笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

くりぃむしちゅー有田の本当にあった怖い話

今年の4月に終了してしまったTBSラジオ「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」。

そのポッドキャスト版で、ゲストに来ていたくりぃむしちゅー有田哲平が、若手の頃に体験したという本当にあった怖い話を語っていました。

先輩芸人ジャドーズから飲みに誘われたくりぃむしちゅー有田

2010年3月4日放送「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」ポッドキャスト(TBSラジオ)

パーソナリティはアンタッチャブル山崎弘也。
ゲストは、くりぃむしちゅー有田哲平、ゆってぃ。

まだ有田さんが若手(海砂利水魚)だった頃、ジャドーズという先輩芸人から飲みの誘いを受けます。

有田「いやさ、昔さ、ジャドーズさんって覚えてる?」
ゆってぃ「あ~、はいはい」
山崎「はいはい」
有田「ショートコントの元祖と言われた人ね
ゆってぃ「はい、分かります、分かります」
有田「デレデレデレデレデン♪つって、ショートコントいっぱいやっていく3人組の、先輩がいるの」
山崎「うんうん」
有田「その先輩の方が連れて……あの~、なんかライブで会ったときに気に入ってくれて、『有田君さ、ちょっと飲みに行こうよ』って誘われて、なんか2丁目連れてかれて、まあオカマちゃんとかがいるようなところだったから、楽しく飲んでたら『ちょっと女の子来るけどいい?』つって」
山崎「うん」
有田「したら、ちょっと綺麗な」
山崎「おぉ」
有田「俺らそんとき20……なんだろな、まあ多分25(歳)とかぐらいじゃない? で、むこうは30(歳)ぐらいのちょっと大人の女性が来たの」
山崎「お~」
有田「そのなんか、イエーイ! みたいなノリの人じゃないくて、どうも……みたいな、しっとりとしたね」
ゆってぃ「はいはい」
有田「で、(心躍る様子で)『おぉ、なに、なに!』みたいな」
(ゆってぃ笑)
山崎「うんうん」

ジャドーズが呼んだ大人の雰囲気漂う女性に、有田さんは心を奪われていきます。

有田「隅に置けないじゃないけど、こんな子と付き合ってたんだぁ、みたいな綺麗な方だと思って」
山崎「ほぉほぉほぉ」
有田「結構ほら、でもほら、俺ら何も知らないわけだから、何気な~く『えっ、何やってるんすか?』とか言ったら、(女性)『えっ? まあ仕事はしてないんですけど……』、『ホントっすか! へぇ~』なんつって、結構なんかイジってたのよ」
山崎「うんうん」
有田「なんかあの~、『こういうとこ来るんですか?』とかさ、段々こうプライベートな話とかになってって」
山崎「掘り下げてね」
有田「でもなんか、ちょっとミステリアスなのよ、あんまりペラペラペラペラ自分のことしゃべんない」
山崎「ほぉ」
有田「で、『マジっすか、いやタイプなんすよね~!』なんつって、俺ももうほら、その頃若手だから」
ゆってぃ「はいはい」
有田「そういうノリでさ、『タイプっすよ、いやもうこんな綺麗な人と会ったこと無くて』、(女性)『ああ、そうですか、嬉しいです』、『うへ~! 脈あるんすか! 俺』」
ゆってぃ「ほぉ」
有田「『あります~?』なんつって、なんか年上だから、一応こう敬語使いながら、なんかこうやってたわけ」
ゆってぃ「グイグイいってたわけですね」

若手の勢いそのままに、あとからやって来た女性に絡んでいく有田さん。

有田「で、別にその、一緒にいたジャドーズのほうも、そんなに『おい! なに人の女に手出してるんだよ』とかは無いわけよ!」
ゆってぃ「はいはい」
有田「だから、これ意外とオープンなんだと、意外とそれも、ちょっと距離がある感じだったのよ」
ゆってぃ「はいはいはい」
山崎「あっ、そのジャドーズさんともね」
有田「(ジャドーズ)『最近アレなの? 仕事もうしてないの?』ってなって、(ジャドーズ)『最近も会ってないよね』なんつって、『えっ? ほんとはアレでしょ~、(関係が)あるんじゃないですか~』、(ジャドーズ)『あるわけ無いだろ!』」
(作家笑)
山崎「ほぉほぉ」
ゆってぃ「そう言いながら、身辺を聞き出そうとしたわけですね」
有田「『ええ~!?』なんつって、『無いんすね! じゃあいいんですね! 僕、いいんすか?』つって」
(作家笑い止まらず)
山崎「本気になっちゃって、みたいな」
有田「女の方、イヤなんて言わないよ、(女性)『ふふっ、もうやめてください』みたいな感じで」
山崎「ふんふんふん」

ジャドーズの彼女でないことを確認して安心する有田さんでしたが、その女性がトイレに行くために席を外します。すると、ジャドーズから衝撃の告白が。

有田「で、その女の子がトイレに(席を)立った、したら、『いやいや綺麗な方っすよね!』なんつって、『いいっすね~』みたいなね、『ぶっちゃけアレでしょ? 付き合ってるんでしょ? 言ってください、言ってください! そうしないとヤバいっすって、ホントこれ』」
ゆってぃ「はいはい」
有田「若手のノリで言ってたの」
山崎「うん」
有田「(ジャドーズ)『いや付き合ってないよ、マジで』つって、『ホントっすか! だ、だ、だ……誰っすか? 誰っすか? じゃあ』」
(作家笑)
有田「『何なんすか、じゃあ付き合ってなかったら来るわけないじゃないですか!』」
山崎「あはははっ」
有田「(ジャドーズ)『違うんだよ、あの人アレなんだよ、ほら、言ってなかったっけ? 南原さんの奥さんだよ』」
(スタジオ爆笑)
有田「(引きつりながら)ほぉ~、ほぉ~」
山崎「こえ~!」
ゆってぃ「こわ~い!」
山崎「これ、本当にあった怖い話だよ」
有田「(女性が)戻ってきてから急に、(紳士っぽく)『あっ、どうも……』って」
(スタジオ爆笑)
有田「『いや、ホント、なんかいい店ですよねぇ』って」
山崎「ははははっ」
ゆってぃ「こわ~い!」

まさかのナンチャンの奥さん。^^;

有田哲平監督作品『特典映像』上巻~矢作兼・岡田圭右・山崎弘也~ [DVD]

有田哲平監督作品『特典映像』上巻~矢作兼・岡田圭右・山崎弘也~ [DVD]

過去に口説こうとしたことを「気分は上々」で南原清隆に報告するくりぃむしちゅー有田

真面目な有田さんは「気分は上々」で共演するようになったときに、その出来事をナンチャンに報告します。

有田「で、その当時、ウンナンさんと仕事をしたか、してないかぐらいなのよ」
ゆってぃ「あ~、はいはい」
山崎「微妙な関係」
有田「ましてや、俺が有田とかって、名前で覚えられてないぐらいの」
山崎「あ~」
有田「だからもう、のちのち、もうほんとに、『上々(気分は上々)』とか出させてもらうようになったときに、打ち明けて、で、もちろん! ホントに直接失礼なことは全く無い、盛り上げでやってるだけで」
山崎「まあまあ」
ゆってぃ「はいはいはい」
有田「全然そのなんか、触ったとか、口説いて電話番号とか、そんなもん無いし、まあ! それはセーフなんだけど……なんか、自分の心がなんかイヤで」
ゆってぃ「あ~、はい、分かります」
山崎「そういうね、先輩の奥さんに、チャラチャラ対応しちゃったみたいな」
有田「チャラチャラ対応した形に」
(作家笑)
ゆってぃ「分かんなくて」
有田「言ったら、(南原)『あ~、全然、全然』とかって、そのジャドーズのケンサクさんという方と仲が良くて、別にお忍びで来てたわけでもなんでもなく」
山崎「飲み仲間みたいな感じ」
有田「うん」
有田「だから全然、(南原)『うん、なんか聞いたよ』みたいな感じで、まあ終わらしてくれたから」
山崎「はあ~、怖いわ~」
ゆってぃ「こわ~い」
有田「ホントにもう、もうキュッ……どころじゃないよ」
山崎「終わりだぐらいの雰囲気ありますよね」
有田「もうそんときは、そうそう」
ゆってぃ「芸人人生」
山崎「これが南原さんに伝わって、『アイツなんだ!』ってなって、もう芸人としてやってけねえんじゃぐらいの」
ゆってぃ「それは怖い、ホントに」
山崎「ふははははっ、やだな~」
ゆってぃ「やですよ~」

ナンチャンの奥さんって、謎が多いって感じなんですよね。

ウンナンがやってたラジオ「ウンナンタイム」でも、ナンチャンはウッチャンの奥さん「徳ちゃん」をイジり倒していましたが、ナンチャンの奥さんのことになると、一般の人ってこともあるのか、ウッチャンがノー興味なのか、ほとんど語られることはありませんでした。それがまさか「シカゴマンゴ」で、しかも有田さんから出てくるとはびっくりです。

ウッチャンナンチャンの本当の意味での同期がジャドーズ

余談ですが、「ウンナンタイム」でウンナンの同期トークになったときに、本当の同期となると、有田さんを飲みに誘ったこの「ジャドーズ」だと発言していました。

正直、私はどんな芸人さんなのかよく知らないのですが、ショートコントとショートコントの間に音や動きを入れる「ブリッジ」という手法を初めてやったのが、ジャドーズだと聞きいたことがあります。情報源は「ナイナイのオールナイトニッポン」。また「ほぼ同期」のような存在としてならば、B21スペシャルや4人組時代のダチョウ倶楽部を挙げていましたね。