスサバイバル術 (2) 出世する人・しない人の違い | マイナビニュース

「出世するためには、どうしたらいいでしょうか?」という質問に対して、

齊藤氏「目の前の仕事をしっかりこなすことが、じつは近道なのかもしれません。いまはたとえ、会社で飼っている魚のエサやりなどの雑用しか与えられなかったとしても、それをしっかりこなすことが大事。エサのやり方を工夫したり、エサそのものを見直したりして、上司に言われたことに対し、100%以上の成果を出すことを目指します。そうすれば信頼度が増しますし、必ず次のステップに進めるようになりますから」


常見氏「与えられたことに対し、少しでもいいから成果を上乗せできるといいですよね。やり方を変えてみたり、新しいトライができるか考えてみたり。目の前の課題から仕事を創造できるといいと思います」


齊藤氏「出世するには、自分からのし上がるというイメージを抱く方もいるかもしれませんが、地道にコツコツやることに尽きると思います。山を下から築くようなイメージですね。どんなことでもコツコツとこなしていけば、『こいつ、便利だな』と思われて引き上げてもらいやすくなります」

この記事を見つける数日前、「1つ1つの仕事を丁寧に全力でこなせ」というエントリーをブログに書きました。その中でさまぁ~ずの大竹さんが言っていた内容と、対談記事から引用した部分が繋がったのです。私の中で。ここで一気に興味が沸きました。

続きを読む

お笑い芸人が運をつかむために必要なこと

「良い人じゃないと残れない」。

ナインティナインの岡村隆史が「オールナイトニッポン」で何度かしていた発言です。

だいぶ前の放送を記憶から引っ張ってきたので、言い回しは微妙に違うかもしれませんが。で、バラエティ番組を見ていると、岡村さんと同じような発言をしている人が結構いるんです。なので、今回はそれらをまとめて紹介させて下さい。

「アメトーーク」での雨上がり決死隊宮迫博之

2012年9月27日放送「アメトーーク」(テレビ朝日)

司会は雨上がり決死隊(宮迫博之・蛍原徹)。
テーマは元・今が旬芸人。
メンバーはオードリー(若林正恭・春日俊彰)、アンガールズ(山根良顕・田中卓志)、スリムクラブ(真栄田賢・内間政成)、Wコロンねづっち、小島よしお、はるな愛。
ゲストはスギちゃん。

「年が変わると急に仕事が減るのは、なぜ?」とワイルドキャラを忘れて、真剣に相談するスギちゃん。

スギちゃん「視聴者の方がもう本当に要らないと言っているのか、スタッフさんが『もういいんじゃない?』と言っているのか」
若林「多分、スタッフさんだと思うんですよ、結構、芸人の間で『1周目』っていう言い方して」
(メンバーうなずく)
若林「おしゃれイズムとか、なんかその、『今までどうでしたか?』って聞く番組を回ったら……もう2回目ってないじゃないですか?」
蛍原「まあ、そうやね」
若林「その番組のスタッフさんは聞いたから」
蛍原「うんうん」
若林「で、それが終わって、年末年始出たら、それ(旬)が終わるんじゃないかなと思うんすよ」
蛍原「ホンマや」
若林「だから1周目で仲良くしてくれ……ちょっとマジな話になっちゃってますけど、ふふふっ」
(スタジオ笑)

夜中の居酒屋でする話だと言って照れながら、旬のときに抱えていた悩みを打ち明ける若林さん。

続きを読む

ボケ芸人のパターンについて熱く語る品川祐

品川庄司が出ている番組をかなり見ていた時期があります。「もしかしたら、私ファンかも?」ってぐらい。

GyaO時代の「よしもと∞」で、金曜レギュラーだった「品川庄司の90分」。私は、この配信を毎週欠かさず視聴していました。GyaOは過去配信のアーカイブも充実していたので、それも根こそぎ見ましたね。また、「内村プロデュース」にも何度も出演していた品川庄司。時にはマスクマンとして。

少し前の「アメトーーク」でやった企画、「どうした!?品川」。

すっかり落ち着いてしまった品川さんに、昔あったギラギラした気持ちを取り戻して欲しい!という思いで、東野幸治さんがプレゼンした魂の企画。もちろん私も見ました。非常に面白かったですし、いろいろ考えさせられました。放送後からブログに書きたい気持ちがずっと頭の片隅にありました。

だいぶ時間が経過してしまいましたが、今回は「どうした!?品川」について書かせて下さい。

品川祐ヒストリーはギラギラ期、調子ノリ期、どうした期の3期に分類できる

2012年9月13日放送「アメトーーク」(テレビ朝日)

司会は雨上がり決死隊(宮迫博之・蛍原徹)。
テーマは東野幸治プレゼン企画「どうした!?品川」。
メンバーは東野幸治、有吉弘行、陣内智則、インパルス板倉、千鳥、Bコースタケト、ギンナナ金成。

品川さんの芸人人生は「ギラギラ期・調子ノリ期・どうした期」の3期に分類できる、と解説する東野さん。この3期に分けて作った年表がコチラ。活動内容を芸人と文化人で分けています。

続きを読む

彼女に乗り換えられた男の気持ちを考えると夜も寝れないケンドーコバヤシ

先日放送された「アメトーーーーーーク!勉強と部活と女の子で秋の陣…そこは逆SP」。

私は録画で見たんですが、途中で休憩することなく3時間テレビ画面に釘付けでした。やっぱり「女の子苦手芸人」のケンコバは最高だな……と噛みしめながら、しばらく余韻に浸っていた私。

そんなこともあって今回は、私が印象に残っているケンドーコバヤシさんのエピソードを紹介させて下さい。

「アメトーーク」女の子苦手芸人で芸人の心の闇が浮き彫りに

2012年4月5日放送「アメトーーク」(テレビ朝日)

司会は雨上がり決死隊(宮迫博之・蛍原徹)。
テーマは「女の子苦手芸人」。
メンバーはケンドーコバヤシ、有吉弘行、バカリズム、オードリー若林、ピース又吉、はんにゃ金田、アンガールズ田中。
女性ゲストは大島麻衣、トリンドル玲奈。

女性が苦手になった原因や、女性で失敗したエピソードを発表していきます。それが話せば話すほど、メンバーの心の闇が浮き彫りになるという結果に。中でも心の闇が深かったのが、ケンコバさん。宮迫さんから「漆黒の闇」と形容されてしまうほど。

ケンコバ「このままでは……イカンと皆思うでしょ?今の僕見て」
蛍原「まあまあそうやな」
ケンコバ「そう思った故に去年、2011年、一念発起してちゃんと出会いの場にも顔を出し、気に入った子がいたら連絡先を交換して、で、2人でご飯行ってっていうのを4回したんです、1年で」
蛍原「おお!やってるやん」
ケンコバ「信じられへんことがあったんですけど」
宮迫「なに?」
ケンコバ「……4人とも彼氏いたんです」
(スタジオ「え~!」と驚きの声)
宮迫「コワッ!」
ケンコバ「なんか結構ベロベロに酔っ払っちゃって、女の子が『もっと私のこと知って欲しい!』とか言うから、『来た!来た!』と思って」
宮迫「お~、来たな」
ケンコバ「冗談みたいに、ジャブみたいに、『えっ、じゃあ、彼氏おるの?』言うたら、『うん、いるよ』って言われて、『え!?』」
(スタジオ笑)
ケンコバ「っていうか……」
蛍原「うん」
ケンコバ「彼氏おるんやったら、来んといてほしい!

周りは食事に来た女性に一定の理解を示そうとしながらトークを進めますが、もう止まりません。

続きを読む

鈴木おさむ×加地倫三「テレビについて考える」

放送作家鈴木おさむさんと、テレビ朝日プロデューサー加地倫三さんが熱く語り合う。そんなドリームな対談が、TBSラジオで実現しました。

鈴木おさむさんは、「めちゃイケ」など数多くのヒット番組を手掛ける売れっ子作家さん。最近では、小説『芸人交換日記』の発売や舞台化が話題となりました。一方、加地さんは、「アメトーーク」や「ロンドンハーツ」といった、これまた数多くのヒット番組を生み出してきた番組制作者です。個人的には「リングの魂」もここに加えたいです。

今回はそのときのラジオを紹介させて下さい。

TBSラジオにテレビ朝日プロデューサー登場

2011年10月22日放送「鈴木おさむ考えるラジオ」(TBSラジオ)

パーソナリティは鈴木おさむ(放送作家)。
アシスタントは出水麻衣(TBSアナウンサー)。
ゲストは加地倫三(テレビ朝日プロデューサー)。

今回のテーマは、「テレビはつまらない?」。このテーマに沿った意見を紹介していきながら番組は進行。そして、中盤あたりに加地さんが登場。

出水「今週のゲストはテレビ朝日プロデューサー加地倫三さんです、加地さんは1969年生まれの42歳……見えないですね」
加地「ありがとうございます」
(スタジオ笑)
出水「大学をご卒業された後、テレビ朝日に入社、スポーツ局に配属され『ワールドプロレスリング』などを担当していました、バラエティ制作に異動してからは『ロンドンハーツ』、『アメトーーク』などのヒット番組を連発、ちなみに『ロンドンハーツ』は子供に見せたくない番組8年連続1位という、信じられない記録を打ち立てています」
鈴木「おめでとうございます」
加地「ありがとうございます」
出水「ふふっ」

TBS出水アナが、テレビ朝日加地さんの経歴を紹介する不思議な放送。

続きを読む

アメトーーク「最初、すごく暗かったけど段々明るくなってきた芸人」を見て

見たお笑い番組の感想をだらだら書きたい、という衝動に駆られたので、今回は「アメトーーク」を見た感想を。^^;

芸人の闇の部分にスポットライトを当てる「アメトーーク」

2011年9月8日放送の「アメトーーク」。

今回のテーマは、ピース又吉さんがプレゼン企画で発表した「最初、すごく暗かったけど段々明るくなってきた芸人」。いわゆる芸人の闇の部分にスポットライトを当てた企画。
雨上がり決死隊宮迫さんが冒頭で触れましたが、メンバーのほとんどが「気にしすぎ芸人」と「中学の時イケてないグループに属してた芸人」と「人見知り芸人」の集まり。

アメトーーク! DVD 10

アメトーーク! DVD 10

ちなみに参加メンバーは、ピース又吉、インパルス板倉、ハリセンボン箕輪、スピードワゴン小沢、笑い飯西田、麒麟川島、たんぽぽ、平成ノブシコブシ吉村。私は見終わって、ちょっぴり勇気をもらいました。

平成ノブシコブシ吉村「一緒に伝説作ろうぜ!」

メンバーが語るエピソードに共感して頷きながら、私の体はずっと熱くなりっぱなし。ただ、たんぽぽの2人が語るエピソードは次元が違いすぎて、別の意味で熱くなりましたけど。^^;
芸人になったばかりの頃、舞台で下を向いたままの映像が紹介された、平成ノブシコブシ吉村さん。今のキャラクターからは想像も出来ない姿に対して、

吉村「もうイヤだったんです、(舞台に)出るのが」
蛍原「え〜」
吉村「もうそれぐらい、もう、やっぱ暗くて」
宮迫「(驚きを隠せず)舞台で下向いてる、って」
吉村「だからもう、北海道から最初、出てきたんですけど」
宮迫「あっ、北海道なんや」
吉村「山手線乗ったときにもう人が混み過ぎて、たまたま真ん中のほうに乗ったんですけど、『あの、すみません・・・』が言えなくて、降りれなかったんですよ」
(スタジオ驚きの声)

続きを読む

オードリー若林とキャイ〜ン天野は好対照なふたり

「アメトーーク」人見知り芸人の回を、休日にもう一度観ていました。

番組内では人見知り芸人の対極として、千原せいじやFUJIWARA藤本の名前が挙げられていました。しかし私の脳内では、キャイ~ンの天野ひろゆきが真っ先に浮かんできたのです。
ウッチャンナンチャンの冠番組「ウリナリ」という番組で天野が参加していたユニット・ブラックビスケッツ。彼らが新曲「Timing~タイミング~」PV撮影のためニューヨークを訪れたことがあります。このとき天野は英語がほとんど話せないにもかかわらず、タクシー運転手にグイグイ話しかけて懐(ふところ)に入っていくのです。そういったコミュニケーション能力の高さを私自身がたくさん目撃してきたので、先ほどのように感じたのかもしれません。

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

「アメトーーク」人見知り芸人を見返して

2010年3月20日放送「EXH〜EXILE HOUSE〜」。ゲストはオードリー。

司会はMAKIDAI、TAKAHIRO。
NAOKIさんの「今ハマッてるものは?」という質問に対して若林さんが答えます。

若林「僕は、最近はあの~、車でサービスエリアに深夜1人で行って、で、サービスエリアで1人でネタ書いてるってのが最近すごい好きで」
(驚く出演者たち)
若林「いろんなとこ行くんすよ、港北とか、海ほたるもこないだ行って」
MAKIDAI「へぇ~」
TAKAHIRO「それはサービスエリアじゃないと駄目なんですか?」
若林「サービスエリアがいいんですよ、サービスエリアって夜、めちゃくちゃ人が少なくて」

続きを読む

アメトーークの人見知り芸人に頷きまくり

オードリー若林プレゼンツ

2009年11月19日放送のアメトーーク「人見知り芸人」

を見ました。絶え間なく飛び出るエピソードに一緒になって頷きまくりでしたね。あ〜、一緒だと。
で、今回のメンバーを見て改めて思ったのが、ボケの人の方が人見知り芸人率は高いのかもと。ナイナイ岡村もそうだし、爆笑問題の太田も。ウッチャンもどちらかと言えば、ボケなのでこの理論に入れちゃっても良いかな。オードリーも昔はボケとツッコミ逆だったので、若林もボケ体質ってことで無理やり。^^;

アメトーーク! DVD 10

アメトーーク! DVD 10

オリラジ中田も人見知り

2007年11月26日の「ヨシモト∞」。ヨシモト∞2周年特番。

ヨシモト∞でもライセンス藤原とオリエンタルラジオ中田、POISON GIRL BANDの吉田も加わって3人でフリートークしたときも、吉田が呆れるほどに残り2人は人見知りっぷりを発揮していました。最終的にそれを克服するために、なぜかバスケの3on3のチームを作ろうという話になったのが可笑しかったです。次回もあるなら中田も入れて欲しいな〜

電車の優先席には絶対座らない

さらにヨシモト∞の中で平成ノブシコブシの徳井が、電車の優先席にどんなにガラガラでも座らないと言ってました。

もし座ってから徐々に車内が混み出して来た時に、本当は席を譲りたいのに「席譲りますよ」と声を掛ける勇気も無く、かと言って無言で立ち上がるのも不自然じゃないかと悩む。「あいつ、声掛ける勇気無いから無言で立ち上がったんちゃうかと思われる」と、ブラマヨ吉田並の自意識過剰もあってそれも出来ない。そんな自分が腹立たしい。本当は助けの手を差し伸べたくても声を掛ける勇気が無くて、冷たいアイツ扱いに結局なってしまう。だったらそうならないようにはじめから立っておくしかない。

続きを読む

秋の特番を見ての感想

今回は秋の特番シーズンに見た番組の感想をだらだら書いてみたいと思います。

人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~

人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~

内村・田中の知られざるハウツー世界正しい空の飛び方

所長のウッチャンと助手のココリコ田中が司会の深夜番組でしたが、「理由ある太郎」の進化版っていう感じでしたね。
ココリコ田中がなんとかレギュラー化されるように必死でしたが、ハウツーが紹介される度に通販番組の客か、っていうぐらいにわざとらしく感心する有吉のずるさも光ってました。^^;
ボウリングのスネークアイ(両端にピンが残った状態)攻略で、ウッチャンだけが挑戦するはずが100投しても倒せません。すると、カメラマンやADさんに代わりに投げさせて、ウッチャンがカメラを扱ったり、さらには電話でナイツを呼び出して、ナイツが挑戦している間に自分はイッテQ!の収録といって足取り軽く逃亡したり、いい意味でのゆるさがある番組でした。深夜でレギュラーとしてやって欲しいな。

フジテレビ開局50周年記念 記録よりも記憶に残るフジテレビの笑う50年

「めちゃイケのルーツを探る」が番組のコンセプトであるので、お笑い第3世代のところでは、とんねるずをがっつり、ダウンタウンを少々、ウンナンはスルー、と思って見ていました。
そしたら、とんねるずはその通りだったんですが、ウンナンの「やるならやらねば」を結構紹介してくれて、ダウンタウンがスルーされるという内容。かつての土曜8時、片岡飛鳥が関わっていた、そして、DVDが発売されることもあって、ウンナンのやるやらを取り上げてくれたのかなと。

続きを読む