読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

どんなに売れても高校時代の友人を大切にする岡村隆史

年が明けたのに仕事の忙しさが相変わらずです。それでもラジオはなんとか聞けているので、今回は新年一発目の「ナインティナインのオールナイトニッポン」を紹介させて下さい。

新年一発目の放送は、岡村さんが正月に大阪に帰ったときに、高校時代の友人と過ごした話をするのが恒例となっています。高校時代の素人の友人がバンバン出てくるので、正直ヘビーリスナーじゃないと置いてけぼり状態になります。^^;
で、その中に「鷲尾(ワシオ)さん」という岡村さんととても仲が良く、付き合いが長い友人がいるのですが、今回の放送で「もう友達じゃない!」と吼える岡村さん。

まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本

まわりの人と「うまく付き合えない」と感じたら読む本

高校時代の思い出話で盛り上がることを否定する友人が許せない

2009年1月8日放送の「ナイナイのANN」。

岡村さんが大阪に帰ったときに開かれる新年会。
高校時代の思い出話で盛り上がっているときに、友人の鷲尾さんが「お前ら、いつまでそんなな、昔のことにこだわって集まってんねん」と暴言を吐いてしまったのです。この言葉で、熱くなるちっちゃいおっさん。

矢部「鷲尾さん、昔からアレですよね?」
岡村「いやそれはね、昔許せてん、まだ、そのなんか軽〜い感じ?」
矢部「うん」
岡村「それ以外にもええとこあったから」
矢部「なるほど」
岡村「でもそれがなんかあの〜、なんやろな」
矢部「今は会われへんからね」
岡村「会われへんし・・・」
矢部「仕事してて」
岡村「そんで、その〜『仕事が忙しい』って言うし」
矢部「うん・・・」
岡村「で、『自分は上の立場やし、仕事上』」
矢部「うん、うん」
岡村「だからそのなんちゅうの?自分はこんだけ頑張ってきた、みたいなことを言うわけよ」
矢部「うん、うん」
岡村「そんなん言わんでええねん!誰もそんなん求めてないねん!」
矢部「ははははっ!」
岡村「サブゲの自殺点の話とか、クリノが倒れた話とかやな〜」
矢部「思い出話ね」
岡村「そうそうそう!JRがはじめて監督になったときの話とかやな」
矢部「はははっ、先生が」
岡村「うん、そういうような話だけでええねん、毎年一緒の話やけども」
矢部「うん」
岡村「そんな話でええのにやな〜、なんか俺はこうやって頑張ってきて、今はこんだけの従業員がいて、みたいなことを〜」
矢部「へへへへっ」
岡村「格好つけて言うから、腹立ってくるわけでしょ?みんなが」
矢部「うんうん」
岡村「ええねん、他愛もないことで、全然」

ナインティナインの岡村隆史は、もはや一流の芸能人です。セレブリティです。
ところが、高校時代の友人に会うと、今の立場は関係なく学生時代の関係に戻ることができる岡村さん。芸能人になって売れた途端、今までの友人を切り捨てたり、下に見るような人間が多いと聞きます。でも、岡村さんは違う。私は、なんて素敵な人なんだと感動しました。
確かに今でも続いている学生時代の友人は会った瞬間、学生時代の関係性にすぐ戻れることに気付きました。