読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

出川哲朗が挑む「強風のなか人は傘で飛べるの? in プリンセス・ジュリアナ空港」

録画して溜まりに溜まったお笑い番組を消化する日々です。今回は、その中から印象に残った「世界の果てまでイッテQ!」について。

出川哲朗のロケに必ず女性タレントが同行する理由

2009年1月25日放送の「世界の果てまでイッテQ!」。

出川哲朗とグラビアアイドル堀田ゆい夏さんで挑戦したのが、「強風のなか人は傘で飛べるの? in プリンセス・ジュリアナ空港」。
ロケ地は、カリブ海に浮かぶセントマーチン島にあるプリンセス・ジュリアナ空港。なんと、この空港はビーチのすぐ横にあって、離陸時のジャンボジェット機のジェット噴射がビーチに直撃し、人が吹き飛ばしてしまうんです。その映像を見た出川さんは、「そそられるなぁ~!」と言って、リアクション芸人の血をたぎらせていました。この強風なら傘で飛べるかもしれない、と。

世界の空港 飛行機撮影ガイド (イカロス・ムック)

世界の空港 飛行機撮影ガイド (イカロス・ムック)

ところで、今回もそうだったように、出川さんのロケは毎回女性タレントが同行するんです。で、以前そのことに対して不満をぶつけた宮川大輔さんに、出川さんは得意げにこう答えました。

出川「なぜなら、僕ひとりだと絵が持たないから」

すぐに納得した出演者たち。^^;

出川哲朗のリベンジに燃えるイモトアヤコ

意気揚々とプリンセス・ジュリアナ空港にやってきた出川さん。しかし、実際やってみると全然上手くいきません。失敗するたび「オーマイガー!」を連発。「アイ・アム・ア・バード!」と鼓舞し続けるも最後まで成功することなく、VTRが終わってしまいました。

すると、この挑戦に成功する為に必要な傘の大きさや飛行方法を伝授していた教授が、再びに画面に登場。失敗の原因は、バランス感覚が検証に用いた人形以下で、なおかつ体重が重すぎた出川さんのせいである、と淡々と分析。^^;
で、バランス感覚や反射神経が良くて体重の軽い人なら飛べるかもしれない、と続ける教授。そこで、白羽の矢が立ったのが、この番組のエースに成長したイモトアヤコ。

セーラー服姿で脇にヘルメットを抱えながら、セントマーチン島のビーチを歩くイモト。その後ろからジャンボジェット機が迫ってくる。まるで映画ような予告が流れて、この続きは近日公開ということに。これは絶対見逃すわけにはいきません。

イモトアヤコの前フリになった出川哲朗が吼える

出川哲朗のリベンジに燃えるイモトアヤコという格好いい予告映像で終わるのかと思いきや、スタジオで吼える出川さん。

出川「先生は結局、理屈で、あれは理論で言っているから!ね!問題は現場だから!風は会議室じゃないの!現場で起きているから風は!

そして、踊る大捜査線のテーマ曲がエンディングで流れて、やっと番組が終了。
最後まで爪痕を残す出川さんと、それを最大限活かすイッテQ!スタッフの素晴らしい仕事が見れました。本当にいい番組です。