読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑いの飛距離

元・お笑い芸人のちょっとヒヒ話

M-1グランプリをきっかけに上戸彩との恋愛を夢見るNON STYLE井上

賞レース ヨシモト∞

2008年「M-1グランプリ」は、NON STYLEが優勝しました。
大会直前、彼らは「ヨシモト∞」で意気込みを語っていたので、今回はこちらを紹介させて下さい。

NON STYLEは、全て白い服で細身の石田明(いしだあきら)と、タンクトップにジャケットを着た井上裕介(いのうえゆうすけ)が結成した漫才コンビです。

NON STYLE LIVE 2009~M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー~ [DVD]

NON STYLE LIVE 2009~M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー~ [DVD]

NON STYLEに賭けていたタクシーの運転手

2008年12月18日の「ヨシモト∞」。NON STYLEの60分。

「M-1グランプリ」本番まであとわずか、ヨシモト∞ホールに登場したNON STYLE。

井上「今日はね、M-1の話でもしとかんとね」
石田「あ、M-1の話?」
井上「大丈夫ですか、あなた?」
石田「何がや?」
井上「緊張」
石田「緊張とかそんなレベルちゃうわ、俺ずっとじんましん出てるよ、お前、プレッシャーで・・・」
井上「でもまだいいやん、俺今日あの〜、ザ・パンチの松尾さん(パンチパーマじゃない方のツッコミ)としゃべったけど、こっち側の立ち位置(右側)はいやがおうでも審査員の方々が見えるから」
(会場「あ〜」と納得の声)
井上「ねぇ、どうしようと思って、バンッとツッコんだときに誰も笑っていなかったら」
石田「まあな、それは怖いわな〜」
井上「うん、俺がもしネタ中に、ハッ!って言うたらその状況や思って」
(会場笑)

ここまでタクシーで来た石田さんが、その車中で起こったことを話し始めます。

石田「今日、タクシーでここまで社員さんが連れてきてくれたんですよ、前仕事あったからね、そんなかでたまたまね、M-1頑張ってよ、みたいなこと言ってくれたんですよ、社員さんがね、『あ〜頑張ります』言って、どこがライバルよ?みたいな話をしていて、『いや〜、そうですね、やっぱりキングコングとかにも負けたくないですし・・・』」
井上「うん」
石田「『やっぱ笑い飯さんとかもすごいですし、でね、ナイツとかの評判もすごいですからね』みたいな話をしてたら、運転手さんが『私、NON STYLEに賭けてます』
(会場笑)
石田「えー!言うて、『なんで知ってるんですか?』、『いや、オンエアバトルで見てましたよ』って」
井上「へ〜」
石田「『あ、そうなんですか〜、ありがとうございます、どのネタが好きなんですか?』言って、『いやね〜、私はね、今テンポ速い漫才も好きなんですがね、イキリネタ好きなんですよ』
井上「がっつり見てるやん」
(会場笑)
石田「『頑張ってください』って」
井上「頑張りましょう」
石田「『みんなナイツとかキングコングとか笑い飯とか言ってますけど、私ね、NON STYLEが勝ったら一人勝ちですから』って」
井上「重たいわ」
(会場笑)
井上「ちょい待て、一人勝ちってことは、誰も賭けてないやんけ」
(会場爆笑)

プレッシャーに強い井上と弱い石田

井上「僕はまあ、もともとこういう緊張とか、プレッシャーとか感じるタイプじゃないから」
石田「そうなんですよね〜」
井上「逆に楽しみで仕方ないけど・・・」
石田「でも意外とこういうときミスるんですよね、井上さん、僕はしょうもない舞台のときめちゃめちゃミスりますけど」
井上「うーん、そうやな、なんかお前の緊張感が尋常じゃないのが不安になる・・・こう小鹿みたいに(体を小さくして震えながら)」
(会場笑)
石田「それ言い訳ちゃう!ミスってんのあんたやで〜!」
(会場笑)
石田「私ミスってませんけど〜」
井上「いやいや、あんだけ出番前にちっさいゲロ吐かれたら〜」
石田「今年吐いてませんけど!去年までですけど!去年はいっぱい吐きましたよ、ちっさい石田を」
(会場爆笑)
石田「今年はちっさい石田と出会ってませんけど〜」
井上「じゃあ、本番も出会わないように」
石田「出会わないですよ、今年は」

まるで漫才。話題は、大会の司会を務める上戸彩さんについて。

今回のM-1グランプリの司会は上戸彩

井上「いや楽しみやわ、俺上戸彩さんに会えるのが楽しみやもん」
(会場笑)
石田「まあな、まあそら〜な、でも一回会ったやん」
井上「いや会うたけど、あれすれ違ったやんか」
石田「すれ違った、すれ違った」
井上「今回しゃべれるやん、インタビューという形式ですが」
石田「はいはいはい、そうですよ」
井上「ね!何があるか分かりませんやん、皆さん?、来週の∞のときには、僕の彼女は上戸彩かもしれませんから」
(会場笑)
井上「これは、分かりませんよ?何があるか分かりませんから?可能性の話ですよ」
石田「(吐く仕草をして)ちっさい石田出ました」
井上「何でや」
(会場笑)
井上「分からへん!可能性の・・・」
石田「無いよ!あるわけないやん!」
井上「いや、そんなもんな・・・」
石田「あるわけないですやん!冷静になってくださいよ、一回親に電話しよか?」
井上「なんでや!」
(会場笑)
井上「ほんなら誰がな、言うたら先輩のアレ、付き合うと思ったんや?」
石田「え!?まあまあ、そらまあ・・・」
井上「アレもM-1からやろ?」
石田「まあそうかもしらんけどな・・・」
井上「そりゃアレだって、誰が!?言うてたわけやんか」
石田「そりゃそうやけど、ただお前、まあな、何並べてんねんっちゅう話や、お前も」
井上「同じ人間やろがい!」
(会場笑)
石田「そんなん言い出したらそうやけど」
井上「そうやろ、分からへんやん、ひょっとしたら上戸彩のめっちゃタイプの顔かもしらんやん?」
(会場笑)
井上「(ハニカミながら)いや、笑うとこちゃうし〜」
(会場爆笑)

そして、敗者復活から勝ち上がってきたオードリーの勢いを抑えての優勝。見事でした。
果たして井上さんは、上戸彩さんを振り向かせることができるのでしょうか?こちらの恋の行方にも注目していきたいです。

M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]

M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]