読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

銀座七丁目劇場が無くなった日のロンブー淳

かつてGyaOで配信されてた「ヨシモト∞」で、吉本芸人のフリートークを楽しんでいました。
いろんなフリートークがあった中、東京に「銀座七丁目劇場」、「渋谷公園通り劇場」という劇場があった時代、それら劇場が無くなり「ルミネtheよしもと」が出来るまで彷徨った時代、その時代を生きた吉本芸人の思い出話が、私は好きでした。

で、そのときの話になると出てくるのが、ロンドンブーツ1号2号の田村淳伝説。

ロンブー淳×森川教授の最強の恋愛術

ロンブー淳×森川教授の最強の恋愛術

ひとりずつ泣かしていくロンブー淳

2007年10月10日の「ヨシモト∞」。ダイノジ・じゃぴょんの45分。

ダイノジ(大谷・おおち)とじゃぴょん(植村・桑折)のフリートークの中で、

植村「七丁目劇場が終わった日にみんなで打ち上げやったんだけど、そんときもみんなすげぇ飲んで、あの、淳が飲ますのよ、やっぱり役割的に」
おおち「うん」
植村「いろんな人に飲ましていくのよ、で、みんなベロベロになって、もう泣き始めているやつも居るし、トイレ行っているやつも居るんだけど、桑折だけなぜか許してくれなくて」
桑折「みんな思い出を語って」
おおち「新宿の居酒屋ですよね?」
桑折「そうそうそう、つぼ八とかいっぱい入っているところ」
植村「そうそう」
桑折「で、みんななんか淳くんが思い出とかを語って、それで泣かされちゃうのよ
植村「そうそうそう」
桑折「他の周りのやつが」
植村「ひとりずつ泣かしていくのよ、見事に!」
大谷「ふっふっふっ」
おおち「あれすごかったですよね〜、僕も泣いて、ガレッジの川田も居たんですけど、川ちゃんも泣いて」
桑折「でしょ、みんな泣くんだけど、俺は普段から淳くんに酷い事されてるから、これもうわざと泣かしてるなと思って、俺なんかあんま・・・」
植村「ちょっと冷めてたのよ」
桑折「冷めてた」

いつもロンブー淳にイジられていた、じゃぴょん桑折。
そんな桑折の冷めた表情を見た淳は、横綱が優勝したとき使うような大きな杯にお酒を入れてきて、強制的に飲ませて泣かせようとした。なんでそんなもんがあるんだと思ってたら、淳が用意していたことがのちのち判明。
用意周到さはそれに留まりません。

クイック・ジャパン97

クイック・ジャパン97

  • 作者: ロンドンブーツ1号2号,ピエール瀧,中村珍,大泉洋,春名風花,女王蜂,鈴木おさむ,板尾創路,ももいろクローバー,玉井詩織,向井理,山下達郎,樋口毅宏
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2011/08/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 19回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

なぜかひとりだけ冷静なロンブー淳

おおち「すごかったですね、あれ」
桑折「あれはすごかったね」
おおち「みんな本当ガンガン飲んで、淳さん、ほんで、酒一滴も飲んでないですからね」
桑折「やっぱ飲んでないでしょ?」
おおち「飲んでないです」
桑折「飲んでないのにあの人・・・」
おおち「あれ、淳さん、ずっとみんなに日本酒すすめてたでしょ?」
植村「うん」
おおち「ほんで、淳さんのところにトックリがあるんですけど、で、淳さんはそれで『じゃあ、一緒に飲もうぜ』ってガンガン飲むんですけど、僕みんなが泣いているときに、間違ってお酒が無くなったんで、淳さんのトックリでお酒飲んだんですよ、水なんすよ・・・
植村「すげ〜」
大谷「すげ〜な〜」
おおち「びっくりした!うわっ、こいつ、ずっと(水)だ」
大谷「あの男やっぱり恐ろしい」
(会場笑)
桑折「でしょ〜」
植村「いつ用意したんだって話だよね」
おおち「みんなで一丸となっているときに、どこで用意したんだってね」
植村「完全に店員さんに耳打ちしてるもんね、一本だけ水入れてきてって言ってるもんね」
おおち「だって、みんなおかしなことになってたじゃないですか、冷静な人誰も居なかったのに、淳さんひとりだけ冷静なんですよ」

ロンブー淳さんの伝説はまだまだありそう。
ちなみに劇場のオープンと閉館の年号を調べたら、下の表のようになるみたいです。

年号 東京吉本の劇場
1994年 銀座七丁目劇場 オープン
1995年 渋谷公園通り劇場 オープン
1999年 銀座七丁目劇場、渋谷公園通り劇場 閉館
2001年4月 ルミネtheよしもと オープン

東京の吉本でも劇場が無かった時代がありました。そのとき、ダイノジは路上で漫才やってたりもしたそうです。