読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

奇跡が生んだお笑いトリオ・パンサー

少し前のTOKYO FM「よんぱち」に、パンサーが登場しました。
パンサーは、ボケの尾形貴弘(おがたたかひろ)、ツッコミの向井慧(むかいさとし)、そして、ボケでネタを作っている菅良太郎(かんりょうたろう)の3人で結成された吉本所属のお笑いトリオ。「女子中高生の出待ち率No.1トリオ」と紹介されるぐらい人気があります。
そんな彼らのトリオ結成の経緯がとても興味深かったので、今回はこちらを紹介させて下さい。

パンサーDVD PANTHER Vol.1

パンサーDVD PANTHER Vol.1

TOKYO FM「よんぱち 48hours」にパンサー登場

2012年12月7日放送のTOKYO FM「よんぱち 48hours」。

パーソナリティは放送作家の鈴木おさむ、柴田幸子。ゲストにパンサー。
初登場ってことで、まずは自己紹介から。

鈴木「さあ、『よんぱち』この時間のゲストは、お笑いトリオのパンサーです、よろしくお願いします」
向井・菅「よろしくお願いしま〜す!」
尾形「サンキュー!!」
(スタジオ笑)
鈴木「ラジオなので、自己紹介お願いします」
向井「はい、僕がですね、パンサーの向井と言います、お願いします」
菅「僕がパンサーの菅と言います、お願いします」
尾形「そして、僕がパンサーの尾形貴弘です!お願いします」
鈴木「え〜、パンサーの向井君ね、センターに立ってますけど、ツッコミ、イケメンですね」
向井「ホントですか?」
尾形「そうですか!?」
向井「ふふふっ」
鈴木「甘いマスクですよ」
尾形「そうでもないと思いますけど」
向井「尾形がなかなか認めてくれないですけど」
尾形「雰囲気だけ、雰囲気だけだと思うんですよね〜」
鈴木「尾形君はね、もう本当に、これから人生何回ドッキリに掛かるんだろう?っていうね」
(スタジオ笑)
鈴木「そして、菅君」
菅「はい」
鈴木「菅君は、ネタ作りが中心ですか?」
菅「そうです、まずネタ作りですね」

そして、芸歴を尋ねます。

鈴木「なんと、3人が珍しく、トリオで言うと大体みんな同期で組みますけど、バラバラなんですよね
向井「そうなんです」
鈴木「向井君が何期ですか?」
向井「僕が東京NSCの11期生」
鈴木「一番若い、歳は?」
向井「今、26(歳)です」
鈴木「え〜、菅君は?」
菅「僕は9期生で、30歳です」
鈴木「あっ、30歳、ちょっと上なんですね、で、尾形君が?」
尾形「僕が8期生で、歳がサンキュー5歳です(35歳の意)」
(スタジオ沈黙)
鈴木「ふふっ、なんすか?」
向井「ホントすみません」
(スタジオ笑)
鈴木「これは尾形君を、どういつも処理してるんですか?」
向井「え〜とですね、事故ったときはほぼ処理せずに」
鈴木「はっはっはっはっ」
菅「乗り捨てるっていう形で」
尾形「すみません!」

パンサーの3人は、東京NSC(吉本の芸人養成学校)に入った時期も違えば、年齢もバラバラ。

鈴木「いいですね、キャラクターがあれですね、尾形君がトリオの系譜で言うと、ニブンノゴ!の大川君みたいなね」
尾形「あっ、嬉しいですね」
向井「そうかもしれないですね」
鈴木「え〜、そして、ホリケンさん(ネプチューン堀内)」
菅「ほぉ」
鈴木「良く言えばよ」
(スタジオ笑)
尾形「相当良く言っていただいてる感じですね」

どうやら尾形さんのキャラクターを気に入った様子の鈴木おさむさん。

パンサー結成の経緯

このように芸暦や年齢が全く違うパンサーの3人。簡単な表にしてみました。

  菅良太郎
(かんりょうたろう)
向井慧
(むかいさとし)
尾形貴弘
(おがたたかひろ)
東京NSC 9期 11期 8期
年齢(放送時) 30歳 26歳 35歳
担当 ボケ&ネタ作り ツッコミ ボケ
同期の芸人 ハリセンボン
しずる
エド・はるみ
チョコレートプラネット
スリムクラブ
ジョイマン

そんな3人がどうやって出会い、お笑いトリオ「パンサー」を結成するに至ったのか?

向井が菅にいきなり電話して、初対面でコンビを組みたいと口説く

鈴木「3人はバラバラなのに、どう結成したんですか?」
向井「それぞれが解散組なんですけども」
鈴木「コンビで」
向井「僕はトリオとかもやってたんですけど、やっぱ同期と普通に組んで活動してたんですけど、上手くいかなくて」
鈴木「はい」
向井「で、どうしようかな?と思ったときに、同期を見渡してもみんなそれぞれ活動してて」
鈴木「11期は誰がいるんでしたっけ?エドさん?」
向井「エド・はるみ、タカダ・コーポレーション、で、チョコレートプラネットとかも」
鈴木「ああ、チョコプラ」
向井「とかいるんですけど、やっぱそれぞれ活動してたんで、どうしようかな?と思ったときに、もう・・・その同期とか関係なく、ちょっと面白い人と組みたいな」
鈴木「ほぉ」
向井「ということで、菅さんがもう芸人をほとんどやってない状態で」
鈴木「へぇ〜、解散して?」
菅「はい、そうです」
向井「1年ぐらいほとんどやってない状態だったんで、『そういえば、菅さん面白いコントやってたな・・・』と思って、全くしゃべったことなかったんですけど、ちょっと菅さんの電話番号聞き出して」
鈴木「うわ〜、すごいね」
向井「で、あの〜、電話をいきなりかけて」
鈴木「口説きだ」
向井「はい、『初めまして、向井と言うんですけども、ちょっとコンビ組んで欲しいんですけど・・・』っていうのを菅さんに、僕いきなり」
鈴木「もうほとんどやってなかったんだ、解散して」
菅「はい、そうです、ほとんど僕も同じ状態です、同期と組みたかった、みたいのあるじゃないですか」
鈴木「だってね、菅君の同期と言えば、ハリセンボン」
菅「あと、しずるとか」
向井「はい、いっぱいいますから、9期生は」
菅「で、なかなか組めなくて、まあだから、本当に知らない子から電話かかってきたみたいな状態で」
鈴木「気持ち悪いよね、ちょっと」
菅「そうですね」
(スタジオ笑)
菅「『なんだろう?この子は』って思いました」

一方その頃、尾形は芸人を辞める気だった

鈴木「それで、そっから2人で?だってよかったじゃん、2人でやれば」
向井「そうなんですよ」
尾形「いや、そんなことないです!一方その頃!」
鈴木「要らないんじゃない?」
尾形「ちょっと待ってください!要らなくないですよ、一方その頃」
鈴木「そのカットバック要らないんじゃない?」
尾形「違うんです!一方その頃ですね、僕はサンキュー尾形っていうピン芸人でやってたんですよ」
鈴木「あ、その頃からサンキュー尾形で」
尾形「ずっとやってたんです」

しかし、ピン芸人として全く芽が出ず、芸人を辞めようとしていた尾形さん。

尾形「全然ダメで、僕辞めようと思ってたんです」
鈴木「うん」
尾形「で、あの〜、『ラーメン二郎』を仙台でやろうと思ってたんですよ、でも芸人は続けたいと・・・」
鈴木「で、一方その頃?」
(スタジオ笑)
尾形「ちょっと待ってくださいよ!まだ終わってないですよ!」
鈴木「1回戻っていい?」
尾形「ギュッと(話を短く)します、戻さないでください!話したいです!」
鈴木「はっはっはっはっ、聞くよ、何?」
尾形「僕、菅と前にね、ユニットコントやったことあったんですよ、そんときすごいコイツ面白くて、考えることが、で、菅と組みたいな〜と思ってたんですよ」
(尾形の身振り手振りが激しいらしくスタジオ笑)
尾形「菅と組みたいな〜と思ってたんですけど、やっぱ後輩ですから」
鈴木「うん」
尾形「やっぱり言えないじゃないですか!先輩として『組もう』なんて、でね、僕ね・・・」
鈴木「いきなりタメ口に」
(スタジオ笑)
尾形「すみません!」
向井「本当にすみません」

ちゃんと説明しようとすればするほど笑いが起こる尾形さん。愛すべきキャラクターの持ち主。

尾形が新宿で菅と遭遇したことに運命を感じて、コンビを組みたいと口説く

尾形「『ラーメン二郎』を・・・」
鈴木「まだ続く?『ラーメン二郎』のこと」
(スタジオ笑)
尾形「『ラーメン二郎』のことを考えて、もう辞めようと思って新宿歩いてたんですよ」
鈴木「うん」
尾形「したら!あの広い新宿のコングリッ・・・コンクリートジャングルで」
菅「コングリートで」
鈴木「コングリートジャングルで」
尾形「(ツッコミを無視して)ジャングルで!あんな広いのに!(興奮して立ち上がった様子)」
向井「立たないでください」
菅「マイク、マイク」
鈴木「マイクの前に座ってくれる」
尾形「目の前から!菅が!もう1ミリも狂うことなく、俺の目の前に来て」
鈴木「殺し屋のように」
尾形「殺し屋のように来て!で、もうこれは、もう神様が言ってるんだなと、神様サンキュー!と」
鈴木「うん」
尾形「で、菅に『俺と組みましょう』って言ったんですよ、だから奇跡のトリオなんです

向井さんと尾形さんが口説いた時期が、ちょうど同じだったそうです。

同じ時期に向井と尾形から口説かれた菅の決断

鈴木「え?だってその頃はもう、2人で組もうとしていたんでしょ?」
向井「それが、同じ時期だったんです」
菅「本当に同じ時期なんです」
鈴木「へぇ〜」
菅「僕だから、本当ほぼ同時に『(コンビ)組もう』って言われたんです、2人に」
鈴木「だって、それはだってツッコミ(向井)のほうが欲しいでしょ」
向井「いや、でも・・・これが本当に知らなかったんで、僕のことを」
鈴木「うん」
向井「だから、ツッコミかどうかも・・・向井がツッコミっていうのも(菅は知らなかったのでは?)」
鈴木「尾形のことは知ってたの?」
菅「尾形のことは知ってました」
鈴木「そりゃ覚えるよね、1回見たら」
(スタジオ笑)

完全に尾形さんの空気になっているスタジオ。

菅「本当に向井のことは知らなかったので、まあ尾形と・・・とりあえずはやろうって話になったんですよ」
向井「だから尾形を取ったんですよ、最初
鈴木「最初に?」
向井「はい」
尾形「取られたんですよ、僕」
鈴木「すっごいミスチョイスじゃん」
(向井・菅笑)
尾形「ちょっと待ってくださいよ、ミスじゃないでしょう!まだ分かんないですから」
鈴木「それで?」
菅「それで、向井とも同時にしゃべってたんで、もう本当に僕も嫌われるのもイヤだったんで、向井に『イヤじゃなかったら一緒にやろう』って」
鈴木「あ〜、一緒にやろうと」
菅「だからもう『3人で一緒にやろうか?』って、で、『向井はどうする?』って聞いたんです」
向井「僕、尾形さんともしゃべったことなかったので〜」
鈴木「知ってはいた?」
向井「一応、知ってはいました、つまんねえ先輩だな、と」
(スタジオ笑)
尾形「いろんな人が聞いてんだぞ!みんな聞いてんだぞ、つまんないって言わないで〜」
菅「でも、けっこう吉本興業では有名でしたけど」
鈴木「はっはっはっはっ」
尾形「そんなことないですよ!菅さん」
鈴木「だって、そのセーターがつまんないもんね」
向井「あっはっはっはっ!」
尾形「セーターつまんないってなんですか!デザイナーに文句言ってくださいよ、俺悪くないでしょ!」
鈴木「で、それで?」
向井「それで、まあ『向井がイヤじゃなかったら、3人でやろうか?』ってなって、やっぱココ逃したら・・・やっぱりまた時間掛かるなと思って」
鈴木「何年前ですか?」
菅「4年前・・・」
向井「4年ぐらい前ですね」

芸暦や年齢だけでなくキャラクターも異なる3人。奇跡というよりも運命で集まるべくして集まった3人。それがパンサーというトリオなんでしょうね。

パワー☆プリン DVD vol.1

パワー☆プリン DVD vol.1