笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

内村プロデュース時代の三村マサカズはギラギラしていた

お笑い芸人が売れ続ける難しさについて、なんとなくですけど考えることが最近増えました。
その難しさについては、それこそお笑いを好きになった瞬間から認識しているつもりなんですが、同じ世界で生きるお笑い芸人がこのテーマについて語り出すと、その言葉は重く、経験に裏打ちされた深いモノに聞こえてきます。
で、こんなことを改めて考えるようになったのは、オードリー若林さんがゲストで出たTOKYO FM「よんぱち」がきっかけでした。

ダ・ヴィンチ 2013年 06月号 [雑誌]

ダ・ヴィンチ 2013年 06月号 [雑誌]

人を笑わすということの本質が見えてくれば

2011年6月17日放送のTOKYO FM「よんぱち 48hours」。

パーソナリティは放送作家の鈴木おさむ、柴田幸子。ゲストはオードリーの若林正恭。若林さんへの最後の質問で、ど真ん中なことを尋ねる鈴木おさむさん。

鈴木「夢が叶うか、叶わないかって、何が違うと思います?」
若林「叶うか、叶わないか・・・」
鈴木「上手くいくかどうかって、運って」
若林「はい」
鈴木「運ってどっちだと思います?その、運って、実力で手に入るもんですかね」
若林「運は・・・、うわ〜、そうですね、なんか、人を笑わすということの本質みたいのを捉えてたら、運もついてくると思うんですよ」
鈴木「あ〜、うんうん」
若林「だけどその、自分が・・・、自分の欲とかが勝っちゃってると、運はついてこないのかな?って最近は、思ったりも」
鈴木「あ〜」
若林「もう結構、ホントになんかもう、なんだろう?哲学みたいなトコに行っちゃうんで、ふっふっふっ」
鈴木「ふっふっふっ、なる、なるよね」
若林「はい、まだ分からないですけど、難しいところですね」
鈴木「うん」
若林「で、『アイツ売れたな』つって、みんなが『なんで?』って言っても、ホントに3年後、全く出なかったりとか、リアルな話・・・」
鈴木「あります、あります」
若林「あるんで〜、10年、20年残ってる人となると、やっぱそういうトコなのかな〜って」

自分次第で運を手繰り寄せることが出来る、と若林さんがハッキリ言った時は震えましたね。後でちょっと濁していますけど。^^;
では、そうやって運をつかんで、売れることに成功したお笑い芸人。それを継続出来る人とそうでない人を分ける要素とは、一体なんなのでしょうか。考えていると、バナナマンのラジオにさまぁ〜ず三村さんがゲスト出演したときの放送が、ふと思い出されたのでした。

お笑い界では毎年2組の脱落者が出る

2010年10月22日放送の「バナナマンのバナナムーンGOLD」。

ゲストにさまぁ〜ず三村マサカズ。今後のバナナマンについて、設楽さんが三村さんへ相談。

設楽「まずバナナマンのこれから、近い未来、こんな感じになったらいいんじゃないか、どうしたらいいのか?」
日村「あ〜、すごい、そこもう核だね、それね」
三村「いや、バナナマン、このまんまいったらこう・・・、なんかこう、なんだろうな」
日村「はい・・・」
三村「みんながみんな、脱落者が年に2組ぐらい出ている気がするわけ」
(バナナマン笑)
三村「今、実戦でいる人達の中から、脱落者が」
(日村笑い止まらず)
三村「いやだってそういう歴史だもん!お笑いって」
設楽「まあまあ、そうですね」
日村「そうなんですよね」
三村「ね、このまんま、じゃあこの今37、38(歳)、バナナマン、おぎやはぎ、この辺のラインの人達が全員」
設楽「はい」
三村「1年後、2年後、ドンッて残ってるかって、そんな例ないからね、そんなかで、つまんなかった人達が2組必ず消えていくから」
設楽「ひっひっひっひっ、こえ〜話だな〜!」
三村「はっはっはっはっ」
日村「(三村の言葉をかみ締めながら)う〜いや〜、もう〜」
三村「だから、オモシロ続けなきゃいけない
日村「なるほど」

お笑い界は、まさに生き馬の目を抜く世界。そこで、山あり谷ありの芸人人生を歩んできた三村さんの言葉だからこそ、説得力があります。

内P時代の三村マサカズ「俺はもっと面白くなりたい!」

ここで、三村さんの言葉を裏付けるようなエピソードを設楽さんが話し始めます。

設楽「だって、俺ら、驚異的だったのが、あの〜『お笑いさぁ〜ん』に行ったときも話したけど」
日村「うん」
設楽「あの内Pのときのさまぁ〜ずさんが、三村さん、その当時まだ言ってもあれ〜、3、4年前ですかね?」
日村「もう内P最後の」
設楽「とかぐらいですかね、もう、『俺はもっともっと面白くなりてえ!』って、すげ〜言ってて」
日村「うんうんうん」
設楽「もうコントもね、面白い、その、大喜利とかやってもすげ〜面白くって、さまぁ〜ずさん」
日村「面白い」
設楽「うわ〜、すげ〜な〜って思ってて、でも、飲んでたりすると『俺はもっと面白くなりたい!もっと!もっと!面白くなりたい!!』って、ずっと言ってたから、この人すげ〜な〜って思いましたもんね、恐ろしいなって」
日村「うん」
三村「なんだろうな〜、面白さへの嫉妬がもう半端ないんだよね
設楽「はっはっはっはっ」

内P時代の三村さんはウッチャンにもライバル意識を燃やしていて、打ち上げの席で酔いが回ると、ウッチャンに勝負をけしかけたりしていたそうです。後になって、その他人を蹴落とそう的な考えは違うんじゃないか、と気付いたそうですが。^^;

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD DVD

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD DVD

売れたからってそこで安心してしまうと、そのうち脱落させられてしまう。売れたらさらにアクセルを踏んで、走り続けないと、長く活躍することは出来ない。三村さんの言葉を聞いていたら、ある番組で、さまぁ〜ずがウッチャンに対して何気なく語っていた風景が自然と蘇ってきました。

ウッチャンに最大級の褒め言葉を送るさまぁ〜ず

そのある番組とは、

2006年1月放送の「さまぁ〜ず げりらっパ」。

ゲストは映画「ピーナッツ」宣伝のために、名古屋へやってきた内村光良。
バラエティ番組ってことで、さまぁ〜ずチームとの雪合戦で勝利したら宣伝をしてもいい、という条件がスタッフから言い渡されます。しかし、この映画に出演しているさまぁ〜ずには勝ちに行く理由が全くありません。^^;
そんなよく分からない設定で番組は進行。雪合戦の直前、スタッフがさまぁ〜ずに意志を確認します。

スタッフ「本当にちゃんと、内村さんに玉をぶつけれますか?」
三村「ぶつけれねえよ」
スタッフ「ぶつけてくださいよ」
大竹「あれ、危ねえぜ」
三村「あの〜・・・、結構あの〜、こうやって近い存在なんだけど、あの人本当にアレだからね、大物だからね」
大竹「そう」
三村「年こそ3つしか違わないけど、あの人、15年間ぐらい売れ続けているからね
大竹「そうなんだよ!ず〜っと売れてる人だから、(遠くで雪合戦の準備をする内村光良を見て)そんな人いないから」
三村「俺ら、言ってもここ5年ぐらいだから、はっはっはっはっ」
大竹「(笑顔の三村とは対照的に真面目な顔で)たいしたことねえ」

最初は、「確かにウッチャンはすごいよね!」とファン丸出ししたぐらいで、特に気にも留めていませんでした。しかし、バナナマンのラジオで語っていた三村さんの口から出た「売れ続けている」という言葉だと考え始めると、実はウッチャンに対する最大級の褒め言葉であったんだと思わざるを得ず、胸が熱くなってしまいました。