笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

XのHIDEが好きなお笑い芸人にウンナンを選んでいた

眠れない週末の夜。なんとなく部屋の掃除をして時間を潰していると、あるウンナンファンの方から譲ってもらった雑誌が部屋の奥から出てきました。

その雑誌は、『PATi PATi ~WANTED THE OWARAI~』。

f:id:notei:20110129011829j:plain

コロコロを放り投げて、それを手に取り、ひたすらと読みふける。表紙は、ウッチャンナンチャン。最後のページを確認すると「1989年7月31日初版発行」とありますので、今から22年前です。ウンナンがまだまだ若手で、世に出てきたばかりの頃でしょうか。

『PATi PATi』が贈る日本初お笑いビジュアルBOOKの表紙にウンナン

1989年7月31日発売『PATi PATi ~WANTED THE OWARAI~』

表紙をめくれば、ウンナンのアイドルさながらの写真とインタビュー。ページをめくるたび、私の眠気を吹き飛ばしていきます。

ウンナン特集の最後のページには「下北沢本多劇場にて劇団SHA.LA.LA第5回公演」のお知らせがあり、よりリアルに22年という時の流れを体感。

その他にもB21スペシャル、野沢直子のインタビューに加えて、勝俣州和もCHA-CHAとして、アイドルとして紙面に登場。カラーページが終わると、「大阪の2丁目劇場の特集」へ。それが過ぎると、次は「STANDARD-BEARERS」。すなわち多くいるお笑い芸人の中から一歩抜け出し、自分達の旗を掲げている奴らの紹介です。爆笑問題からZ-BEAMまで、8組のお笑い芸人が熱い言葉をぶつけています。またカラーページに戻り、ビシバシステムのインタビューに来ると、もう掃除そっちのけで雑誌に心を奪われっぱなし。

すると、ある特集コーナーでページをめくる手が止まってしまいました。そこに書いてあったのは、

ロックミュージシャン100人にききました。好きなOWARAI BEST10

1位とんねるず、2位ウッチャンナンチャン、3位ダウンタウンと続き、選ばれたお笑い芸人が10位まで、2ページの見開きで掲載されています。脇に投票したミュージシャンのコメントが幾つか添えられていて、ウッチャンナンチャンに投じたミュージシャンの名前を見て、私は唸ってしまいました。

なんと、XのHIDEだったのです。

あのコンプレックスの塊のような発想……好きです

f:id:notei:20110129011830j:plain

私はhideも好きなんです。友人の影響なのですが、アルバム「HIDE YOUR FACE」なんかは死ぬほど聴きました。私の好きなウンナンとhideが、まさかここで繋がるとは……

We Love hide?The Best in The World?

We Love hide?The Best in The World?

なんか妙な誇らしい気持ちを抱きながら、雑誌を元の場所へ戻しました。