読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

IZAMのできちゃった婚に警鐘を鳴らす岡村隆史

最近、ふとナインティナインのことを書いてないと感じたので、今回はナイナイで。
前のスペシャルウィークで昔の放送を聴く企画がありましたが、なんつーか若い、フレッシュ。昔の自分たちにダメ出しをするナイナイの姿を見て、当時の自分と照らしながら聴きました。

で、今回は一言物申さずにはいられない、警鐘を鳴らさずにはいられない「ちっちゃいおっさん」になったときの岡村隆史を振り返ってみたいです。特に、それが顕著になるのが「できちゃった婚」です。
最初に断っておきたいのですが、番組ディレクターの角銅さんとの対立を浮き立たせるために、半分ネタで熱くなっている要素もあると思いますので、半分コントも入っているということでお願いします。^^;

SINGLE BEST SHAZNA & IZAM

SINGLE BEST SHAZNA & IZAM

角銅ディレクターの「いいじゃないですか」発言に熱くなるちっちゃいおっさん

2006年11月9日放送の「ナイナイのANN」。

エンディングトーク。IZAM(イザム)のできちゃった婚について熱くなるちっちゃいおっさん。

岡村「なんや、何がきっかけで、これお付き合いしたんでしょうね〜」
矢部「これなんか共演とか言ってなかったっけ?あ、映画か、イザムさんがその監督で、なんか言ってたね」
岡村「え〜」
矢部「そんな、ひょんなとこから、やっぱ仕事でしょうね」
岡村「うーん・・・、ええー、ねえ」
矢部「ふっふっふっ」
岡村「という意見が多いと思うねんけどな、やっぱりどうしても」
矢部「まあね、うーん」
岡村「なんやろ、ほんまに結婚前提としてお付き合いしてたんだろうか?」
矢部「ひっひゃっひゃっひゃっ、ま、本人言うてはるから」
(ここで角銅Dがインカムから「いいじゃないですか」と軽く発言した模様)
岡村「『いいじゃないですか』じゃないですよ」
矢部「結婚・・・」
岡村「(矢部の発言を遮り)『いいじゃないですか』じゃないでしょう」
矢部「違うがな」
岡村「順番があるでしょう」
矢部「何で角銅さんにあたんねん」
岡村「いや、『いいじゃないですか』とか言うから」
矢部「しょうがない、結果こうなったんや」
岡村「岡村家だったら有り得ないですよ、これ」
矢部「ひゃはっ」
岡村「えらいどやされますよ、こんなの」
矢部「結果、やっぱり・・・」
岡村「『いいじゃないですか』じゃないですよ」
(作家の小西さん爆笑)
矢部「いやでも結婚・・・」
岡村「良くはないですよ」
矢部「けっ・・・」
岡村「(矢部の発言を遮り)だって、昔から順番ってもんがちゃんとありますから」
矢部「まあ、まあね」
岡村「ええ、ええ」
矢部「今やちょっと、ねえ、市民権を得つつありますけども、ねえ」
岡村「世の中のこの流れでね、『いいじゃないですか』って言うてるだけなんですよ」
矢部「まあそや」
岡村「『いいじゃないですか』じゃないですよ」
矢部「(笑いながら)そんなに・・・」
(熱くなる岡村に小西さんの笑い声ももれる)
岡村「そのためにコンドームというのがありますしね〜」
矢部「そんな、目そんなむいて言わんでもいいでしょう」
岡村「できちゃった結婚っていうのが今流れになってますけど、これ間違ってますからね!言うておきますけど」
矢部「間違ってる」
岡村「昔からそうやったんです」
矢部「確かに」

岡村さんは、昔の日本は結婚してから旦那さんの顔を知ることもあったと言います。

矢部「でも今その恋愛、逆にね、ちょっと」
岡村「そりゃもう今、ね、そうなってきてますけど、それを『いいじゃないですか』って言った」
(矢部と小西さん爆笑)
岡村「角銅さんに対して僕は」
矢部「や、角銅さんも・・・」
岡村「良いことはないという」
矢部「そんな深く考えて言うたことちゃうて」
岡村「なんならちょっと恥ずかしいこやと思ってください、できちゃった結婚」
矢部「うふっ」
岡村「できちゃってから結婚しとるんですから、えぇ」
矢部「多いもんね」
岡村「ほんまに、ちょうどね、この時間になって体がぽかぽかしてきましたよ、これ熱出てきたみたい、ちょっと微熱が上がってきたみたい」
矢部「大きい声出すからや」
岡村「『いいじゃないですか』ってことは絶対に無いですからね、みなさん」
矢部「でもまあ、お子さん、赤ちゃん出来たぐらいやから、結婚を前提としてたからやっぱり出来たんでしょう」
岡村「まあまあ、そう・・・なんでしょうけれども」
矢部「あちゃー、じゃ無い訳や」
岡村「もうちょっと待たないと、ウッ・・・、でしょうよ、それは」
矢部「ふふふふっ、それは分からんよ、それは」
岡村「分かんないですけども、まあでも、まあ、結婚されるわけですから」
矢部「めでたいことですよ」
岡村「ええ、ええ、ええ、でもできちゃった結婚だということ、ちょっと恥ずかしいことだとみなさん思ってください」
矢部「作っちゃった結婚って言う人たちもいますよね、先お子さん出来てから結婚する方で」
岡村「そのなんか踏ん切りがつかんでね、タイミングも分からんで、ふわふわしてて」
矢部「狙い撃ち結婚」
岡村「もう・・・、これで子供出来たらもう結婚しようみたいな、そういうことでしょ、でもそれでも違いますから」
矢部「まあまあまあ、順番がね」
岡村「もう二度と『いいじゃないですか』と」
矢部「ふふっ」
(小西さんの笑い声漏れる)
矢部「もういいじゃないですか!あんたこそ」
岡村「(金八先生っぽく)じゃあどうしたらいいんですか!教えてください!」

岡村さんの主張うんぬんではなくて、角銅さんのちょっとした一言にしつこく糾弾するところがとにかく面白かったです。
ここからできちゃった婚に関する互いの考え方の違いで、芸能人のできちゃった婚がある度に2人は争うようになります。

角銅ディレクターを叱咤激励するちっちゃいおっさん

2006年11月16日放送の「ナイナイのANN」。

エンディングトーク。先週のエンディングトークをうけて「芸能界でできちゃった婚が多すぎる、一時の感情に流されて結婚しているように思えます」といった趣旨の質問ハガキを読んで、

岡村「いや、これあの先週も僕あの〜」
矢部「ちらっとね」
岡村「番組の終わりに、角銅Dを叱りつけたんですけども」
矢部「へへっ、一瞬熱くなりましたね」
岡村「できちゃった結婚の話について、話しているときに、インカムから、角銅Dが、かる〜く、『いや、別にいいじゃないですか』」
矢部「へっへっへっへっ」
岡村「っていう、できちゃった結婚を肯定する発言をしたんですね」
矢部「軽くね」
岡村「ええ、良いことはないと」
矢部「うん」
岡村「言うに僕はもう、あれ〜、番組も終わるギリギリまで僕は、角銅Dを叱り・・・、叱咤、叱咤激励、ふふっ」
矢部「はっはっはっ、叱咤激励じゃないね」
岡村「叱咤激励し続けたんですけども、良いことはない〜んですよ、ま、他人様のことやから別にこっちがとやかく言うことではないですけども」
矢部「あの、幸せなことやから」
岡村「うん」
矢部「そのことに関して、ねえ、ごちゃごちゃ言う人はいないんですけどね」
岡村「いや、そうなんですけど、やっぱりこれがこんだけね、蔓延してくると」
矢部「うん・・・」
岡村「やっぱちょっと前までやったら、『や〜あそこの子、順番間違えて』みたいなやったのが」
矢部「うん」
岡村「今そうやって、できちゃった結婚ってのを芸能人がして、それがだんだん普通になってきたことによって、それが当たり前のように、錯覚している、角銅Dみたいなのがいるわけですよ」
矢部「ふっはっはっはっ」
(ここで角銅Dが強引にCMに行く前のジングルを流す)
岡村「おい!」
矢部「(手を叩いて笑いながら)まあでも、ジングル打たれたら負けますよ」
岡村「できちゃった結婚は、間違っているからね」

CMが明けても熱さが止まらないちっちゃいおっさん。

岡村「あの〜、僕がなんでこのできちゃった結婚をこんだけ言うかって言うと」
矢部「(CM明けても普通に続きを語りだす岡村を見て)はっはっはっはっ」
岡村「やっぱり」
矢部「うん」
岡村「あのこんだけ芸能人ができちゃった結婚、できちゃった結婚ってなると、できちゃって結婚するのが当たり前やと思って、何も分からんのに『あ、子供出来たから結婚しようか』って、なんにも分からへんのに、あ、子供出来たから結婚しようってなってしまって、後に別れる奴が増えてくるんですよ」
矢部「なるほど」
岡村「見切り発車で、我慢出来ずに」
矢部「うんうん」
岡村「そういうので、そういうのが蔓延してくると、そうなってくるんですよ、絶対」
矢部「うん・・・」
岡村「そういうのを僕は、防ごうというね・・・、そういう」
矢部「運動を興している?」
岡村「運動家なわけですよ」
(小西さんのツボに入ったようで笑い声もれる)
矢部「ふっはっはっはっ」
岡村「古風と思われるかも分かりませんけども」
矢部「いや、本来、順番は・・・」
岡村「いや、そうなんです〜」
矢部「そうなんですよ、結婚して、お子さんが出来ると」
岡村「『あ、出来てもうたから結婚しよう、できちゃった結婚やけど、えへへ』みたいな奴になったら、絶対にまた後に別れますから」
矢部「う〜ん」
(ちょっと話が脇道にそれるので省略)
岡村「ま、話がどんどんそれましたけど」
矢部「へっへっへっへっ、まあまあ、でもまあ、ね、幸せなことやから」
岡村「ねえ」
矢部「まだまだ一ヵ月半、今年もあるからね」
岡村「そうやな〜」
矢部「なんかまだ出てくるかもしれんよ」
岡村「ほんまやね、ちょっとラストスパートかけましょう」
矢部「おお」
岡村「ここで、年内、年内頑張りましょう」
矢部「うん」
岡村「できちゃった結婚目指して」
矢部「すんのかいな!めちゃくちゃやがな、言うてること」
岡村「うるさい」
矢部「(笑いながら)お前」
岡村「(笑いながら)うっさい」

結局、年内には特に何も起こりませんでした。
が、年が明けての翌年、2007年上半期に岡村隆史を仰天させる芸能人のできちゃった婚が2回もありました。それは次の記事

に書きました。