お笑い芸人のちょっとヒヒ話

お笑い芸人が出演するバラエティ番組やラジオ番組を観たり聴いたりしながら

「爆笑ヒットパレード」で芸人としてのプライドを見せたダチョウ倶楽部

2012年の大晦日、私は下北沢にある本多劇場に向かい、そこで新年を迎えました。
「山里亮太の108〜今年の煩悩、今年のうちに〜」というカウントダウンライブを観に行ったのです。

「山里亮太の108〜今年の煩悩、今年のうちに〜」で年越し

23時開演。舞台に登場した山里さんは、「他にも年越しイベントがあるのに、なぜココに!?」と自虐的に仰っていましたが、3時間以上のひとりしゃべりに私は笑いっぱなしでした。
さらにライブ後、山里さんが年賀状にサインして、会場に来たお客さんに直接手渡しすると言います。まさかのサプライズイベント。緊張してありきたりな言葉しか出てこなかった私に、「また来てね」と笑顔で語りかけてくれた山里さん。

そんな山里さんの優しさに触れて、本多劇場を出たのが朝の3時半。終日運行している電車に揺られながら家に到着。幸福感いっぱいで布団に入ったのが朝の6時ぐらいだったでしょうか。午後までぐっすり眠った後、特に予定もないので、録画した「爆笑ヒットパレード」を見てだらだら過ごす。そんな感じで元日は終わりました。^^;
今回は、その「爆笑ヒットパレード」で見たダチョウ倶楽部のネタについて書きたいです。

ダチョ・リブレDVD-BOX vol.1

ダチョ・リブレDVD-BOX vol.1

「爆笑ヒットパレード」で新ネタを披露したダチョウ倶楽部

2013年1月1日放送の「第46回爆笑ヒットパレード2013」。

司会はナインティナイン。若手からベテランまでたくさん芸人が出てきて、ネタを披露する第1部にて。「続いては、3人が織り成すギャグはもはや伝統芸能の域です」と加藤綾子アナに紹介されて、ダチョウ倶楽部が登場。
彼らの代表作であるコント「もしもゲームセンターみたいな靴屋さん」が今年も見られるとワクワクしていたら、リーダー肥後さんが「もしも年賀状を書いてくれる店があったら」とタイトルコール。なんと新ネタではありませんか!(おそらく)。

「爆笑ヒットパレード」は芸人の運命がかかった賞レースではなく、お祭り番組です。新年の挨拶がてらネタを、みたいなノリだと思うんです。ましてやダチョウ倶楽部ほどのベテランならば、定番のネタをやったとしても全然問題ないですし、逆にそれを期待する人も多いでしょう。そう、伝統芸能を見る感覚で。
にも関わらず、新ネタを持ってきたダチョウ倶楽部。年賀状を書くという設定、巳年(へびどし)に絡めたボケ、今をときめくローラやスギちゃんのフレーズを引用したりと、まさにこの場で披露するために用意してきたネタでした。
ダチョウ倶楽部のネタを見ていたら、あるラジオ番組で語られた肥後さんの姿が浮かんできて・・・

ダチョウ倶楽部のリーダー肥後が泣いた夜

2003年6月19日放送のTBSラジオ「さまぁ〜ずの逆にアレだろ」。関東芸人祭・太田プロナイト。

ゲストは、ダチョウ倶楽部の上島竜兵、土田晃之、有吉弘行。リスナーから「ダチョウ倶楽部はどうやってネタを作っているのか?」といった内容の質問が来て、

上島「いや、みんなで、3人で(ネタ作りしている)」
大竹「あ、そうですか、ネタ作りは」
上島「(土田の冷めた視線を感じて)何だよ、いや、3人で仲良くね」
三村「ふっふっふっ」
土田「100%リーダーじゃないですか!」
(スタジオ爆笑)
上島「いやいや、これは、正直に言いますよ、一応3人で作ってるんですね、寺門も(ネタ)持ってくるんです」
土田「はい、そうですね」
三村「3人で机合わして、会議で」
上島「うん、大筋書くのがリーダー」
土田「まあリーダーですね」
三村「何してるんですか?上島さんは」
上島「俺は酒飲んでだね」
(スタジオ笑)

当時、太田プロの稽古場に酒がいっぱいあることがバレて、ちょっと問題になったそうです。^^;
そして、ネタ作りに関して見せたリーダー肥後さんの意外な姿について、上島さんが語り始めます。

上島「だからウチはね、でもね、本当ネタはね・・・だから、これはもう言っちゃうけど、リーダーも酔っ払って言ってたからいいんだけどね」
大竹「ええ」
上島「元旦にやったじゃないですか」
大竹「はいはい」
上島「僕らと、さまぁ〜ずと、あとホンジャマカ、爆笑(問題)さんとやったじゃないですか」
大竹「ええ」
上島「で、やったときに、さまぁ〜ずはもう新ネタだった、ドーンと」
三村「そうですね、昔のネタじゃなかったですね」
上島「うん、やっぱり一番ウケた!さまぁ〜ずが」
大竹「ふふふっ」
上島「で、俺らはちょっとその、ゲームセンターみたいな靴屋ってネタをちょっと変えたんだよね、変えてちょっとやったんだけど」
三村「新作も入れたんですよね?」
上島「新作っちゅうか・・・ちょっとそれに色を付けてね、うん」
大竹「ええ」

さまぁ〜ずは新ネタをやった。しかし、ダチョウ倶楽部はおなじみのネタをちょっとイジってやった。

上島「でまあ、みんなそれぞれにウケたんだけど」
大竹「はい」
上島「リーダーがさ、悔しがってさ・・・悔しがってって悪い意味じゃないよ、泣いたんだよね
大竹「あっ、そうなんですか!?」
三村「俺、その話聞いた」
上島「元旦じゃないな、元旦明けだな、ボロボロ泣いて、うん、悔しいって悪い意味の悔しいじゃなくて」
大竹「闘争本能の」
上島「負けたと」
大竹「はい」
上島「それから結構、今はなんか『ネタ作ろう、ネタ作ろう』って、一番鬱陶しがってたヤツが言うのね」

お酒が入っていたとしても、肥後さんが悔しがって泣く姿は意外でした。

三村「俺だから、肥後さんってね、そういうの言うイメージなかったんだけど、こないだだから・・・」
上島「なっ、一緒にな」
三村「たまたま押しかけて、俺が押しかけて、竜兵会のなんかメンバーに入ったときに」
大竹「あ〜、ありましたね」
三村「(肥後)『三村、ちょっと俺はもうね、すごい悔しい思いをしたんだ』と、正月に」
大竹「ふふふふっ」
三村「結構マジなトーンでね」
上島「ホントホント、くふふっ」
三村「(肥後)『俺は本当悔しい』と、『いやいや、でもいいじゃないですか、みんなで・・・』、(肥後)『いや、あれは負けた!』みたいな、肥後さん格好いいな!と、逆に」
上島「ふふふっ、だからよっぽどショックだったんだね、あんときね」
大竹「あ〜」
上島「うん、その前までは『ちゃんとネタ作ろう』って言ってたんだけど、もうその後は、適当に個人の仕事も増えだしたら、ネタ作ってもやる場所もないし・・・みたいなノリになってたんだけど」
大竹「まあ、そうですよね」
上島「もう最近急に、やっぱり新ネタ、なんでもいいから新ネタ作んなきゃ、みたいなノリになってるもんね」

第一線で長く活躍している人は、過去の栄光にあぐらをかくことなく、ずっと走り続けているんでしょうね。ダチョウ倶楽部の芸人としてのプライドをひしひしと感じた、2013年の元日でした。
今年もこんな感じで妄想を織り交ぜながら更新していくので、どうぞよろしくお願いします。^^;

竜兵会―僕たちいわばサラリーマンです。出世術のすべてがここに

竜兵会―僕たちいわばサラリーマンです。出世術のすべてがここに