読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

後藤真希は持っている

数年前の梅雨、彼女にフラれて塞ぎ込んでいたことがありました。梅雨が明け、熱い太陽が照りつける夏が訪れても、私の心は夏模様・・・とはならず、心の傷をどこか引きずったまま。
そんな私の様子を知ってしまったハロプロ好きで、特に吉澤ひとみさんが好きな友人は、その夏に私をある場所へと誘ってくれました。

お台場で芸能人女子フットサル大会

お台場でした。
お台場に着くと、フジテレビが夏に催す、毎年恒例の「お台場冒険王」というイベントで賑わっています。会場の一角にフットサルコートが設営されてあり、そこに入場していく私と友人。指定された席に座るも、観客席には日除けが全く無い状態。しかも椅子が金属製であったために直射日光に熱せられて、まさにポットプレート状態。

なんでもここで、初めての芸能人女子による公式フットサル大会、その名も「お台場カップ」が行われるらしく、友人のお目当てはもちろん、ハロープロジェクトのメンバーで構成される「ガッタスブリリャンチスHP」。
今日は予選リーグで、翌日に決勝リーグという日程だそうです。他の参加チームには、野田社長が監督を務めるサンズカレッツァ、ペナルティヒデが監督の吉本興業のマラティニーコ、さらには、千野アナをキャプテンとするフジテレビ女子アナのリアリー?マドリード等、なかなか豪華です。
開会式前には観客席はほとんど埋まり、周りを見渡すと、9割を超えるお客さんがガッタスのファンのようです。友人は、ガッタスのレプリカユニフォームをいつの間にか着込んでいて、鮮やかなオレンジ色がまぶしい。
ガッタス応援団の太鼓に合わせて声を張り上げる友人を、私は横目で見て、「なんか場違いなところに来ちゃったな〜」と多少の後悔が押し寄せてきたのも事実。おとなしく席に座っていても、汗が止め処なく溢れてくるほどの猛暑。空高く佇む太陽が、Tシャツ姿の私を焦がし続けています。「しまった・・・日焼け止めと汗拭き用のタオルが必要だった」と、さらなる後悔。コンビニで買ったペットボトルの飲料水2本を足元に置いて、とりあえず水分補給だけは万全の状態で、開会式を待ちました。
程なくして青島アナの実況が入り、観客席はヒートアップ。出場選手がコートになだれ込んで来ると、興奮は最高潮に達します。
ガッタスの一員の中に、後藤真希さんの姿も見えます。友人曰く、本業が忙しくて練習にほとんど参加出来ていないため、主力メンバーでは無い、と。しかし「その場に居ることに意味があるんだ」と滴る汗も気にせず、友人は冷静に語ります。

フットサルコートはガッタスのオレンジ一色

ついに、試合開始。
サンズのグラビアアイドル集団は、自分達の写真集を手にしてコートイン。対戦相手との挨拶のときにそれを渡しています。それぞれが自分たち個性をアピールしつつ、試合が始まると、みんな真剣。ガッタスの試合になると、フットサルコートはホーム状態。吉澤キャプテンの統率力に従って、ミキティがアグレッシブな突進を見せて、是永さんという経験者のサポートを受けながら、ガッタスは上々のすべり出し。
「ん?ちょっと楽しいかもしんない」なんて思いながら試合を見ていると、ガッタスが選手交代。真夏の太陽が容赦なく照らす緑色の四角いコートに、後藤真希さんが入ってきます。客席から揺れんばかりの歓声。
どこにいればいいのか分からない様子の後藤さん。頼りなさそうに前線に立っています。ところが、そうやってゴール前でチャンスを伺っていると、数分もしないうちに彼女の足元になぜかボールが転がってくるではありませんか。目の前のボールを後藤さんが蹴り上げると、キーパーとゴールポストの隙間をすり抜けて、見事なゴール。ごっちんコールで客席全体が歓喜で揺れる中、「彼女は持ってるね〜」と心の中で呟く。私に、アイドルというスター性を強烈に提示してみせた後藤真希さん。
予選リーグの全試合が終了。ガッタスは優勝の可能性を残して、翌日の決勝リーグに望むことに。
フットサルコートを出ると、日はもう落ちかけていて、とても風が気持ちいい。会場から駅へ向かう道中、いまだ興奮冷めやらぬ友人。口調も極めて滑らか。りんかい線の東京テレポート駅に着いたところで、友人とお別れ。ガッタスのレプリカユニフォームのオレンジが、人込みに溶けていきます。
正直、楽しかった。友人の不器用な優しさに胸打たれた。アイドルなんてと冷めた目で、お台場冒険王のゲートをくぐったことを恥じた。顔を上げて家の方向へ歩く。日焼けの痛さが妙に心地いい。その痛みは今でも決して忘れることがありません。

後藤真希というスター性

私なんかが言ったところでという部分もありますが、後藤真希さんは、他の人がどんなに努力しても手に入れることが出来ない「なにか」を確実に持ってる、と。目の前で見たんだから間違いありません。
翌日、決勝リーグも観戦した友人から、ガッタスは優勝したとの報告の電話が入りました。そして、ひと通り試合の様子を聞いた後、「彼女にフラれたばかりの今ならアイドルにはハマるチャンスじゃないかと思って誘ったんだ」と、照れながら話す友人。正直、無いとは言えないぐらい心は揺らいでいました。^^;
ちなみに、予選リーグの「吉本vsガッタス」戦のところが、フジテレビで生中継されました。安倍なつみさんがちょうど生放送の番組をやっていて、おそらくガッタスのゴールシーンを求めての生中継だったのでしょう。が、吉本チームには、ハリセンボンの箕輪はるかさんが守備的なポジションで試合に出ており、お笑い芸人らしく空気を読むことなく、ことごとくガッタスの攻撃を潰していましたね。
強引でしたが、なんとかお笑いで着地することが出来た。^^;