読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

南原清隆トークライブ後の打ち上げについて語るバカリズム

去年の2010年11月、ナンチャンのトークライブが開催されました。そのときのゲストが、バカリズムさんでした。

南原清隆トークライブ開催、ゲストはバカリズム

どういったライブなのかは、「お笑いナタリー」さんから引用させていただきまして、

お笑いナタリー - 南原清隆トークライブ開催、ゲストはバカリズム

11月17日、東京・新宿シアターモリエールにてウッチャンナンチャン南原清隆のトークライブが開催される。
南原は、2007年から昨年2009年の年末にかけて、相方・内村とともに「ウッチャンナンチャントークライブ」を行ってきた。また昨年5月には、落語を主体とした「第1回 南原清隆独演会」を開催している。
南原単独名義のトークライブは今回新たに立ち上げられたもの。第1回ゲストには、南原と同じ芸能プロダクション・マセキ芸能社に所属しているバカリズムが決定した。

見に行ったお客さんのツイッターによれば、バカリズムさんがウンナンファンぶりを猛烈にアピールして、それにナンチャンが応えるという感じで、それはそれは盛り上がったそうです。最近の一番の後悔と言えば、このトークライブに行けなかった事。それぐらい、ウンナンファンの私にとって悔やまれるイベントでした。

都道府県の持ちかた

都道府県の持ちかた

ナンチャンもバカリズムさんもラジオ(自由にフリートークが出来る)をやっていません。なので、このトークライブの様子が語られることはないよね、とあきらめていたら・・・なんと!ある番組で実現したのです。その番組とは、

渡辺ラオウ世界征服会議(仮)

ストロング・マイマイズというコンビを解散して、今はピンで活動している渡辺ラオウさんの番組。というか、USTREAMの配信になります。コンビ時代はマセキ所属であったため、マセキの芸人さんがゲストで登場することも多く、バカリズムさんもたまに登場するのです。

「第36回 渡辺ラオウ世界征服会議(仮)」。MCに渡辺ラオウ。ゲストにバカリズム、こばやしけん太。

お互いをよく知る3人でトークは進み、後半あたりからナンチャントークライブの話題に。(ナンチャンの発言は、バカリズムさんが再現して話しています)

バカリズム「俺、南原さんの話、したっけ?」
(首を振るこばやし)
バカリズム「南原さんのトークライブに出してもらったのね
こばやし「あ〜、はいはい」
バカリズム「南原さんの話、したよね?」
渡辺「僕はハイ、聞いてます」

この瞬間、胸がキュッ。

ウッチャンナンチャンは雲の上の存在

バカリズム「今までは、俺らの代は、同じマセキ芸能社だけど、南原さんとか、ウンナンさんとかって本当、雲の上の存在じゃん」
渡辺「そうですね」
バカリズム「なかなかこうね、前説とかしても、あの〜、まあ本当、楽屋に挨拶に行くぐらい、まともな会話ってしたことないじゃん、ね、それぐらい離れてる、世代もそうだし、間にいる人がいないからさ」
こばやし「うん、そうですね」
バカリズム「恐れ多いというかね、で、初めて、この間がっつり南原さんと絡ましてもらったのね、トークライブ呼んでもらって」
こばやし「すごいですね〜」
バカリズム「そこで初めて・・・、すごい良くしてくれたのね、『ウンナンさん、すごい好きだったんですよ〜』とか話をして、すげ〜良くしてくれて、そのライブでもおいしくしてくれたっていうか、いろいろやってくれて、すごいイイ人だったのね」
こばやし「はい」
バカリズム「で、打ち上げに行こう、ってことになって」

バカリズムさんは、「お客さんより僕の方がウンナンのこと好きですからね」みたいなことまで仰ったとか。^^;

バカリズム「で、あの〜、南原さんのイメージって言ったらさ、割とまあ、すごい知識あるじゃん」
渡辺「はい」
バカリズム「だし、ちょっと、アニキ肌的印象あるでしょ?」
こばやし「そうですね」
バカリズム「どっしりしているというか、で、いろいろ賢くて、あの〜、まあ男気のあるイメージ」
渡辺「しっかりしている方なんだなって」

このナンチャンに抱いていたイメージが、打ち上げの席で徐々に崩れていきます。

ナンチャンは天然かもしれない

バカリズム「ちょっと・・・、そんときに初めて分かったんだけど、ちょっと天然なんじゃないか?と」
こばやし「(驚いた様子で)へえ〜」
バカリズム「って言うのは、打ち上げ行って・・・、ふふっ、鍋のお店なんだけど、俺の座った席が、俺と南原さんと与座(元ホーム・チーム)の3人だったの、で、俺の隣の席が、その隣の席がスタッフの人達の席」
こばやし「はい」
バカリズム「そこ、鍋のお店で、あの〜、豆乳鍋とカレー鍋が選べる、で、南原さんに『豆乳鍋とカレー鍋選べるんですけど、南原さんどうですか?』って言ったら、ちょっと考えて・・・」
南原「豆乳だな!
渡辺「ふっふっふっふっ」
バカリズム「って言ったのね、正直、あの〜、俺はカレーがよかったの、まあまあまあ、カレーは大体無難だし、で、与座もカレーがよかったと思うんだけど、南原さん、大先輩が言うからそりゃもちろん豆乳だし」
こばやし「はい」
バカリズム「俺らなんかよりも散々いろいろウマイもん食ってきてるから、南原さんのほうが舌肥えてるから、ここは南原さんに任せて・・・、俺は豆乳食ったことなかったから、豆乳にしようと豆乳鍋頼んだの」
こばやし「はい」
バカリズム「隣はカレー鍋、頼んだの」
こばやし「ほぉ」
バカリズム「こっちとのバランスを考えてなのか、分かんないけど」

ナンチャンの一言で豆乳鍋に決定。しかし、

バカリズム「鍋が来て、初めて食ったのね、で・・・あんま(おいしくない)なのよ」
渡辺「ああ、味が」
バカリズム「俺は、豆乳鍋はないな、と」
渡辺「ほぉ〜」
バカリズム「コレ全然だ、与座見ても、与座もあんま顔してんのね」
渡辺「ふっふっふっ」
バカリズム「で、南原さんは全然食わねえの」
(渡辺・こばやし笑)
バカリズム「一応まあ、南原さん隣にいるから、『南原さん、よそいますけど』・・・」
南原「ああっ、いいよ、いいよ」
バカリズム「つって、から揚げ食べてるの」
こばやし「はっはっはっはっ」
バカリズム「で、3人前の鍋だから、やっぱ南原さんにも食べてもらわないと、ちょっとしんどいわけ」
渡辺「はいはい」
バカリズム「俺と与座2人だと、で、あんまだし、まず」
こばやし「ええ」
バカリズム「向こう側はカレー鍋旨そうなの、ふふっ、うわ〜と思いながらなんとか食って」

もしかしたら「たくさん食べていいぞ!」というナンチャンなりの心遣いなのかもしれません。でもそれなら鍋の種類も選ばせてあげれば・・・やっぱ天然さん?^^;
ナンチャンの天然っぷりは、これで終わりません。

バカリズム「そしたら店員さんが来て、『あの、締めはどうなさいますか?』と、雑炊とうどんがありますと、で、もう正直、腹いっぱいなの」
こばやし「はい」
バカリズム「もういいんだけど、まっ、どうしてもって言うんなら、まだうどんのほうが食べやすい」
渡辺「ツルッといけますからね」
バカリズム「俺も与座もうどんだったの、後で聞いたら、うどんがよかったって言ってたの」
こばやし「ほぉ」
バカリズム「で、南原さんに聞いたら・・・」
南原「雑炊だな!
(渡辺・こばやし爆笑)
バカリズム「マジっすか!って思ったけど、『分かりました、じゃあ雑炊で』って、ふっふっふっ」
渡辺「はっはっはっはっ」
バカリズム「で、また雑炊来て、雑炊食う、これはもう本当きついから、『南原さん、よそいましょうか?』つったら・・・」
南原「いや全然、食っていいよ、食っていいよ」
バカリズム「で、すごいしゃべってるの、漫画の話をすっげ〜熱く語ってるの、一切雑炊に手をつけず」
(思い出し笑いが止まらないバカリズム)
バカリズム「すっげ〜きついな・・・と思いながら、なんとかたいらげて」
こばやし「はい」
バカリズム「あぅ・・・となって、トイレに行って戻って来たら・・・南原さん、隣の席でスタッフとしゃべりながら、カレー鍋とうどん食ってるの
(渡辺・こばやし大爆笑)
バカリズム「ええ〜!!失敗だったんじゃん!」
こばやし「はっはっはっはっ、すげ〜」

でもそんなところが魅力的だ、と語るバカリズムさん。

バカリズム「南原さんは面白い」

渡辺「南原さん、(豆乳鍋の)味ちょっとでも見たんですか?」
バカリズム「いや、全然食ってないよ」
渡辺「見た目で・・・」
バカリズム「一切、手つけてない」
渡辺「ほえ〜」
こばやし「すごいですね〜、めっちゃ面白いですね、ふふっ」
バカリズム「うん、南原さん、面白いよ
渡辺「すげ〜な〜」

嬉しい言葉、いただきました。

1 2 3 4 次のページ