笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

博多華丸が最後の晩餐に選ぶなら絶対「どきどきうどん」

今回は博多華丸・大吉のことについて書きたいです。なぜか?
それは最近の出来事と絡んでとかでは一切無く、このブログで博多華丸・大吉のことに触れてない期間が結構長いよね、と。ただ単にそれだけの理由です。^^;
渋谷にある無限大ホールという舞台でやっていた初期のヨシモト∞。オリエンタルラジオ司会で、ゲストに博多華丸・大吉。食に関するテーマで両者がトークを繰り広げたことがありました。このときの話が印象深くて、今でも記憶に残っているので、今回はこちらを紹介させてください。

食べずに終われんばい! in 福岡 ?ごはん迷う芸人、博多華丸の大決断!? (ヨシモトブックス)

食べずに終われんばい! in 福岡 ?ごはん迷う芸人、博多華丸の大決断!? (ヨシモトブックス)

博多華丸が好きな食べ物は「どきどきうどん」

2006年5月5日の「ヨシモト∞」。オリエンタルラジオ「食トーク」。

ゲストの博多華丸・大吉が、それぞれ好きなモノと嫌いなモノを挙げてトークを展開していくんですが、博多華丸が挙げた好きなモノが意外でした。というか、初耳でした。

華丸「ちょっとコアなんですけども・・・」
中田「はい」
(好きな食べ物を書いたフリップを目の前に出す華丸)
華丸「どきどきうどん
藤森「どきどきうどん?」
中田「え、どきどき?」
大吉「キタキタキタ!」
中田「『キタキタキタ!』って、(お客さんを見渡しながら)全然分かってないですよ」
(スタジオ笑)

オリラジ、さらに渋谷にやってきたお客さんもキョトン。そこで「どきどきうどん」について説明を始める華丸さん。

華丸「いや、これ申し訳ない、九州、福岡の話で」
大吉「福岡のまあ、北九州限定みたいな」
藤森「北九州ですか」
華丸「北九州という、まああの〜福岡でも小倉(こくら)っていう、なんて言うんですか?新幹線で博多駅の手前で止まるところなんですけど」
中田「はい、分かります」
藤森「はいはい」
華丸「そこに!とある一部の地域で食べられる、通称『どきどきうどん』」
藤森「ほお」
華丸「うどん屋さんの名前じゃないんよね、うどん屋さんは10軒、20軒あって、それを全部ひっくるめて『どきどきうどん』って言われている」
藤森「へ〜」

食べられる場所は分かりました。では「どきどきうどん」という名前は一体ナンだ!?

「どきどきうどん」と呼ばれる説その1

華丸「で!なんで『どきどきうどん』って言うかというと」
中田「はい」
華丸「一説には・・・、コレっていわゆるあの、『牛のほほ肉を使った肉うどん』なんですよ
藤森「ほほ肉を?」
華丸「牛のほほ肉だけを使ったうどん」
中田「それが入っている」
華丸「そうそう、だから肉うどんの中でも、どっちかというとあんまりあの〜、いいトコの肉じゃないですね」
藤森「あ〜、そうなんですか?」
華丸「どっちかというと捨てるとこですよね、肉でも」
中田「あっ、そうなんですか?」
華丸「だって、あーた、牛やったら(お腹の周辺を示しながら)ここらへんのほうがウマかろうに」
藤森「まあまあまあ、ね」
華丸「あーた、(ほほを触りながら)ここ削がんでも」
(スタジオ笑)
藤森「貴重なのかなって思いましたけどね、逆にとれないから」
華丸「そうそうそう、だからちょこ〜っとだけっていう、で、ちょっと脂身もあって」
中田「ええ」
華丸「あの〜、油がギトギトしてるんで、ギトギト、ドキドキ・・・、どきどきうどん、っていう説と」
中田「あっ、ギトギトから来てるんじゃないかっていう説」
大吉「とにかくギトギトなんよ」

続いて、もうひとつの説。

「どきどきうどん」と呼ばれる説その2

華丸「もうひとつがですね、その〜、『どきどきうどん』がある地区がですね」
中田「はい」
華丸「非常にあの〜・・・、ガラのいい」
藤森「ええ」
華丸「え〜・・・、非常に品のいい人達が、いっぱいいらっしゃるところなんですよ」
中田「品のいい人がいっぱい?」
大吉「まあなんとなくね、察してもらわないと困るよ、ってことで」
華丸「まあちょっと逆手にとっていただければ分かるかと」
藤森「なるほど、なるほど」
華丸「非常にガラのいい地域でございまして」
藤森「はっはっはっはっ」
華丸「とっても優しそうなお兄さん、おばあちゃん、おばちゃんとかが・・・、え〜、非常にカジュアルな格好で食べておられると」
(スタジオ笑)
華丸「それを向かいに、(心臓に手を当てながら)ドキドキ、ドキドキしながら食べなきゃいけないという」
藤森「あっ、そういう説もあると」
中田「(深く感心するように)んん〜、へ〜、面白いですね〜!」
大吉「そういった説があって、『どきどきうどん』って呼ばれてる」

私の個人的な印象で言うと「説その1」が有力で、「説その2」は後付けのような気がしましたが、いかがでしょうか?^^;

華丸「これがね・・・、ほんっとに・・・ウマイ!」
藤森「美味しいんですか?」
華丸「(噛み締めるように)美味しいです」
中田「へ〜!それを他の地域で食べることって出来ないんですか?」
華丸「出来ないんです!」
大吉「聞いたことも、見たこともない」
中田「え〜、やっぱりドキドキする地区に行かないと・・・」
華丸「そう!これホント勇気いりますよ」
藤森「ふっふっふっふっ、意外っすね、やっぱり博多なんで、とんこつとか」
中田「ねえ、ラーメンとかね」
藤森「好きかと思ったら」
中田「もちろん好きですけども、ですよね」
華丸「もちろん、でも!もし最後の晩餐は?っていうときは、僕は完全にこっち(どきどきうどん)
藤森「あ〜、こっち(どきどきうどん)ですか」

数々の美味しいモノを食べてきたであろう博多華丸・大吉。その中から「どきどきうどん」を選んだ華丸さん、美味しさについて力説。

中田「新たな観光名所になるんじゃないないかと?」
華丸「いや!いや〜、でもね・・・」
大吉「でもね、ガイドブックには乗ってないんよ、実は」
中田「あっ、そうなんですか!地元の知る人ぞ知る」
大吉「地元の小倉(こくら)の人に我々も教えてもらうまで、知らんやった」
中田「あっ、そうなんですか〜」

この話を聞くまで、「どきどきうどん」なんていう食べ物があることを私は全く知りませんでした。