笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

ダイノジ大谷を変えたタカ(タカアンドトシ)の言葉

「人との出会い」について考えることがたまにあります。
そのときは必ずダイノジがしていた話を思い出すんです。

人生は勉強より「世渡り力」だ!

2009年1月配信の「ダイノジのよしもとオンライン」。

番組の後半、お互いの社交性について話題が及んだとき、

おおち「大谷さんのほうが本当は、なんか陰にこもってるイメージあるけど、全然アウトドアな」
大谷「去年あたりから、どこでも顔を出すようにしていますからね、はい、パーティ野郎ですよ」
おおち「ねえ」
大谷「で、ここでお話なんですけど、なぜそういう風になったかは、この本に全部詰まってますので、是非とも」
(本を掲げる大谷)
大谷「コレ、今一番僕が読んでて面白い、『人生は勉強より「世渡り力」だ!』っていう、ふふっ、タイトルはちょっとどうかな?って思うんですけど、岡野雅行さんというですね、世界最高峰の金型を作る、あの〜、要するに技術者ですね」
おおち「はい、はい」
大谷「で、元々でっかいサイズの本も出してたんですけど、それは帯はビートたけしさんが、『今の時代、絶対この人の言葉を聞いとけ』っていう人なんです」
おおち「ほぉほぉ」
大谷「でコレ(文庫サイズ)は、村上龍さんが書いてるんですけど、テニスボーイね、元祖テニスボーイ」
おおち「テニスボーイ、はっはっはっはっ」

テニスボーイがツボに入った大地(おおち)さん。^^;

人生は勉強より「世渡り力」だ! (青春新書インテリジェンス)

人生は勉強より「世渡り力」だ! (青春新書インテリジェンス)

なぜ、この本がオススメなのか?

大谷「これは芸人だけじゃなく、俺は芸人は特にそうだと思うんですよ」
おおち「うんうん」
大谷「あの、俺がなんでこんなにおしゃべりで、押し付けがましくしゃべるかって、実はこの場を借りてトレーニングしてるんですよね」
おおち「うん」
大谷「ずっとそれが出来なかったから」
おおち「はいはい」
大谷「面白いヤツってのは様子を伺って、じ〜っと見て、なんか興味ないですよってところで、ボソッとしゃべるヤツが」
おおち「その一言が面白いという」
大谷「絶対そうじゃないんですよね」
おおち「うん」
大谷「そういうヤツって本当に一握りの天才だし、そういう天才の人だって、裏ではものすごく行動的にいろんな人と会ったりだとか」
おおち「うんうん」
大谷「コレ(『人生は勉強より「世渡り力」だ!』)ってのはやっぱ、人と会うことで得る情報が一番大事だ、会ってまず入っていく事が大事だと」
おおち「(深く感心しながら)ほお〜」
大谷「で、義理とか人情とか、そういうことが大事だと、まあ当たり前のこと書いてんだけど、それをものすごい漫談として、すごい面白い状態で書いてるわけ」
おおち「へぇ〜」
大谷「仕事とか学校とかでも、ちょっとこれから夢とか持っている人に、すごいオススメしたい」

昔の自分たちは殻に閉じこもっていて勘違いしていた、と語るダイノジ。それを変えてくれたのがタカアンドトシのタカだったと言います。

バカ騒ぎできるヤツが一番偉い

大谷「俺も・・・、要するにそれが出来なかったのね、で、大地(おおち)さんも実は出来ないじゃないですか」
おおち「そう、俺ら2人ともそうなんだよね」
大谷「でも本当はやっぱいけないなと思って、一昨年ぐらいから、あの〜、顔を出す、面倒くさくても、で、それはなんでかって言うと、当時タカアンドトシのタカがね、言ってくれたんですよ、それを」
おおち「うん」
大谷「その〜、俺がね、なんかこの・・・、(ペナルティ)ヒデさんの結婚式のパーティーがあって」
おおち「はいはい」
大谷「俺、ヒデさんとそんなめちゃくちゃ遊んだことないけど、招待状が来たんすよ」
おおち「うん」
大谷「だから俺、こういう面倒くさい性格だから、悩んじゃったんですよね、俺なんかが行っていいのかな・・・」
おおち「祝福出来んのかな〜ってね」
大谷「したら、そのときに、タカが『行ってくださいよ』と、後輩のタカが言ったんですよ、それは『普段そういうトコに行かない人が来て、喜び、祝福してやることが、一番人を喜ばせることなんですよ』みたいな、要するに顔を出しただけで、おめでとうと言うだけで、そして、そこで騒いでやることで、それが何よりも一番相手が喜ぶことだと」
おおち「うん、うん」
大谷「今までの俺は、敢えて行って、その人との関係性を考えて、影で面白い一言、みんなが言わないような一言言ったら、格好いいんじゃねえかと思っていたけど、違うんだ、ああいうとこでバカ騒ぎするヤツが一番偉いんだ」
おおち「うん」

大谷さんの鼻の調子が悪くて一旦退室すると、大地(おおち)さんが大いに語り出す、という意外な展開へ。

たかがお前のことなんて世の中誰も見ちゃいない

大谷「それで、ヒデさんのときに、もう後ろに昔の(銀座)7丁目劇場の人達がいっぱい居たんだけど、それがやっぱ・・・ちょっと鼻かんでいいですか?」
おおち「はっはっはっはっ」
大谷「ちょっと大地(おおち)さん、しゃべってて」
(大谷退出)
おおち「いやでも確かにそうよ、前、誰かの結婚パーティーのときも、大谷さんが来てスッゲー騒いでたの、そんときにあの〜、ある芸人さんは騒いでる俺達をこういう(片肘をついて一歩下がってる)感じで見てたのかな・・・、なんかそれが腹立って、後輩なんだけど、後で『なんでお前、ああいうとき騒がねえの?』って、そこで騒いでこそ主役が喜ぶのに、大体、誰もお前がこんなの(片肘姿勢)やってるの見てねえよ、1人こうやってるだけで・・・、なんか満足してんのお前だけだから
(大谷戻る)
大谷「そう、お前なんかね、誰も見てないんだよ」
おおち「誰も見てねえ!」
大谷「お前が格好つけてね、後ろでこうやってる(片肘ついてる)ことなんかね、誰もなんとも思ってない」
おおち「誰も思ってねえ」
大谷「これはね、昔の俺達に言いたかったよ」
おおち「そう、本当そう」

この話に関連して、ナイナイの矢部さんから言われた言葉について。

ナインティナイン矢部の一言で楽になれたダイノジ

大谷「俺、1回、TBSの番組でさ」
おおち「あれな〜」
大谷「どうやって出ていいか分かんないでさ、無理から出たんだよな」
おおち「うん」
大谷「これでウケなくて、『ウケなくてすみません』って、そんとき司会のナインティナインの矢部さんに言ったんだよ」
おおち「はい」
大谷「矢部さんが一言言ってくれたんです、『誰もお前らのことなんか見てへんで』って」
おおち「うん」
大谷「でもそれが、スッゲーそんとき、ありがたかったんですよね、『あっ、そうなんだ』と、俺は今まで、みんな俺を見てる」
おおち「そう」
大谷「違うんですよ」
おおち「だから絶対スベっちゃダメだとかね」
大谷「もうね、そういうヤツがね、世の中で一番つまんないですよね」
おおち「うん」
大谷「ってときに、これは今まで俺は行かなかったけど、全部行こう!と、例えばフェスの打ち上げとかも、呼ばれてないのに俺達2人で行って」
おおち「うん」
大谷「一番前でね、社長を『よっ!社長!』」
おおち「『よっ!社長!』、でもそれが出来るようになったのはすごいよ」

人と会う積極性だけでなく、人に可愛がられるようにもなれと。

可愛がられる人間になれ

大谷「俺達は可愛がられない理由があるんですよ、要はコレ(『人生は勉強より「世渡り力」だ!』)にもそれが書いてあるんですけど、人に可愛がられるようになれよと」
おおち「うん」
大谷「その中に入っていって、ぶつかって、例えば、厳しい人から『二度と来んじゃねえ!』と言われるかもしれない、でも関係性をちゃんと築いていけば、『二度と来んじゃねえ!』と言われても次の日、『また来たのかお前、しつこいな、今日面白い話があるんだよ』という風になるのが人間だってことを、岡野さんは言ってるんですよ」
おおち「ふ〜ん」
大谷「って言ったときに、俺はやっぱりその・・・、20代のときにそれが本当に出来ない、欠けてた人間で、30になっても出来なくて、良くなかったな〜と思うよね」

私自身も人との出会いには積極的でないからでしょうか、この話は本当にしっくりきちゃったわけです。
あと、COMPLEX「RAMBLING MAN」が人生ベスト10に入るぐらい好きな曲なんですが、それも思い出しちゃって。この話聞いて。誰も見ちゃいないってことは、やりたいようにやれる、ってことですもんね。^^;
ビートたけしの「人生に期待するな」のように人生のハードルを下げてくれる言葉のほうが、私の心に突き刺さり、とどまり続け、そして、前を向けるんです。

タカアンドトシ単独ライブ in 日本青年館 勝手に!M-1グランプリ [DVD]

タカアンドトシ単独ライブ in 日本青年館 勝手に!M-1グランプリ [DVD]