笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

東京03のコントを作るうえでのこだわりを見抜いていた男

最近、私が「東京03」にハマりつつあることに気付きました。
説明の必要はないと思いますが、東京03は、豊本明長(とよもとあきなが)、飯塚悟志(いいづかさとし)、角田晃広(かくたあきひろ)の3人で結成されたお笑いトリオ。キングオブコント2009で優勝し、単独ライブも定期的に行っています。コントに関しては超実力派です。

第12回東京03単独ライブ「燥ぐ、驕る、暴く。」 [DVD]

第12回東京03単独ライブ「燥ぐ、驕る、暴く。」 [DVD]

東京03がネタを作るうえでのこだわり

2011年6月11日放送の「竹中直人の大人の笑い」。東京03スペシャル。

「竹中直人の大人の笑い」は、1組のお笑い芸人に絞って、放送時間の60分をまるまる与えてやりたいことを表現してもらう、BS日テレの番組です。
東京03の回では、ゼロの状態からコントを作り、舞台で発表するまでの過程を完全密着。番組スタッフから場所と人物設定を挙げてもらい、即興コントをいくつかやってみる東京03。その即興コントの中から選んで、ネタの台本を作る段階になったとき、飯塚さんと角田さんが喫茶店で向かい合っています。
即興コントの映像を真剣に見返す2人に、スタッフがネタ作りのこだわりを聞きます。

飯塚「あの〜、その人が、ネタの中にいるキャラクターの人が言わなそうなことは言わないというか、そっから外れたことを台本に書きたくないですよね」
スタッフ「それはリアルか、リアルじゃないかってことですか?」
飯塚「うん、そうですね〜、多分これを言ったらきっとお客さんは笑うだろうけど・・・っていう、そこはあんまり入れたくないんですよね〜」
スタッフ「入れたくないんですか?」
飯塚「なんかね〜、ふふっ」

角田さんのこだわり。

角田「え〜、あんまり長くなんないようにってことですかね、ふふっ、自分のパートをしつこくならないように・・・やりたいんですけどね〜、やっぱりあの〜(聞き取れず)っちゃうってことで、切ります」
飯塚「だってもう、なんでしょう?乗ってるっていうよりも、調子乗ってる感じだもん」
角田「はっはっはっ、調子乗っちゃうんですよね、また〜」
スタッフ「お客さんはそこも楽しみでは?」
飯塚「まあね〜、まあまあ・・・お客さんはね〜」

登場人物のリアルな言葉と全体のバランスを考えて、ネタを作る東京03。

東京03のメンバーについて

飯塚さんから見た角田さんについて聞くスタッフ。

スタッフ「角田さんってどういう人ですか?」
飯塚「いや、もう天才コメディアンですよ
角田「んふふふっ」
飯塚「と思いますけどね、本当に、この形を・・・東京03のこのコントの形が出来るのって、角ちゃんの演技力がないと無理だと思いますね
角田「(照れながら)またっ・・・どうした?落ち着けって、で?で?」
飯塚「くっふっふっふっ、どっちだ?これ以上ねえし」
角田「ああ、ないのね」

逆に、角田さんから見た飯塚さん。

角田「そうですね、飯塚さんはあの〜、本当にお笑いマニアなんですよ、ものすごく、もうお笑いしかない人なんで〜、だってほか趣味ないんですから」
飯塚「ふっふっふっふっ、あんまり格好よくないですけども、あの〜、そうですね」
角田「ただのマニアです、マニア」

一方、豊本さんは雨が降る神社にいました。そうです、東京03のネタ作りに、豊本さんはノータッチ。
神社をお参りして、傘を差しながらプロレスについて熱く語る豊本さん。その光景が、喫茶店でネタをコツコツ作る2人の合間にいちいち差し込まれます。^^;
この場にいない豊本さんについても聞きます。

スタッフ「豊本さんって方は?」
角田「雰囲気がずるいんですよね、なんか・・・なんかあの〜、ものすごく不思議な感じとか、何考えてるのか分からないような雰囲気があったりして」
飯塚「うん」
角田「あの〜、それは全く僕とは真逆な感じなので、ふふっ」
(無言でうなずく飯塚)
角田「ネタも一番作ってそうな雰囲気ありますしね」
飯塚「はっはっはっはっ」
角田「どっちかつったら、はっはっはっ」
飯塚「雰囲気的にはね」

この後すぐ雨の神社の映像に切り替わります。プロレスについて語り尽くした豊本さんに、「ネタをよろしくお願いします」とスタッフが言うと、豊本さんは笑顔で「2人に言っておきます」と答えて、遠くに行ってしまいました。

この「竹中直人の大人の笑い」が放送されてから数ヵ月が経過。私は、東京03が語っていたコントのこだわりを見抜いていた男と遭遇しました。

その男とは、劇団ひとりです。遭遇した場所は「ウレロ☆未確認少女」のニコ生実況放送。

「ウレロ☆未確認少女」を見ながら、東京03の飯塚を絶賛する劇団ひとり

「ウレロ☆未確認少女 DVD-BOX」。ディスク4の特典映像「劇団ひとり、バカリズム、東京03、佐久間Pによるニコ生実況放送」。

ウレロのテレビ放送の時間に出演者が集まって、それを見ながら実況したニコニコ生放送が、特典映像としてDVD-BOXに収録されているんですが、再生時間25分あたりです。テレビ放送の中でツッコんだ東京03の飯塚さんを見て、ほろ酔いの劇団ひとりさんがしみじみ言います。

劇団ひとり「ツッコミうめえ〜な〜」
(メンバー笑)
劇団ひとり「自然なんだよね
飯塚「すげ〜褒めてくれる」
劇団ひとり「自然なんだよ、本当に飯塚さんって、なんかね、ツッコミって枠に入ってない感じが好きなの
飯塚「ああ〜」
劇団ひとり「本当に感情的に怒ってんじゃないかな?っていう感じが、飯塚さん」
角田「あ〜」
劇団ひとり「やっぱ、それはやっぱコント職人だからだろ〜な〜」
飯塚「あはっ、ありがとうございます、気分いいな〜!」
角田「飲みなよ、飲みなよ」

角田さんに促されて、コップに入ったビールを口にする飯塚さん。なんとも言えない表情を浮かべていましたね。
劇団ひとりさんの「自然なんだよね」という言葉は、飯塚さんのこだわり「ネタの中にいるキャラクターの人が言わなそうなことは言わない」が、ちゃんと届いている証拠ではないでしょうか?

余談ですが、このウレロのニコ生実況放送の最後に、飯塚さんに強烈なオチが襲い掛かります。これは是非買って、確認して頂きたいです。^^;

ウレロ☆未確認少女 DVD-BOX

ウレロ☆未確認少女 DVD-BOX

振り返ってみると、「ウレロ☆未確認少女」をきっかけに、私の東京03熱が急激に上昇し始めたように思います。
嬉しいことに、ウレロのシーズン2が決定しています。7月から放送開始ということで・・・うーん、さらに東京03にハマってしまいそう。