読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

オードリー若林はエレファントカシマシが好き

TOKYO FM「よんぱち」に、オードリー若林がゲスト出演しました。
この番組のパーソナリティは、放送作家の鈴木おさむ。今年の8月5日からグローブ座にて、鈴木おさむ脚本・演出の舞台「芸人交換日記」が始まります。それにオードリー若林と田中圭が、お笑いコンビ役として出演するのです。
今日はその宣伝ということで若林さんはゲストに呼ばれたので、この舞台とは全く関係ない春日さんは阿佐ヶ谷でお留守番だそうです。^^;

芸人交換日記 [DVD]

芸人交換日記 [DVD]

オードリー若林はマサヤス

2011年6月17日放送のTOKYO FM「よんぱち 48hours」。

パーソナリティは放送作家の鈴木おさむ、柴田幸子。ゲストはオードリーの若林正恭。

鈴木「TOKYO FM『よんぱち』、この時間のゲストはオードリーの若林君です、どうもで〜す」
若林「よろしくお願いします〜」
鈴木「若林君、若林正恭(マサヤス)って名前なんですね」
若林「マサヤスって名前なんですよ、ふっふっふっ」
鈴木「ふっふっふっ、若林正恭ってのが原稿に書いてあって、あっ、『マサヤス』って言うんだ〜って」
若林「そうなんですよね、長いんですよね、名前が」
鈴木「『マサヤス』っていうのは誰が居ます?家族?」
若林「家族ですね、主に」
鈴木「友達はどっちでしたか?」
若林「友達は、『マサヤス』って呼ぶ人居なかったですね〜、『ワカバヤシ』とか、『ワカ』って感じですね、先輩とかも」

若林さんの名前がイジられたところで、今日のテーマ「家族に面と向かって言えないコト」について聞いていきます。

M-1でやっと親父に認められた

お笑い芸人として全く芽が出ていない頃、親父から「実家に上がるな」と言われたことで家を出て行ったりしたので、親とはかなり疎遠であったと話す若林さん。

若林「僕もその〜、やっぱり親の気持ちになったら、大学まで出させたってのも分かるんで」
鈴木「うん」
若林「で、(家を)出て、そのあとの2008年のM-1グランプリで、準優勝になったことがあるんですけど」
鈴木「うんうん」
若林「その明けた1月、正月に、親父が『帰って来い』つって、ようやく実家に上がれるようになって、そのときになんか・・・、やっぱM-1効果っすね、親父が『よくやった』みたいな」
鈴木「あっはっはっはっ」
若林「今まで口も何年間もきかなかったのに、偉そうになんか、自分で漫才のネタみたいの書いて渡してきて」
鈴木「はっはっはっはっ、親ってそういうもんだよね」
若林「そうですね〜」
鈴木「今、仲良いですか?」
若林「今すごい仲良くて、いろいろ話しますね」

このあと、親に褒められたい願望があると明かす若林さん。そんなことを思う若林さんを珍しがる鈴木おさむさん。

鈴木「舞台とかって、見に来るのかな?」
若林「それが来るんですよ、2人(両親)とも」
鈴木「マジで?ふっふっふっ」
若林「結構、真っ先になんかあの〜、『行きたい』つって、で、僕ちょうど、この『芸人交換日記』の中身が」
鈴木「うん」
若林「結構こう、青春をもがくんで、2人はね、僕のことをまだね、プラプラしてただろうと思ってるんです」
鈴木「あ〜、なるほどなるほど」
若林「この20代を」
鈴木「どんだけ苦しんでたかを分かってない?」
若林「全然、分かってないんですよ」
鈴木「あっはっはっはっ」
若林「だからこの『芸人交換日記』でね、こういうことだったんだぞ!っていうのをね」
鈴木「はっはっはっ、知らしめてやりたいと」
若林「そうです、だから来る日はね、ちょっと力入っちゃうかもしれないです」

さらに春日さんは見に来るのか?やっぱそれが一番気になりますね。^^;
ここで、若林さんのリクエスト曲が流れます。その曲は、

エレファントカシマシ「笑顔の未来へ」


曲が終わり、

鈴木「お聞きいただきました、エレファントカシマシで『笑顔の未来へ』です、え〜、エレカシ好きなんですか?」
若林「エレカシ好きで、日比谷の野音とかだと、ライブだと音が漏れてくるんですよね、外に
鈴木「うん」
若林「だからお金ないときは、よく野音に通い詰めてましたね
鈴木「あっはっはっはっはっ」
若林「焼きそばだけ買って、外で盗み聴きするっていう、エレカシを、ふっふっふっふっ
鈴木「エレカシか〜、そうか、エレカシもやっぱアリだな、丁度ね」
若林「はい」
鈴木「今その、『芸人交換日記』の音楽を1曲ね」
若林「ああ〜」
鈴木「ちょっとテーマ曲を決めようと思って、それでまあ、あの〜、いろいろと権利関係もあるんだけど、なんか1曲決めなきゃってず〜っと思ってて、何が良いかな?何が良いかな?って、1曲候補はあるんですよ」
若林「はいはい」
鈴木「確かにエレカシもアリかもしれないですね〜」

エレファントカシマシの話題でイキイキするオードリー若林

若林「エレカシいいんですよ〜、ドキュメンタリーがあって、曲を作るときの」
鈴木「うん」
若林「ず〜っと追う、なんか、1回すごい稼いで、一気にお金がなくなっちゃったみたいなんですよね、大人のなんかで」
鈴木「うんうん」
若林「それで普通の公団住宅みたいなところに、今住んでて」
鈴木「今?」
若林「電車でいろんなとこ行くんですよね、宮本さんって」
鈴木「あっ、そうなんだ」
若林「それがすっごい面白かったんですよね〜」
鈴木「へ〜、エレカシでなんの曲が好きですか?」
若林「いや、やっぱり僕は『今宵の月のように』とか、そういう代表曲もなんですけど、『笑顔の未来へ』も好きですし、最近の曲も結構好きですね」
鈴木「ちょっと聞き直してみます、エレカシ」
若林「はい」
鈴木「やっぱ演者のね、気持ちが入ったほうがいいんで」

果たして、舞台「芸人交換日記」のテーマ曲は何になるのか?まさに「刮目(かつもく)せよ!」ですね。

扉の向こう [DVD]

扉の向こう [DVD]