読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

アメトーークとスクール革命での有吉弘行を堪能

ウッチャンナンチャン 有吉弘行 アメトーク スクール革命

「アメトーーク」の芸人ドラフト会議と、ウッチャンとHey! Say! JUMPの共演番組「スクール革命」を見ました。その両方に有吉さんが出ていて、しかも大活躍していました。

ふわふわトーク こんな感じでどうですか? 第一夜 [DVD]

ふわふわトーク こんな感じでどうですか? 第一夜 [DVD]

芸人ドラフト会議は、「ナンだ!? 最強ドラフト王決定戦」のお笑い版でしたね。

有吉弘行はブラックマヨネーズ小杉を1位指名

2009年4月23放送の「アメトーーク」芸人ドラフト会議。

日曜夜10時に自分の冠番組を作るならという設定で、出演者をドラフト形式で獲っていくもの。
プロ野球とは違い、選択する幅がかなり広いので、カブることがほとんど無いと思っていました。が、1位指名でブラックマヨネーズ小杉さんが重複するという奇跡!いや必然?
有吉さんは「有吉のクソトーーク」という番組のコンセプトで、

←司会近い               司会遠い→
ひな壇上段  次長課長河本 ムーディー勝山 蛍原
ひな壇下段  清水ミチコ おぎやはぎ矢作 蛭子能収 森三中黒沢
アシスタント  堀越のり

といったメンバーを獲得して配置。
ブラマヨ小杉さんを1位指名するも抽選に外れて、おぎやはぎ矢作さんを代わりに指名。あとは希望通りのタレントを獲得。有吉さんには、毒や闇を持っていそうな人たちを集めるというしっかりしたコンセプトがありました。コンセプトでもって全体に縛りを与えれば、指名が重複したり、意外なタレントが選ばれたりして、さらに盛り上がるかもしれませんね。これはきっと2回目ありそう。
そして、録画していた「スクール革命」をそのあとに見たら、「アメトーーク」の芸人ドラフト会議の構成と重なって見えました。

薄毛の品格

薄毛の品格

「スクール革命」のメンバー構成が「アメトーーク」の芸人ドラフト会議と重なる

2009年4月19日放送の「スクール革命」。

司会はウッチャンですが、講師として有吉さんが登場すると、アシスタント的な役割になるので(ひな壇の上が4人だという違いはありますが)、

←司会近い               司会遠い→
ひな壇上段  アンタッチャブル山崎 神戸蘭子 ブラマヨ小杉 ブラマヨ吉田
ひな壇下段  知念侑李 山田涼介 八乙女光 
アシスタント  ウッチャン

ってなります。
前列にアイドルという華のある人たちを置いて、後列に声の大きい芸人という基本的な並び。しかし、八乙女くんは、有吉さんに向かって指を指して「ちょっと!ちょっと!」というリアクションが、ブラマヨよりも早いときがあって、かなりの潜在能力があるか?なんて思ったりしました。^^;
視聴者にも定着しつつあるバラエティ番組の手法「ひな壇」。その配置には何かしら理由があります。そういった理由を考えながら見ていくのも、楽しみ方のひとつかもしれませんね。