読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

不自由さの中で工夫することの重要性を語るダイノジ大谷

先日、あるラジオ番組で、ダイノジ大谷さんが子育てについて熱く語っていました。大谷さんの熱さが苦手な人もいるかと思いますが、私はたまらなく好きなんです。^^;
といったわけで、今回はこちらを紹介させてください。

鈴木おさむプロデュース LOVE QUESTIONS 100

鈴木おさむプロデュース LOVE QUESTIONS 100

子供には専用の子供部屋を与えるべきか

2011年7月9日放送の「鈴木おさむ考えるラジオ」。

パーソナリティは鈴木おさむ。アシスタントはTBSアナウンサー出水麻衣。
今回のテーマは「子供には専用の子供部屋を与えるべきか?」。様々な意見が紹介される中、電話で意見を述べるダイノジ大谷。

鈴木「続きましては親の立場の意見を聞いてみましょう、実際に子育て中の芸人さんで、ツイッターでこの番組すごく面白いと言ってくれた方ですね」
出水「うわ〜、嬉しいですね〜」
鈴木「子供部屋に関する悩みはあるんでしょうか?」
出水「趣味は子育てと公言している、お笑いコンビダイノジの大谷ノブヒコさんです」
大谷「あ〜、どうも、はじめまして〜」
鈴木「大谷君、どうもです〜」
出水「よろしくお願いします」
鈴木「大谷君、ありがとうございます、ツイッターに熱く書いてくれて」
大谷「いや、とんでもないです、あの〜本当、今時ないぐらいの前のめりなラジオで」
出水「はっはっはっはっ」
鈴木「ふっふっふっ、そうですね」

まずは基本的なことから。子育てのポリシーを尋ねます。

子供に好かれようとは思わない

鈴木「え〜、大谷君は、お子さん今何歳ですか?」
大谷「今4歳で、再来月5歳になりますね」
鈴木「男の子」
大谷「はい、男の子です」
鈴木「かなり育児してますよね」
大谷「ん〜、まあでも、やっぱこの仕事なんで、やれることは限界ありますけど、なるたけ一緒にいるようにはしたいな、と思いつつやってますけどね」
鈴木「ポリシーはなんですか?子育てのポリシー、こだわり」
大谷「ポリシーですか・・・」
鈴木「うん、なんかこだわってることとか」
大谷「まあ、要するに期待しないってことですね」
鈴木「期待しない?」
大谷「はい、子供のことは全然期待しないってことですね」
鈴木「えっ、なんでなんで?」
大谷「だから、あれですよ、期待しないって、子供の将来を期待しないじゃなくて、子供に好かれる好かれないってことを期待しないようにしてますね
鈴木「え〜!だって、好かれるかどうかって気になるとこじゃないですか」
大谷「でも、どっちかが叱ったりしたら、その〜、僕が叱る立場になんないと・・・、だからどっちかだと思うんですよね、逃げ場は母親にしておいて、僕が叱ったら母親に逃げるみたいな、母親がちょっと女性ですから感情が高ぶってしまったときは、うちに逃げはしますけど、基本的には、俺、子供に好かれなくてもいいからしっかり叱ろうって気持ちのが強いですね

今回のテーマである「子供部屋を与えるかどうか」について話題が移ると、大谷さんはある本を紹介します。

天才を作った親たちに共通すること

鈴木「さあ、そんな大谷君に聞きたいんですけど、子供部屋っていうのを・・・、今現在、子供部屋はまだないでしょ?」
大谷「今ないですね、はい」
鈴木「これからどうします?」
大谷「あの〜、おさむさん、吉井妙子さんという方の本で、『天才は親が作る』って本があるんですよ」
鈴木「はいはい」
大谷「すっごい面白くて、これは、金メダル獲った清水選手とか、イチローさんとか、あと大リーグ行った松坂さんとか、ああいうアスリートの人達全員に、その〜要するに天才を作ってきた親にインタビューしたっていう本なんですよ」
鈴木「ほぉほぉほぉ」
大谷「で〜、これ、実はこの天才たちに共通項が2つだけあって」
鈴木「なんすか?」
大谷「ひとつは小学校のとき必ず裸足で運動してると、で、もうひとつは、必ず父親と家族そろって食事してるんですよね
鈴木「へぇ〜」
大谷「それを必ず徹底してるんですよ」
鈴木「うん」
大谷「だから松坂投手とかは、友達の家泊まりに行ったときに、友達が親と一緒に食事をとってないことに、『えっ!こんなことあっていいの?』みたいな感じのリアクションとかしてるんですって」
鈴木「(深く納得するように)ふ〜ん」

天才は親が作る (文春文庫)

天才は親が作る (文春文庫)

そんな前置きから、子供部屋についての大谷さんの考えを披露。ここからさらに熱さが増します。

ダイノジ大谷が考える子供部屋の必要性

大谷「僕は、だからもちろん、子供が欲しいと言ったとき考えるとは思うんですけど」
鈴木「うん」
大谷「基本的には僕、必要ないと思ってるんですよね」
出水「はい」
大谷「だからその、いわゆる自由とかを、曖昧になにか与えてるのって、ちょっと親として」
鈴木「うん」
大谷「親がよく言うじゃないですか、なんかその、子供を自由に育てたい、子供の思うように育てたい、もちろん!それは大事なことで、これは言っちゃいけないけど、僕本当の意味で、親の所有物でいいと思うんです」
鈴木「ふ〜ん、子供は」
大谷「ただそれは、逆に言えば、自分が必ず責任を持って育てるんだっていう、気概の表れでもあるんですね」

「子供は親の所有物でいい」は、いかにも大谷さんらしい表現だな〜と思いましたね。

大谷「たとえば僕、10代のときパソコンがあったら、自分の部屋にあったら、絶対2ちゃんねるやってたと思うんですよ」
鈴木「うん」
大谷「で、2ちゃんねるが悪いとか言うんじゃなくて、2ちゃんねるって捌け口じゃないですか、捌け口を、その思春期の人間に与えるのがイヤなんですよ、僕は溜まってるモノは溜めてほしいんですよね」
鈴木「うんうん」
大谷「悶々として欲しいんです、だから不自由さの中で何かを工夫するってことはすごい大事なことで
鈴木「やっぱさ、俺らの頃って、大谷君なんかも田舎じゃないですか」
大谷「そうです、そうです」
鈴木「映画もね、ちゃんと観れなかったりだとか、テレビが映らない、多いじゃないですか」
大谷「そうそう」
鈴木「でも、その不自由なことの中から見つけてきたら・・・、やっぱり子供部屋があって自由すぎると、逆に考えなくなってしまうんじゃないかって」
大谷「そうなんですよ、だから見つけたときの喜びってありましたよね、僕らのときって」
鈴木「うん、うん」
大谷「オタクの人って大好きなんですよ、僕全然それでもいいと思ってますし、だけど、さっきも言いましたけどすごいシンプルなことですよね、家族と食事をとるとか、コミュニケーションをとらないで、どんどん自分の世界に引きこもっていくのは、俺はやっぱりあんまり好きじゃないですね」
鈴木「そうだね〜」
出水「そうですね」

子育てに対して語る大谷さんも前のめりでした。聞けば、札幌のススキノを歩きながら、ホテルに向かっている最中の電話だったそうです。^^;
鈴木おさむさんはこの後、「大谷さんには反対だ」という意見も送ってくださいと呼びかけ、「子供部屋は与えるべきだ、子供にもプライバシーはある」という意見も紹介していました。
余談ですが大谷さんの「子供に好かれることを期待しない」発言を聞いて、爆笑問題の年末特番で放送された、家田荘子さんのコメントをなんか思い出しました。

子供に嫌われたくない親が増えてきた

2008年12月27日放送の「平成ニッポン20年史!」。

平成に起こった少年犯罪を映像で一気に振り返った後、数々の少年少女を取材している作家の家田荘子さんが、少年犯罪の変質についてこう分析していました。

痛みが分からない子供たちが多くなっていると思いますが、でもその子供たちの背景に親たちの問題がある、と私は思います
かつては子供を怖がっていた時代もあったんですね、親が
その後、今度は子供と仲良くしようとする親が増えたんですね
それから子供に嫌われたくないと思う親が増えてきて
かつてのような親が怖いとか、親が怒るとか、叱ったり褒めたりする、そういう教育が出来にくくなってきたんではないかと思います

まさに「考えるラジオ」の名の通り、私も考えさせられましたね。

少女は、闇を抜けて―女子少年院・榛名女子学園

少女は、闇を抜けて―女子少年院・榛名女子学園